フィリピン在住者がダバオの夜遊びを語る。観光で女遊びするためのマップも紹介


 

マニラ、セブにつぐフィリピン第3の都市ダパオ

 

フィリピン南部のミンダナオ島に位置し、治安の良さや美しい自然などから

観光客にも人気

 

 

そして他の都市同様夜遊びのムフフも…?

 

フィリピン在住者のダパオナイト事情をまとめた。

 

 

フィリピンのダバオで夜遊びするなら?風俗(KTV、立ちんぼ)について

 

ダパオの夜遊び情報はそれほど充実していないのが現状。

 

フィリピン版キャバクラであるKTVはそれなりに数があるが

BF(Bar Fine=店外への連れ出し)はできない店が多い。

 

 

またビキニバー的なお店(ストリップ)も数件程度で、観光客向けというより

寧ろ地元民のためにあるような感じ。かと言って決して値段が安いわけではなく、

BFが4,000ペソ(約8000円)、ドリンクも1杯300ペソ(約600円)と

相場観的にもフィリピンで遊ぶには決して安い値段ではないのが現状。

 

(外国人向けに料金設定が異なる模様)

 

 

それ以外にもセクシーマッサージを提供してくれるカラオケバーもあるが、

在籍している女性も30~40代近くであり、あまりそそられないかも。

 

 

立ちんぼは相場的には1プレイ500ペソ(約1,000円)くらい。

 

仲介のババアがいる場合は吹っ掛けてくる可能性もあるが、

たいていは500ペソで交渉成立。

 

 

ダパオの夜遊び上級者になるとタクシー運転手が置屋をはしごしてくれると

いうので、チャレンジしてみてはどうか。

 

 

強権で知られる現在のドゥテルテ大統領が市長を務めた町だけあって、

比較的治安が安定している

 

 

夜遊び初心者には安心だが、ヘビーユーザーにはいささか物足りないか。

 

 

フィリピンのダバオを観光するなら夜遊びも。女遊び用のマップ

 

マニラでもセブ島でもなくせっかくダパオまで来たのだから、

当然昼間の観光も充実させたい

 

 

おすすめ観光スポットはダパオから船で一時間のタリクッド島にある

イスラレータービーチリゾート」。

 

飲食店も充実しており、シュノーケリングではジュゴンに会える可能性も。

 

日中のんびりとビーチで過ごしたら、複合レジャー施設である

ジャックスリッジ」へ。

 

幻想的なダパオの夜景や生演奏を聴きながらディナータイムが過ごせる。

 

そしてダパオ夜遊び女遊びへと移れば充実のツアーが過ごせるのではないか。

 

 

ダパオではサンペドロ教会付近がダウンタウン(繁華街)になっている。

 

サンペドロ教会付近から北西に進むと「デイライトInn」という安ホテルがあり、

その隣あたりが立ちんぼゾーンになっている。

 

立ちんぼゾーンに踏み入る際は無論病気に気を付けること、それから注意点として

クレジットカードやキャッシュカードを持ち歩かないこと、女性の年齢に

気を付けること。

 

 

女性とグルになったニセ警官から行為を終えたあとに拳銃を突き付けられカードを

没収される危険性もないわけではない。

 

 

いずれにせよ夜遊びはそれなりにリスクのある行動。最後は自己責任にて

 

 

ダパオの夜遊びマップこちら

 

 

まとめ

 

ダパオの夜遊びについてはそれほど情報があふれているわけではないが、

それなりのラインナップを比較的安心して経験できるという意味では

初心者向けかも。

 

 

ただ、マニラやセブの夜遊びとの比較などもダパオの夜遊びのスパイスに

なりそうなので、上級者であればもっと楽しめるのかもしれない。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ