フィリピンのクラブに気軽に行くことの知られざるリスク


 

 

「今度フィリピン行く時、

クラブに付き合って頂けますか?」

 

 

 

埼玉の鶴ヶ島から初めてフィリピンに来る小宮山さん。

なぜか一番興味があるのはこちらのクラブだと語る(笑)。

 

 

 

 

 

フィリピンのクラブに行くなら知っておきたいのは

 

 

基本的に何においてもいい加減で、ルールがあっても

例外ばかりのフィリピン(笑)。

 

タクシーに乗れば気づくが、フィリピン、特にマニラでは

いちいち交渉が必要だったりメーターを使わないドライバーも。

これはクラブについても同じ。

 

トラブルを避けるためにも、事前に料金や

システムの確認をしっかりと。

 

 

そして、日本人よりも大人びて見えるフィリピンの女性。まだ18歳

未満なのかちゃんとした成人かで、関係を持った後に大きな差に。

 

お間抜けな日本の芸能人が未成年と知らず遊んでしまい、

拘束されて大金をとられた話はこちらでも有名だ。

 

 

これはフィリピンでメイドを雇う時も同じだが、あまりよく知らない

人をホテルやコンドミニアムの部屋に入れる時は要注意。

 

原さんは以前、女性を部屋に招き入れた後で大事にしていた

ロレックスがなくなっていたことに気づいた。こうなってからでは

もう遅い。

 

 

アンヘレスやマビニなどには日本語がそこそこ話せるフィリピン人

もいるが・・・初心者と思われてナメられないためにも現地の言葉、

少なくとも英語は多少話せるようになっておきたい。

 

 

 

フィリピンで、クラブなどのナイトライフ

をいつでも楽しめる。場所を問わない安定

収入を得る方法とは?

 

 

 

 

それでも魅力あるフィリピンのクラブ

 

 

基本的にフィリピンの女性は明るくてノリが良く、こちらに

合わせて楽しませてくれる。年齢差や見た目、立場などで差別せず

盛り上げてくれるところが日本人のクラブとの違い。

 

 

ちなみにフィリピンでは、お金とコネがあれば

何でもできるといわれる。

 

こうした水商売の店でも、支払いさえすればあなたの

思うままにできるのが魅力と、多くのフィリピン愛好家が語る。

 

 

さらに俺達日本人にとっては、親日の人が多く日本人は優しい

というイメージを持たれていて、こちらに好意的な女性が多いのが

嬉しい。

 

フィリピンに多い韓国人や中国人、インド人などに比べて

相対的にマナーが良いことなどが功を奏しているようだ。

 

 

 

マニラの夜遊びの最中にアンヘレスへの行き方を聞いてきたのは、

フィリピンにどっぷりハマる「運が良い」が口癖の南原氏。

 

エルニドへの行き方を教えてあげたら、

「そこでもナイトライフできるか」を聞かれた。

 

さすが、俺と同じく

女性を喜ばせるのが生きるモチベーションの彼(笑)。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道▲CLICK

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

▼CLICK自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ