フィリピンの健康保険はどんな制度?暮らしと社会保障を知る


 

フィリピンの健康保険が、

日本ほど充実していないのは想像できるはず。

 

だが、具体的にどのような制度になっているかご存じだろうか?

 

フィリピンでは衛生状態が良いとは言えないため、

食中毒や胃腸炎も発生しやすい。

 

また毎年デング熱が流行しているため、

病院へかかる可能性もあると考えていた方が良い。

 

 

フィリピンで病院にかかるとどうなるのか?

健康保険に加入する必要はあるのか?

 

詳しくご紹介していこう。

 

 

フィリピンの健康保険は加入すべきなのか、それともしない方が得なのか?

 

 

まずフィリピンの健康保険には加入した方が良いのだろうか。

 

例えばフィリピンでデング熱にかかり、

入院となると10万円ほどのお金がかかってしまう。

 

保険に入っていれば種類にもよるが、

何割かはカバーできるのである。

 

 

自分は健康には自信があるから大丈夫!と

タカをくくっている方もいるだろうが、

 

デング熱などの感染症には、

いつ誰がかかってもおかしくはないし、

もしかしたら水害などの被害に見舞われることもあるかもしれない。

 

 

健康保険に入らなければお金が浮くと思っているのだろうが、

逆に大打撃を受けてしまう可能性もあるので、

自分なら間違いなく保険に加入する。

 

この記事を読んでいる皆様にも安心のために

健康保険には加入しておくことをおすすすめする。

 

 

フィリピンの病院のシステムはどうなってる?日本との違いは?

 

 

フィリピンの病院のシステムはどのようになっているのだろうか。

 

まず、フィリピンの医療水準は

都市部と地方の差が大きくなっている。

 

 

首都圏では最先端の医療を受けることもできるのだが、

 

地方では衛生状態の悪い老朽化した病院で、

技術力も低いところが多く、

安心して医療を受けられるような環境ではないのである。

 

 

都市部の大きな病院では、

「オープン病院システム」という形態を取っている。

 

このシステムは病院内の一室を借りて、

個人の医師が独立開業をするというものである。

 

病院内にいくつもの個人病院があるようなもので、

院内の入院部屋や検査室を共有で使用するのである。

 

 

また支払い方法も独特である。

 

医師や検査室ごとに別々に会計場所がありのは、

日本のシステムとの大きな違いである。

 

医師への診察費用はそれぞれの医師へ支払い、

検査費用もまたそれぞれの会計場所で支払う必要がある。

 

 

そもそも受付をする際に

支払い能力があるのかどうかを確認されており、

検査を受ける前にも事前に費用を支払わなければならない。

 

入院の際にも入院前に

保証金を数万円支払う必要があることを頭に入れておこう。

 

 

 

正直まっとうなビジネスで

年商1億円稼ぎたいあなたへ。

 

マーケティングスキルをマスターし、

悩める人を一人でも多く救いませんか?

 

 

 

 

 

フィリピンでの暮らしを望むなら 医療事情を把握しておくべき

 

 

フィリピンで暮らしていくのであれば、

現地の医療事情を把握しておく必要があるだろう。

 

フィリピンの医療と聞くと、

なんとなく不安を感じる方もいるかもしれない。

 

 

フィリピンでは地域による医療格差が多いため、

確かに衛生面などでも不安のある病院も実在する。

 

しかしながら、

マニラなどの都市部では日本の大学病院レベルの設備を備えた

立派な病院もあるので、安心してほしい。

 

 

ただし日本とはもちろん考え方が違ったり、

信用できる先生とも限らないため、

気になることがあればすぐ確認をするようにしよう。

 

 

また日本人がスムーズに医療機関を受診できるようにサポートしてくれる

「ジャパニーズヘルプデスク」という民間の会社がある。

 

サービスは有料となることが多いが、

診察予約や診察時の通訳などをしてくれるので、

大変心強い存在である。

 

現地に不慣れな方にはぜひ活用していただきたい。

 

 

 

まとめ

 

ここまでフィリピンの医療や健康保険について説明してきたが、

いかがだっただろうか。

 

これからフィリピンへ旅行する方、短期・長期滞在予定のあるあなたは、

ぜひ知っておいてほしい内容だ。

 

 

フィリピン移住当初は高をくくっていたが、

マザコンだけに母ちゃんを心配させたくないので(笑)

ちゃんとした保険に入ることにした。

 

 

フィリピンでは地域格差はあるものの、

きちんとした医療を受けることも出来るし、

 

健康保険に加入していれば

突然の病気や事故などに怯える必要もないのだ。

 

 

これからフィリピンへ渡航される方は、

ぜひ健康保険への加入を前向きに検討していただきたい。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道▲CLICK

移住と一人起業の専門家:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

▼CLICK自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ