日本で働くフィリピン人の給料って?平均月収…雇用の待遇を聞いてみた結果


 

日本で働くフィリピン人の給料が

最低賃金以下と知って、悲しくなった。

 

深夜のコンビニ用総菜工場。

フィリピン人やブラジル人など、多くの外国人が

黙々と働いている。

 

 

現地在住者によるフィリピン人の情報、

フィリピンに住んでも尽きない安定収入を得る手段。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

メールアドレス >

 

 

日本で働くフィリピン人の給料は、やはり高いとは思えないが・・・

大体どの程度かご存じだろうか?

 

 

地域によっては暮らしている街中で、

働くフィリピン人をよく見かけるという人も多いだろう。

 

日本での賃金はどの程度あるのか、

なぜ日本に来て働いているのかなど様々な疑問がわいてくる。

 

 

今回、実際に日本で働く知人に話を聞く機会があり、

驚く話を色々と聞くことが出来た。

 

早速ご紹介していこう。

 

 

 

日本で働くフィリピン人が増加中、気になる彼らの給料とは?平均月収と雇用の待遇

 

日本で働くフィリピン人は年々増えているようだが、

実際の給料はどの程度なのだろうか。

 

 

自分が話を聞くことが出来たフィリピン人は、

工場勤務で働いている男性だ。

 

日本では外国人技能実習制度という制度があり、

発展途上国へ知識や技術を提供するという名目で

海外労働者を雇うことが出来る。

 

彼はその制度を利用し、

3年間の期間限定で日本に出稼ぎに来ていたのである。

 

 

様々な審査を通り、

働くための実習を受けてようやく日本で働くということが実現したわけだが、

その時給はこの地域での最低賃金であった。

 

詳しく話を聞くと、

どうやら彼の仲間の外国人労働者も

皆同じような待遇であるとのことだった。

 

 

彼らを雇う日本企業側からすれば、

こういう思考になるのだろう。

 

人材が足りないので募集をかけたい。

 

しかし最低賃金では高校生のアルバイトですら、

なかなか集めることが出来ないが、

高い賃金を出す余裕もない・・・。

 

 

そこで思いつくのが、

外国人技能実習生を雇うということだ。

 

彼らを雇うことで人件費を安く抑えることが出来るので、

日本企業にとっても万々歳なのである。

 

 

日本で働きたいフィリピン人もたくさん存在しているため、

現在日本で働くフィリピン人が年々増加傾向となっているのだ。

 

 

 

日本で働く外国人は給料や待遇に満足しているのか?

 

では日本で働く外国人は、

その最低賃金の給料で満足しているのだろうか。

 

 

わざわざ日本まで働きに来て、

最低賃金で単純労働をする。

 

日本での生活費もかかるだろうし、

渡航費など諸費用も発生している。

 

 

その給料で出稼ぎに来る意味があるのか?!と

つい思ってしまったものだが、

彼はその給料に満足しているようであった。

 

月給にすると月14万円程度の給料なので、

日本人からするととても薄給のように感じてしまうが、

フィリピンの平均月収は月に5万円ほど。

 

最低賃金であったとしても

フィリピンへ送金するとなかなか良い金額になるのである。

 

 

ただし、日本に働きに来ている外国人労働者が

皆最低賃金で雇われているかというとそうでもない。

 

自分が話を聞いた彼らはそうであったが、

僅かなチャンスを掴むことが出来た人たちもいる。

 

 

来日できる職種の中で手堅く稼いでいるのは

やはり看護師になるだろう。

 

簡単なことではないが、

看護師であれば月20万円を稼ぐことも可能である。

 

 

まずは看護助手として仕事を始め、

実務をこなしつつ、

資格を取得するというパターンもあるという。

 

 

ただし、かなり高いレベルの日本語を使えることが求められる上に、

大変な責任のある仕事であるため、

なかなか挑戦する人自体が少ないようである。

 

近年では人材不足とされている介護士の受け入れも始まっているが、

こちらは重労働・低賃金ということで

あまり人材は集まっていないようだ。

 

 

介護士になるにも国家資格が必要であるため、

日本語の堪能な人材は

もっと割の良い職種を求めてしまうようである。

 

 

 

まとめ

 

ここまで日本で働くフィリピン人の

給与についてご紹介してきた。

 

外国人労働者=低賃金というイメージはあったが、

実際の話を聞くとなかなかハードなものであった。

 

 

そして彼らには祖国に残してきた大切な家族がいる。

 

家族のために1人海外へ行き、

一生懸命働いているのだ。

 

 

しかし、同じシイタケ嫌いのシェルナンを始め(笑)

彼らの顔には決して悲壮感などはなかった。

 

家族のために働くことが彼にとっての幸せなのである。

 

話を聞いて発展途上国の実情に心が痛くもなったが、

それ以上に家族のために笑顔で頑張る彼の姿に、

自分も励まされる思いであった。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは8件です

  1. とむ より:

    日本に出稼ぎに来ているフィリピンの方で看護師さんはなかなか見かけないですが、意外と多いのでしょうか。

  2. るまんど より:

    いい加減な外国人労働者もいるけど、
    まじめに頑張って働いている外国人労働者を見ると励まされますね。
    家族のために外国に働きに行くなんて、私からみたらスゴイことです。

  3. あい より:

    フィリピンとの賃金は3倍近く差があるんですね。
    そりゃ出稼ぎもしたくなりますね、、
    手に職は世界共通、って事ですね。

  4. まや より:

    昔に比べたらフィリピンの方は日本では目立たなくなった気がします。
    でも派手な仕事場ではなく工場などには多そうですね。

  5. あん より:

    14万の安月給でもフィリピンの方からしたら大金!でも日本に住む以上家賃や生活費はかかりますよね?大丈夫なのでしょうか?

  6. パッタイ より:

    フィリピンの看護師や技能実習生はほとんどみかけません。
    フィリピンできちんと看護師の資格をとっても
    日本では介護の仕事しか与えられないのは残念ですね。

  7. とも より:

    なるほど、その制度に助けられてると思いきや上手く利用もされているというわけですか。
    WIN-WINならいいのですが、第三者から見ると複雑な思いですね。

  8. なっちゃん より:

    実習生とは名ばかりで、いいようにこき使われてる感じはありますね。
    それでも数年がんばれば、フィリピンでよい生活ができるのならいいのかな。
    でも貯金をする習慣がない国民性、マッチポンプ式に使ってしまっていては意味無いような?

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ