フィリピンでの生活ってどんな感じ?


 

 

フィリピンでの生活を始めたのは、あの地獄の花粉症から

逃げるように日本を飛び出したあの春だった。

 

 

 

埼玉の和光から下見なしでこちらに移住して住み始めたが、

年数だけでいえば、俺よりもずっと長く住んでいる人は多い。

 

ただし彼らのほとんどは日本企業のフィリピン支社に

駐在しているか、フィリピーナと結婚して現地に移住している。

 

 

一方で俺の場合は、フィリピンとビジネスをきっかけにつながり

独身のまま現地で生活という、ごく珍しいパターンだ(笑)。

 

 

 

 

 

日本人がフィリピンで生活をするなら

 

 

モテ仲間を中心にフィリピンに移住したいという声をよく

耳にするが・・・「こちらでの生活がイメージできない」

これは当然だろう。

 

例えば、日本の田舎では月8万円でも暮らすことができるが

フィリピン場合、マニラやセブなどの都会でもそれ以下の

5万円程度、田舎に行けば当然もっと安く暮らせる。

 

これは当然フィリピン人レベルではなく、日本人が

普通にできる生活として考えた場合(笑)。

 

 

観光ビザを毎月更新しながら現地に住む場合は月7千円程度の

更新料はかかるものの、家賃が日本よりもずっと安かったり

高い税金がかからない分、節約できる金額のほうが当然大きくなる。

 

例えば交通費や食費、水道光熱費、各種サービス業の

人件費なども日本と比べて圧倒的にローコスト。

 

 

ちなみに夫婦でマニラに移住してきたヒロコさんは、月10万円で

24時間ガードマンとジム、プールやビリヤード台のついた

コンドミニアムに十分余裕で暮らせている。

 

月12万円ほど出せば、住み込みのメイドや

専属ドライバーをつけた生活も可能だ。

 

 

当然ながらフィリピンで生活するなら、初めのうちは特に

外国人の多い治安の良い地域を選ぶこと。例えばマニラなら

マカティやグローバルシティ、セブならセブシティやマクタン辺り。

 

セキュリティの高いコンドミニアムは必須だし、

もし一戸建てならビレッジの中を選ぶこと。

 

 

 

身近な南国フィリピンで生活。仕事と

お金の不安を具体的に解消するには?

 

 

 

 

現地のフィリピン人の生活

 

 

現地の人々の生活は、ご存じの通り7割以上が貧困層の

この国では基本的に質素。

 

良い大学を卒業したフィリピン人でも販売やコールセンターの

スタッフしかできなかったり、ビジネス街のマカティに勤めている

人ですら月4万円でも給料は良いほう。

 

そのお金で、5,6人の家族を

養っているなんていうのはザラだったりする。

 

 

基本的に一人1部屋というような日本の

プライベートな感覚はなく、雑魚寝が基本。

 

俺が遊びに行ったセシリアのところはスコーターと呼ばれる

バラックのような家で、ゴキブリとネズミが同居、ぼっとん便所が

不通に使われていた(笑)。

 

一方で、お金持ちは大学生の息子に車を買ってあげたりしているし、

グリーンベルトなどの日本と変わらないような価格帯のショッピング

モールで普通に食事をしたり買い物している。

 

 

貧困層と富裕層どちらにも共通しているのは、基本的に彼らは

助け合って生きているという事実。まさに戦後の日本の感覚だろう。

 

それでも、あくまでも外国人である日本人が現地に住んで

こうした輪にすんなり入れるわけではないので、現地人との

付き合い方には気をつけたい。

 

 

 

俺と同じくフィリピンに移住した、スウェーデン人が奥さんの

松平さん。こちらでの生活を通して人生逆転の方法、感謝されない

時の心の持ち方、恋愛における尊敬成功者の考え方をバシッと

学ぶ彼の姿勢には頭が下がる。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは3件です

  1. ホンケン より:

    フィリピン生活って、暑そうけど楽しそう。汗とは無縁にはなれんかな@@

    仮に勉強をがんばっても、
    良い学歴 = 良い仕事 = 人生の成幸
    ではないのが世知辛い今の日本。
    精神的にきつくても、まだ仕事があるだけマシという
    人もいるが、
    あなたの好き嫌いや努力とは関係なく
    仕事が奪われたり、
    強制的に働き方が変わる
    ある意味残酷な未来。
    AIが人間の職場を席巻する?
    かといって、
    今の日本で
    起業する方向性を間違えると、
    それこそ地獄を見ることになる。
    自分のビジネスの憧れで多いのは、
    お店屋さんを持つこと。
    もしまだなら、
    この記事は読んでおいてほしい。
    もしどうしても
    飲食であなたが勝負したいなら・・・
    まずリスクなしで
    ストレスなく続けていけるスモールビジネスで
    時間の自由と安定収入を得てから、
    フィリピンに移住してお店を始めるのはどうだろう?
    叶えたい夢の優先順位は変えず、
    「手段」の優先順位は柔軟に変える。

  2. せるりあん より:

    海外で暮らすとして、一番気になるのは、やっぱり現地の人との付き合い方ですね。
    いくら月数万円で暮らせるとしても、友達もいない、現地の人との交流もないでは
    寂しいですからね。

  3. テラ より:

    日本と比べるとかなり安価で生活出来るのがフィリピンでの生活の魅力の一つですね。興味あるけど、現地での収入を得る方法が難しそうなので、なかなかその先に踏み出せないです。それにしても一人部屋がなくて雑魚寝が基本とは。知らないことがたくさんあって毎回驚かされます。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ