現地在住者が語るミンダナオ旅行


 

 

初めてミンダナオ旅行に出かけたのは・・・

 

埼玉の和光からマニラに移住して

実はだいぶ経った後だった。

 

 

 

 

 

ミンダナオ旅行の魅力

 

 

ミンダナオを旅行していて思うのは、現地で出会う人達が

マニラやセブシティの人と比べてとても親切であるということ。

 

タクシーでもきちんとお釣りを返してくれたりするし、

挨拶も笑顔の人が多い。

 

何よりここには、フィリピンの中でも特に親日の人が多い。

戦時中は大変なことがあったにも関わらず・・・日本人としては

ありがたい限り。

 

ミンダナオには日本語を話す人も少なくないので、

コミュニケーションが苦手なあなたも安心して旅行できる場所。

 

 

そして街がフィリピンの中では綺麗なことにも気づく。

やはり、あの厳しい大統領の出身地だけある。

 

治安という面でもミンダナオのダバオは、女性旅行者でも

安心して夜出歩ける数少ない場所。

 

 

観光地という点では、登山で有名なアポ山、そして

サマール島のような美しいビーチもあり、山と川、

海を同時に楽しめる。

 

一方でダバオは、フィリピン第3の都市でもある。

 

 

 

セブやミンダナオ旅行を楽しんでいる間も、

収入が旅費を上回っている理由とは?

 

 

 

 

ミンダナオ旅行するなら知っておきたいこと

 

 

先日カガヤンデオロが台風の被害にあったが、

場所によってはやはり自然災害の影響を受けることに注意。

 

地震についてもミンダナオ島の南のほうに震源があり、フィリピンの

かなりの地震がここで発生している。海岸沿いにいる場合は、

津波にも注意しておきたい。

 

 

そしてミンダナオのマラウィが丸ごと壊滅してしまったように、

イスラム教徒が多い場所ということで他国のテロリストに狙われるミンダナオ。

 

当然外国人の誘拐という懸念は常にあるし、現地のモロ民族解放戦線と

政府との戦いは数十年にも渡り、やはり時期によって政情や治安がかなり

不安定になる。

 

たびレジに登録するのを忘れないようにし、

現地の最新情報は渡航前に必ず入れておきたい。

 

 

ちなみに、男性にとってはフィリピンに来る大きな

楽しみの一つであるナイトライフ(笑)。

 

これが好きなあなたの場合、ミンダナオは

フィリピンの他の場所に比べて規制がある。

 

高橋さんのように物足りないと吠える人もいるので(笑)、

情報を入れて場所を選んでおこう。

 

 

 

ミンダナオ出身のフィリピン女性との付き合い方

やたら詳しいのは、旅行研究家で俺と同様にかつて

モテない男の特徴が満載だった篠田くん。

 

今は脱サラで成功した彼は、

宿命と運命の違いをはっきりと理解している。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道▲CLICK

移住と一人起業の専門家:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

▼CLICK自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ