現地在住者が語るフィリピンフード


 

 

「フィリピンフード」

 

 

日本ではあまり人気がないので(笑)、俺のように

こちらに移住した人間やフィリピンパブに行くのが

好きな人以外には馴染みがないが・・・

 

意外と日本人の口に合うものも多いことは、

実際現地に来てみて気づいた。

 

 

 

 

 

日本人向きのフィリピンフード

 

 

フィリピンではその支配の歴史から、言葉など様々な国の

文化がミックスされているが・・・フードに関しては中華料理の

影響を受けているため、日本人の味覚に合うものも実は少なくない。

 

 

肉をカリカリにしたシシッグは、俺の大好物。

 

元カノのアーメルの地元パンパンガが発祥といわれていて、

ビールのつまみなどにも最高。日本人ならクセになる味だ。

 

 

同様に日本人の口に合うとすれば、やはりアドボ

 

チキンや豚肉を醤油やビネガーで煮込んだもので、

フィリピンフードとしては最も有名。

 

 

その他、フィリピン風春巻きのシャンハイルンピア

しっとりした焼きそばのようなパンシットカントン

 

味噌煮込みうどんのようなマミ、ビーフシチューに似た

カルデレータも日本人なら好きな味。

 

レチョンは子豚の丸焼きなので、見た目からして厳しいという

人もいる。しかし食べてみると、とても美味しいことに気づく。

 

スイーツでいえば、日本でも人気のハロハロ

俺も大好きなレチェフランなど。

 

 

フィリピンの食事の特徴は欧米のようなパンではなく、

お米がメインフードであること。

 

使われている野菜の種類が多くはなく、鳥・豚・牛など

とにかく肉が多い。魚も生で食べることはなく火を通す。

 

調味料には醤油、ビネガーなど日本でも馴染みのものが

使われており、全般的にオイリーで甘めのテイスト、

辛い食べ物が少ないのも特徴。

 

これを聞いて何となく分かるように、決してヘルシーとは

いえない。俺が必死に現地でサプリメントを勧めているのも

そのせい(笑)。

 

 

 

移住していつでもフィリピンフードを

楽しめる。南国生活を可能にする

「場所を問わない収入」とは

 

 

 

 

日本人に向かないフィリピンフード

 

 

食べ物は好みの話なので、ここに挙げるフィリピンフードが

大好きな人もいる。あえて一般論として語りたい。

 

 

まずは多くの人が見た目からして敬遠する、バロット

 

ふ化直前の有精卵を茹でたもので、とにかく見た目も

味も厳しい。俺は大勢のフィリピン人の前でこれに

チャレンジし、丸ごと平らげその勇気を讃えられたが(笑)。

 

 

また、とにかく酸っぱいスープのシニガン

モテ仲間を始め、インタビューしたほとんどの人が

好きではなかった。

 

見た目がカレーに似ているものの、ピーナツソースベースで

つくられたカレカレも日本人には馴染みがない味。

 

その他、屋台で食べられるストリートフードにも

日本人に合うものと合わないものはやはりある。

 

 

ちなみに日本にフィリピン発のファーストフード、ジョリビーが

上陸するという話を聞いて楽しみにしているのは、京都の夏田さん。

 

マクドナルドが世界で唯一、ファーストフード業界

ナンバーワンのシェアを奪えなかったのがフィリピン。

 

ジョリビーはCMで子供の心をつかんでいたことが

功を奏している以上、日本で同じようにはいかないだろう。

 

 

 

フィリピン女性との付き合い方完璧主義を治す方法を

コンテンツにして情報起業した、マニラ在住の日本人マコさん。

フードサービスの会社に勤めていた頃の経験を活かして脱サラに

成功した彼は、人の完璧主義を治すのがやはり得意。

 

そんな彼も、俺と同じ

元ネガティブだったりする(笑)。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ