フィリピン女性の夜の生活について 情熱的な感情表現とは?


 

とかく明るいフィリピン女性だけに、

経験がなければ「夜」の生活がイメージできない。

 

 

日本女性とどう違うのか?

現地在住者が、その差について語ってみよう。

 

 

フィリピン女性は夜も積極的?日本人女性にないその魅力とは?

 

 

フィリピン女性はとにかく陽気で、

一緒にいるとこっちまで楽しい気分になる。

 

また、日本人独特の相手の年齢を気にしない人が多く、

そのポジティブな思考は、

ネガティブに考えがちな日本人にはとても魅力的に見える。

 

家の中では家事を仕切り、

外では一歩下がってパートナーを立てる

昔で言う大和撫子タイプが多いとも言われている。

 

 

これらが起因しているのか、白人男性の間ではアジアで一番人気なのは

日本人、韓国人、ベトナム人などを抑えてフィリピン人ようだ。

 

日本人や韓国人は都会的な振る舞いやメイクで人気が高いが、

太陽の下での自然で健康的な容姿には負ける。

 

 

夜の生活については、

とても開放的でオープンな性格も相まって、

お互い楽しもうというマインドがある。

 

オープン過ぎて部屋の中のみならず、

外でもボディタッチを頻繁に行うので、

シャイな男性は注意しておこう

 

 

フィリピン人女性はプライドが高いので、

女性から誘う事はまず無いと思ってていい。

 

男性側が優しくリードしてあげると良いだろう。

 

 

また、フィリピン人女性は

とても人懐っこくて甘え上手が多い。

 

甘えられた時は、

とことん甘やかすととても喜ぶので、

積極的に甘やかそう。

 

 

フィリピン女性の性についての常識は?その感覚、許容範囲?

 

 

フィリピン人女性は、

男性に献身的に尽くすのが特徴でもある。

 

どうしたら相手の男性が喜んでくれるか。という事を考えているので、

夜の生活は奉仕するものだというマインドがあるようだ。

 

男性が喜びそうな、

テクニックや体位、表情などを研究して実行している。

 

 

行為の許容範囲は人それぞれだろうが、

私がフィリピン女性から聞き取った限りではあるが、

 

口でする行為はプライドが許さないと言う女性が多かったため

強要はしないように。

 

 

また、否定の言葉を嫌う傾向があり、

まず無いとは思うが他の女性と比較したり強い言葉を使ったりすると、

たちまち機嫌が悪くなり行為の途中でも帰ってしまう事があるようだ。

 

 

フィリピン人女性はお金がかかる?国民性ともいえる金銭感覚は?

 

 

日本で国際結婚したフィリピン人女性が

お金を巻き上げて離婚した。

 

そんなニュースや新聞記事を見聞きして、

フィリピン人のイメージは、

お金が好きだと言う人もいるだろう。

 

 

但し、これは一部のフィリピン人女性の事だ。

 

日本人でも人によって、

暗かったり底抜けに明るかったりするので、

決めつけないようにしよう。

 

 

では、フィリピン人女性の金銭感覚はと言うと、

基本的にフィリピン人女性は働き者で、

倹約化が多い。

 

但し、見栄っ張りなので、

友人が良いレストランで食事をしたら、

私はもっと良いレストラン!といった見栄の張り方をする。

 

 

また、気前の良い人がモテる国民性があるので、

お金に執着する印象があると思う。

 

家族を大事にするフィリピン人女性は、

仕送りなど家族に奉仕することを喜びとしているので、
男性からもらった物をそのまま家族に渡す。

 

そんな事もあるだろう。

 

 

 

間違った順序で起業し

失敗したくないあなたへ。

 

タスク管理と時間管理を再構築し、

効果的に成果に結びつけませんか?

 

 

 

 

ちなみに、フィリピン女性の夜を垣間見たかったら

直行便で来れるセブでマッサージに行ってみよう。

 

というのも、ここではフィリピン女性と触れ合える

セクシーマッサージ(ハプニングマッサージ)が

そこら中にあるからだ。

 

 

ビーチリゾート、また語学留学で人気のセブ。

 

そしてセブに限らず、どこに行っても日本では考えられないほど

安くマッサージが楽しめるのは、人件費の低いフィリピンの魅力。

 

 

俺がセブ移住前によく行っていた、地元の朝霞。

あの安いマッサージ店でも、全身一時間2,800円だった。

 

だからヨガタイアンドマッサージで99ペソ(約210円)だったのは、

プロモとは言え信じられなかった。

 

 

セブのあちこちにあるマッサージチェーン店のヌアッタイは

店舗やセラピストにかなり当たり外れがあって微妙だが・・・

 

ミンタイスパインペリアルスパ

やはり定番なので、初めての日本人にもおすすめできる。

 

 

フィリピン女性を知るために。セブでマッサージするなら?

 

セブでまずおすすめしたいのは、クラブウルティマの中にある

プラナというマッサージ店。

 

いくらセブの安い人件費と言えども、

満足できないマッサージを受ければガッカリするだけ。

 

経験上、セブのマッサージ店の中でも

ここで外すことはない。

 

全身で一時間約1,800円と

フィリピンにしてはいい値段だが、

それでも朝霞より安い(笑)。

 

ちなみに、これの系列店がマクタン島にあるが

やはり観光客価格になるので高くなる。

 

 

そしてとにかくコストパフォーマンスの良いマッサージ、

低料金で上手なサービスを受けたいというなら

韓国人がやっているITパーク近くのツリーシェイドスパがベスト。

 

質が良い割に一時間1,000円以内で楽しめることもあって、

かなり混雑するのが難点だが。

 

 

もともと日本のマッサージよりも安いと割り切り、

値段を気にしないでサービスを重視するならスパアットセブ

 

ここが最もおすすめと話していたのは、

サービスの質にこだわる高橋さんだった(笑)。

 

特に本店のマリアルイーサを推したい。

 

全身一時間で3,000円程度とフィリピンにしては

だいぶ高いが、その分サービスに文句はない。

 

 

マッサージ以外のセブの魅力

 

俺の大好きなマンゴーを始め南国のフルーツや日本人の

味覚にも合う現地の料理、美しいビーチリゾートで過ごす

のんびりした時間。

 

アイランドホッピングのようなアクティビティや

スキューバダイビング。

 

日本から近く、日本との価格差で

物価・人件費の安さを享受できるのも魅力。

 

 

マニラなど首都圏よりもさらにフレンドリーで、

ホスピタリティあるセブの人達。フィリピンの中で特に

英語が通じやすいのもいい。

 

気候的にも台風の影響を受けず、一年通してリゾートを楽しめる。

モールやレストランも充実していて、買い物や美味しい食事を満喫する

日本人も多い。

 

 

さらには、セブシティの南からボホール島に移れば

世界遺産のチョコレートヒルズ、メガネザルのターシャ。

 

モテ仲間と日本人村をつくっているパングラオアイランドなど、

様々な場所にアクセスしやすいセブ。

 

もし遊びに来るなら、メールで是非ご一報を。

 

 

 

 

「どうセブで時間を過ごしたらいいですかね~?」

 

 

あまり具体的な予定もなくフィリピン渡航を計画している、

モテ仲間の和寿さん。

 

期待ギャップがあってもいけないので(笑)

現地の様子をサラッと伝えておいた。

 

 

セブにまつわる時間

 

まず成田からセブまでは4時間半程度。関空からセブなど

より南から向かえば、当然フライト時間は短くなる。

 

そしてセブと日本との時差は1時間と、

それほど差がなく計算しやすいのが便利(笑)。

 

 

ちなみに俺は、セブのように昼が長い南国が

自分に合っている。

 

夏生まれだからなのか(笑)、一日の中で

明るい時間が長いと得した気がする。

 

 

 

セブでの時間の過ごし方

 

このセブはご存じの通り、フィリピンという南国。

マッサージやスパ、語学留学でも年々注目されている。

 

ビーチリゾートが身近にあり、マニラほどせかせかしておらず

のんびりした時間を過ごせる場所。

 

 

セブはフィリピン第二の都市と言われながら、

やはり首都マニラとは規模が違いすぎる。

 

時間の過ごし方が同じ国でこうも違うとは、

両方に住んでみて気づいたこと。

 

 

あなたがもしセブで働くなら、残業という考え方は捨てること。

仕事はさっさと終わらせてマッサージに行こう(笑)。

 

例えば夕方5時まで仕事をし、後の時間は

ゆっくり好きなことをやって過ごしたり

将来のための準備をする。

 

実際ここに移住しているモテ仲間も

そういった過ごし方をしている。

 

 

こちらの女の子はフレンドリーで話しやすく、

デートをしていてもちょっとしたことで純粋に

喜んでくれるので楽しい。

 

彼女達とお出かけして、東京やマニラでは味わえないような

のんびりした時間を過ごすのもいい。

 

 

他にセブでの時間の使い方としては、マッサージ以外では

スキューバダイビングやアイランドホッピングといったアクティビティ。

 

これが大好きなあなたなら、

海辺で過ごすのが何より楽しい時間になる。

 

 

残念ながらセブシティの近くには綺麗な海がなく、

北のカモテスやマラパスクア、南のオスロブなど

行くのに時間がかかる。

 

それでも実際に足を運べば、

来てよかったと思えるような綺麗な海が

あなたを待っている。

 

 

一方で時間以上に予算があるあなたなら、空港から近い

マクタン島のプライベートリゾートで過ごすのも一つの選択肢。

 

個人的には、マクタンで過ごす時も

美しい離島まで足を伸ばしてほしいが。

 

 

まとめ

 

 

フィリピン女性の夜の生活はイメージできただろうか?

 

 

陽気で情が深く、一途。優しい。

 

日本人に無い魅力があり、

美人が多い事で有名なフィリピン女性。

 

 

俺と同様シイタケ嫌いのメアリー。

イメージとのギャップを知って(笑)

さらに魅力を感じたのは、もう何年も前。

 

 

フィリピン人女性が本気モードになると、

どんな事があっても愛情を注いでくれる。

 

ちょっとしたお願いでも必死で頑張ってくれたり、

頑張って働く姿は強く惹かれる事だろう。

 

 

甘え上手で気分屋なフィリピン人女性は、

優しくリードしてあげよう。

 

また、ちょっとしたプレゼントでも、

とても喜んでくれるので、

気分を害している時にはプレゼントを持っていくと良いだろう。

 

 

プライドが高いので、

NGな行為や言葉はきちんと把握しておこう。

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道▲CLICK

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

▼CLICK自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ