フィリピン人、顔の特徴ランキング!人気なのは何系の顔?


フィリピン人の顔の特徴といえば、鼻の形が有名。

 

もしスッとした鼻をしていれば

スペイン系や中華系といったミックス、

あとは整形だろう(笑)。

 

 

それでは、フィリピン人の顔の特徴

詳しく見ていこう。

 

 

フィリピン人らしい顔の特徴は?目鼻口のパーツで比較!

 

 

もともとフィリピンにいたマレー系の人々は
小顔で彫りが深く団子鼻なのが特徴。

 

その後混血化して、

今のフィリピン人の特徴ができあがった。

 

 

彼らの顔の特徴は、これまでの

フィリピン人の歴史からつくられている。

 

 

フィリピンにはもともとマレー系の人達が住んでいたが、

イスラムや中国の商人も行き来していた。

 

その後長くスペインの植民地となり、

第二次世界大戦のころは

アメリカに統治されていた。

 

歴史とともに、フィリピン人の顔も

混血化が進んできたということだ。

 

ハーフでなくても

現在のフィリピン人は混血と考えてもいい。

 

 

では、パーツごとに見ていこう。

 

 

まず目は二重で大きいのが特徴。

韓国人や中国人に多い細い目の人は少ないが、
もしいれば中国系のルーツを持つフィリピン人。

 

 

鼻は、マレー系の団子鼻の人がけっこう多い。

 

スペインなどヨーロッパまたはアメリカの血筋を持つ人では
鼻が高く一見ヨーロッパ人のような人もいる。

 

鼻がスッと通っているところが、

顔全体をほっそりと小顔に見せている。

 

 

口は比較的大きくて、唇は肉厚

 

笑ったとき、とても明るい表情になる。

 

そして肌は浅黒いのが特徴だが、

スペインなど欧米系が混じっている人には

色白の人もけっこういる。

 

 

こうして見てみると、

フィリピン人はいわゆるアジア系の

のっぺりした顔立ちとはちょっと違う。

 

彫りが深くて美形な顔立ちと言えそうだ。

 

美人やイケメンが多いと言われているのもわかる。

 

 

 

やるなら限界まで頑張りたいあなたへ。

 

コーチングスキルをマスターし、

悩んでいる人の問題を解決していきたくありませんか?

 

 

 

 

フィリピン人女性の顔って最近人気ある?

 

 

今やフィリピン人といっても純粋なフィリピン人は少なく、
両親がフィリピン人であっても歴史的見ると混血と言える。

 

さらに、フィリピンでは国際結婚する人も
多くハーフの子どもが多く生まれている。

 

 

人は遺伝子学的に純血でなく混血であるほうが、

美しくまた個性的な顔立ちになるとも言われている。

 

一説では、遺伝的に離れている人種のハーフが生まれると、
離れている遺伝子の差がなくなり理想的な顔立ちになる。

 

 

フィリピンにもともといたマレー系の人々とスペインなど
欧米の人々とでは、肌の色など大きく違うと考えられるから、
この説はフィリピンに美人が多い理由と言えそうだ。

 

フィリピンで人気の女優を見ると、
特に目のあたりがマレー系の女性とは
少し違って彫りが深く、ヨーロッパの雰囲気を感じる。

 

 

しかし、

黒髪や黒くて深い目というヨーロッパ人にはない
アジアの美しさを持っている。

 

このような特徴が、

ほかのアジアの国やヨーロッパにはない

「フィリピンの美しさ」なのだ。

 

 

またフィリピン人女優には色白の肌の人が多い。

そう、フィリピンでは「色白」が美女の条件だ。

 

 

フィリピンと日本人とのハーフの芸能人には、
高橋メアリージュン、秋元才加、池田エライザ、ざわちん‥

などがいる。

 

彼女たちは色白で鼻が高く、目は大きい。

純日本人より目鼻立ちがはっきりしているという共通点がある。

 

純日本人の女優にはいわゆる「かわいい系」の人たちも多いが、
フィリピンハーフの女優は「美人系」と言えるだろう。

 

 

日本人男性の国際結婚の相手の国籍第一位は中国だが、
第二位がフィリピンだ。

 

さらに、

2018年のミスユニバース世界大会優勝者には

フィリピン代表が選ばれた。

 

 

日本人男性に限らず、世界的に見ても
フィリピン女性の顔は人気があるということになる。

 

 

23465110743_307977f3f9_b

 

 

日本にいるフィリピン女性は仕事柄か

整形をしている人が多いので(笑)・・・

 

リアルなフィリピン人の顔を見たければ、

この近場の外国フィリピンに足を運ぼう。

 

 

フィリピンに遊びに来たほとんどの仲間が

口にするセリフがある。

 

せわしない日本に戻りたくないです・・・

 

 

マニラでナイトライフを楽しんだ高梨さん。

セブでダイビングやアイランドホッピングを満喫した東さん。

 

 

たまたま遊びに来たフィリピンに居心地の良さを感じ、

本気で永住を考え始めた人が増えつつある。

 

個人メディアの構築方法を伝えることを通して、

そのお手伝いを具体的にできることに喜びを感じる日々。

 

 

フィリピンが遊びに向いている理由

 

下見なしで単身移住し、シンプルでミニマムな身軽生活を

スタートしたフィリピン。ここが遊びに向いているのには

いくつか理由がある。

 

 

まず、物価と人件費の安さ

 

同じく東南アジアで人気のタイは、例えばマッサージも最近では

日本の半分くらいまで料金が上がってきている。

 

これに対してフィリピンでは

まだまだ価格差のメリットを享受でき、

お金を気にせず遊びを満喫できる。

 

乗るのに慣れれば、20円程度で乗れる市民の足ジープニーも

便利な移動手段(笑)。

 

 

それから、日本から近いこと。

 

なぜか分からないが、中国や香港、韓国や台湾辺りは

海外という感じがしない(笑)。

 

完全アルファベットの国だからなのか、

フィリピンに来て初めて外国という感覚を覚える。

 

それでいて、東京からフィリピンまでは4時間、

大阪から3時間半。

 

実際、機内食もいらないくらいだし、シンガポールの6時間と比べると

疲れ方にだいぶ差がある。

 

遊びに行くにも心理的・物理的負担は小さい。

 

 

さらに、豊かな自然フレンドリーな人達。

 

俺自身は人よりも自然が好きなので(笑)マニラよりもセブを

選ぶが、マニラにしても車で数時間で、バタンガスなどの

美しいビーチに行ける。

 

何しろ、世界No.1、No.2リゾートと世界遺産まで有する国。

親日家の多いことも、日本人にとってはポジティブな要素だ。

 

 

フィリピーナの元彼女が、20年近く住んだ日本ではなく、

いずれはフィリピンに戻りたいという理由も分かる(笑)。

 

 

「フィリピンは治安が悪い」・・・移住してみて分かったのは

 

フィリピンに永住を考えるにしても、気になるのが

 

治安が悪いでしょ?

 

という日本人の言葉。

 

特に遊びに来たことがない人にとっては、マニラ辺りは

保険金殺人や日本の犯罪者の潜伏先としてのイメージしかない(笑)。

 

 

このフィリピンで多いのは、貧困から来るスリや泥棒などの軽犯罪で、

強盗にしても抵抗しなければ、命まではとられない。

 

殺人があるにしても、ビジネスや、フィリピン人との恋愛や結婚の

もつれによる個人的な恨みがほとんどで、日本のような無差別や

親族間の殺人は聞いたことがない。

 

 

それよりも気をつけたいのは、

現地に溶け込んでいる日本人

 

これはフィリピンに限らないが、同じ日本人だからと安心させて

現地に慣れていない日本人をだますケースがよくある。

 

 

フィリピンの場合は、特徴としては日本人と気づかないくらい

日焼けしていたり、服装もフィリピン化(笑)、タガログ語を

流暢に話す。現地の友達が多い点では俺も同じだが(笑)。

 

特に、付き合いの浅いうちにお金絡みの話が

やたらに出るようなら注意したい。

 

 

どんなライフスタイルを送っているかを

知ることができればベスト。

 

例えば、俺のように日本との接点があるビジネスを持っていたり、

飲食店をやっていたり、投資目的で住んでいる人も増えているので、

それも判断材料になる。

 

 

遊びで通うフィリピンが好きなら、

幸いなことに永住は敷居の高い国ではない。

ただし、今のところは・・・

 

移住先として検討するなら、早めに動くことをお勧めする。

 

 

まとめ

 

 

フィリピン女性の顔の特徴をまとめると‥

 

1.目・口が大きい

2.ヨーロッパとの混血の場合鼻が高い

3.彫りが深くてはっきりした顔立ち

 

 

もしあなたがこれに当てはまるなら、

フィリピン人だと思われるかもしれない。

 

そして、特に美しく人気が高いと思われるのは、

「ヨーロッパの血筋を持った彫りの深い顔」と言えそうだ。

 

 

今もOFWとしてドバイで働いている、

中華系フィリピーナのアデル。

 

彼女も白い肌をしているが、

俺同様「元ネガティブ」の珍しいフィリピン人だ(笑)。

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ