フィリピン人からお金を貸してと言われたら?それ、要注意です!


 

フィリピン人のルーズさは、お金にも当てはまる

例えば「お金貸して」と言い出すのは普通は言いにくいものだが、
彼らは遠慮することなくズバスバ言ってくる。

 

 

では、どのようにしてお金を貸すのを断ればいいのだろうか?

現地在住者がちょっとしたヒントを。

 

 

 

フィリピン人からお金を貸してと言われた時は?上手な対処法

 

 

結論から言えば、

ポイントはお金を貸さないという意思表示

はっきりとすることだ。

 

 

遠回しな言い方をしてしまうとあなたの真意が伝わりづらく、

お金を貸すまで何度もしつこく

お金をせがまれることになってしまうだろう。

 

断る際は「貸すお金はない」、「自分もお金に困っている」と言い、

手持ちのお金が一切ないためにお金を貸すことができないということを

アピールすることが大切

 

 

 

フィリピン人は後先考えずに

お金を使ってしまう傾向にあるため、

貯金というものをほとんどしていない

 

 

自分自身で賄えるのであれば

お金を好きなだけ使うことは何の問題もなのだが、

 

賄うことができないにもかかわらず

無計画にお金を使ってしまうのが厄介なところだ。

 

 

このような金銭感覚をもっているせいか、
人にお金を借りることに対しても何の抵抗もない。

 

 

きちんとお金を返してくれるのであれば、
借金を頼むという行為に関しては
百歩譲って目を瞑っても構わない。

 

しかし、

フィリピン人に「お金を貸す=お金をあげる」と認識しておけ

と言われているほど、フィリピン人は平気でお金を返済しない。

 

時には、お金を貸した瞬間に

姿をくらましてしまうこともある。

 

このフィリピン人の特性を知らないで、

フィリピン人から「お金を貸して欲しい」と頼まれたら、
優しいあなたはお金を貸してしまうかもしれない。

 

 

ただし、先ほどもご紹介したように

フィリピン人に「お金を貸す=お金をあげる」と

認識しなければいけないほど返済を望むのは難しい。

 

お金を貸してと頼まれたとしても

応じないのが得策だろう。

 

 

外国人の中でも特に日本人は標的にされやすいので、
普段からローカルに溶け込んだ生活をし、

お金を持っていないことを周囲にアピールしておくことが大切である。

 

また、お金を持っているという隙を少しでも見せてしまうと

借金をせがむターゲットとして認識されかねない。

 

普段から、お金に余裕がない

という素振りを見せておくことが大切。

 

 

間違っても、高いバッグや時計を自慢したり、
海外に旅行に行ったなどとお金を持っていることを
暗にアピールしてしまうような発言は避けよう。

 

あなたがお金持ちではないと認識されれば
「お金を貸して」と言われることもなくなるかもしれない。

 

 

もちろん悪い人達ではないのだが、お金には

ことさらルーズだと忘れないでおきたい。

 

 

 

「世の中の役に立ち問題解決をしていく」

そんなビジネスをしたいあなたへ。

 

実力があり信頼できる指導者を選択する基準を知り、

ビジネスの指導を受けませんか?

 

 

 

 

フィリピン人はたかり体質ってホント?国民性がハンパない!

 

 

フィリピン人は平気で借金を頼むなど、
お金を持っている人を見つけるとたかる癖があるのは

事実である。

 

なぜ、このようなたかり癖が着いてしまったのかというと、
それはフィリピンの経済事情が大きく関係している。

 

フィリピンはとても貧困層が多い国で、
自分の力だけでは生きていけないという人も少なくはない。

 

 

一家の稼ぎ頭のお金を頼りに生活している人も多くおり、
この背景からお金を持っている人に養ってもらうのは
当然だという考えが根付いたようだ。

 

お金持ちの家庭の教育でも、

貧しいものに施しを与えるのは、

当然としているのだからしかたがない。

 

そのため、お金持ちを見つけるとそれほど親密な関係でなくとも、

お金や物をくれと平気で頼んでくるようだ。

 

 

ここまで見てきたように、

フィリピン人にお金を貸すことは
大変危険である。

 

 

まず、お金を返してくれると考えるのは

現実的ではない。

 

「必ず返す」と言われてもその言葉を鵜呑みにして
お金を貸すと痛い目を見ることになるだろう。

 

お金を貸すときはその人にお金をあげるつもりで
渡さなければならいことを忘れてはならない。

 

 

また、時には「家族の入院費が必要で・・」などと

情に訴えた殺し文句で借金をせがんでくることもあるかもしれない。

 

俺と同じく混んだ場所がだいっきらいのメアリー。

ミンドロ出身の彼女が、最初に俺にお金を要求してきた娘だった(笑)。

 

 

かわいそうだと思って相手の発言の
真偽をよく考えもせずお金を貸すのは避けた方が良い。

お金を借りるためには時として嘘をつくこともあるからだ。

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道▲CLICK

移住と一人起業の専門家:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

▼CLICK自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ