現地在住者がボラカイ旅行を語る


 

 

ヴァネッサとのボラカイ旅行の中で

最もテンションが上がったのは・・・

 

 

やはり、あの白い砂浜が

視界いっぱいに飛び込んできた時。

 

 

 

 

 

ボラカイ旅行の魅力とは

 

 

特に俺が今住んでいるセブとの違いでボラカイ旅行に

魅力を感じるのは、島自体が小さいのであちこちに

綺麗なビーチがあるということ。

 

 

そして、パラワンのエルニドに次ぐ

言わずと知れた「世界ナンバー2ビーチリゾート」というポジション。

 

ボラカイのホワイトサンドの美しさと海の水の綺麗さは、

どの旅行者も目を見張る。

 

 

一方で、高級な観光地かと思いきや・・・海岸から道を一本入れば、

バックパッカーでも泊まれるような安い宿がたくさんある。

 

やはりここは、物価と人件費の安いフィリピンだ。

 

 

ちなみに日本からボラカイヘは、マニラやセブまで直行便、

そこで国内線に乗り換えてカティクラン空港かカリボ空港に飛ぶ。

旅行日程に余裕のないあなたは、現地に最も近いカティクランを選ぶといい。

 

 

 

ボラカイ旅行を楽しんでいる間も、

収入が旅費を上回る。その具体的な方法とは?

 

 

 

 

ボラカイを旅行するなら知っておきたいこと

 

 

ボラカイで最近耳にするのが、外国人観光客が多いということで

アクティビティなどに絡めて旅行者からぼったくろうとする輩がいること。

 

また、フィリピン政府が治安維持に力を入れる5パーセントの

場所に入るとしても、やはり置き引きやスリといった軽犯罪は

ここでも起きる。ナイトライフを楽しむ際は十分気をつけよう。

 

 

特に、フィリピンでは韓国人が最も多い外国人として有名だが

ここにも彼らはたくさんいる。韓国人はお酒を飲んで調子に乗る

傾向があるので(笑)、彼らとトラブルを起こさないように。

 

俺もセブのマクタンでiPadとスマホを盗まれて

人の多い場所はこりごりだが(笑)、海外ではどこに行くにしても

常に適度な緊張感が必要になる。

 

そういえば、その盗人の2人組も目つきが悪く

太った韓国人だった(笑)。

 

 

そして、時期を間違えるとせっかくの南国ビーチリゾートでも

混雑に悩まされることに。

 

特に5月1日のフィリピンの祝日、労働の日はローカルの人達も

家族でボラカイに繰り出し、毎年混雑するので避けるのをおすすめする。

 

 

 

ボラカイとマニラが好きな日本人移住仲間マルオだが、グローバル化の影響を懸念して

完璧主義を治すことに努力を継続中。旅行ガイドの仕事ができるようになりたいという

俺と同じガチャピン好きの彼だが、完璧主義を治すことは本当にできるのか(笑)。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ