フィリピンのダバオが移住に向いている理由とは?治安や洪水は大丈夫?


 

フィリピンのダバオという都市をご存じだろうか。

 

ダバオはフィリピン南部ミンダナオ島にある自然に囲まれた都市である。

 

今、このダバオという都市が日本人の移住先として人気を集めている

 

昔から日本とは縁の深い都市であり、在住している日本人も多いが、なぜ移住先として

人気を集めているのだろうか。

 

この記事ではダバオの魅力や安全性などについて詳しくご紹介していこう。

 

 

フィリピンのダバオを観光。市内で地図を片手に周りたいショッピングモールは?

 

フィリピンのダバオシティとはどのような都市なのだろうか。

 

セブ島やマニラに比べると知名度は低いように感じるが、フィリピン一面積も広く、

人口は約153万人。

 

実はマニラに次ぐ大きな都市なのだ。

 

そしてフィリピンのダバオは気候も良く、一年中安定した天気で過ごすことが出来る。

その点も移住者が多い理由の一つである。

 

日本の美しい四季のある気候も良いものだが、一年中温暖な気候で過ごすことが

出来るというのは、大きな魅力なのだ。

 

 

そんなフィリピンのダバオはもちろん観光地としても人気がある。

 

ダバオと言えば自然が魅力なので、海や山の方面へレジャーに行く方が大多数だ。

 

そしてお土産などを買うために、

大型ショッピングモールGaisano Mall of Davaoを訪れる方が多い。

 

このショッピングモールはレストランや雑貨などおよそ600もの店舗が入っている

ため、ここだけでも1日楽しむことが出来る。

 

 

ダバオにはたくさんの見どころがあるので、ぜひ地図を片手に色々なスポットを

巡ってみてはいかがだろうか。

 

 

フィリピンのダバオは安全?治安大丈夫?

 

フィリピン・ダバオ市の治安はどのようなものなのだろうか。

 

フィリピンのダバオスルデル州に位置するダバオ市は、世界で5番目に安全な

都市に選ばれたこともあるほど、治安の良い場所である。

 

ダバオには色々な規則があり、決まった喫煙所以外の喫煙禁止やスピード違反の

取り締まり、爆竹の禁止などがある。

 

日本では当たり前のように感じるかもしれないが、こういった細かな制度がある

ことにより、暮らしやすい環境が整えられているのだ。

 

 

フィリピンでは未だ治安が悪い場所が多いのだが、なぜダバオ市はこんなにも

安全だと言われるのだろうか。

 

 

それは、ニュースなどで名前を耳にしたことがある人が多いであろう

現大統領ロドリゴ・デュテルテの政策によるものなのだ。

 

デュテルテ大統領は元々フィリピン・ダバオ市の市長である。

 

元々治安最悪と言われていたフィリピン・ダバオ市だが、デュテルテ大統領の

「悪は絶対に許さない」という信念の元、次々と新しい条例や制度を作り、

ダバオを安全な都市へと作り替えたのである。

 

 

フィリピンのダバオで気を付けたい災害。洪水や火災、地震や台風。震源地も近い?

 

フィリピンのダバオ市はミンダナオ島という島に位置する。

 

海が近いため、災害の面が気になる所だが、実際のところどうなのだろうか。

 

 

フィリピンでは台風がもっとも恐れられているが、ダバオには台風は来ない

言われている。

 

その理由は、ダバオの位置にある。

 

台風が発生する場所よりもダバオは南にあるため、

台風がダバオに進むことはないのだ。

 

また万が一、フィリピン ダバオに向かってきたとしてもアポ山などの山脈に守られて

いるため、台風が山を越えてくることはないと言われている。

 

そのため、フィリピンの中でもダバオには特にウォーターフロント(臨海部)にも

ホテルがたくさん建っているのだ。

 

 

次に心配なのは地震である。

 

フィリピンでは2012年にサマール島東を震源地とした大きな地震が起きている。

 

ダバオにもサマール島という島があるので勘違いされる人も多いのだが、

 

ダバオの島とは無関係のフィリピン中部にある島で起きた地震なので、

こちらは安心していただきたい。

 

しかしながら、2018年にはミンダナオ島180m沖にてマグニチュード7.2の地震

起きている。

 

島から離れているため、大した被害はなかったようだが、地震についてはある程度

警戒をしておくのが賢い方法である。

 

 

また、洪水や火災においても注意が必要だ。

 

豪雨による洪水被害や、ショッピングモールでの大規模火災など、

災害のニュースはたまに流れてきている。

 

 

自然災害を防ぐのは難しいものだが、出来る限りの備えをしておくことが大事である。

 

 

フィリピンのダバオでロングステイするなら住宅は?日本人におすすめのホテルやコンドミニアム

 

フィリピンのダバオにロングステイする場合、ホテルやコンドミニアムなど

色々な物件があるが、どこに滞在するのが良いのだろうか。

 

 

一人暮らしなのか家族と暮らすのか、条件によっておすすめ物件も変わってくるが、

まずフィリピン・ダバオでの不動産の探し方についてご紹介しよう。

 

 

日本で物件を探す場合、まずは不動産屋を訪れおすすめ物件を聞くということが

多いが、ダバオではそうはいかない

 

Web上にも物件情報は上がっているが、古い情報であることも多い。

 

ダバオで物件を探す場合は、まず住みたい地域を絞り、その辺りを自分で歩いて

空き家の看板を探すということになる。

 

なかなか地道な活動になるので、知人がいる場合は知人に紹介してもらうのも手で

ある。

 

 

フィリピン・ダバオで長期滞在する場合は、一軒家・コンドミニアム・アパート・

ホテルの中から選択することになる。

 

現在フィリピン・ダバオで日本人に特に人気がある場所は、エコランドという

場所周辺のリゾート地である。

 

 

SMシティモールという超大型のショッピングモールやデパートがあり、

とても利便性の良い場所であるため、人気を集めている

 

フィリピン・ダバオの中でもこの辺りにはどんどん新しいレンタルコンドミニアムが

建っており、続々と入居している。

 

一戸建てはハードルが高いし、アパートもピンキリあり、選択が難しい。

 

 

レンタルコンドミニアムは短期~長期まで滞在期間の融通も利く上、家電なども

そろっているため、自分はコンドミニアムをおすすめしている。

 

 

フィリピンのダバオへの行き方。成田や大阪からの直行便は?どの空港が最寄?

 

成田空港からフィリピン・ダバオへはどのように行くのが良いのだろうか。

 

まず日本からダバオへの直行便は運航していない。

 

ダバオへ行く場合はまずフィリピンのマニラかセブまで行き、

そこから乗り換えるという方法になる。

 

 

マニラの空港はニノイ・アキノ国際空港・セブの空港はマクタン・セブ国際空港・

ダバオの空港はフランシスコ・バンゴイ国際空港である。

 

 

フィリピン・ダバオへは格安航空券が各社から出ているため、

コストを抑えるために活用してみるのも一つの手である。

 

インターネットでも簡単に予約が出来るので、日程が決まったらぜひ探してみよう。

 

 

フィリピン・ダバオに旅行で行く場合も旅行会社ではなく、インターネットで

予約をする人が増えているようだ。

 

フィリピン・ダバオ・ツアーなどで検索をすると格安ツアーがたくさん出てくるので、

自分に合ったものを探してみてはいかがだろうか。

 

 

また成田空港からではなく、フィリピン・ダバオへ大阪から行く場合も直行便はない

ため、関西国際空港からニノイ・アキノ国際空港などを経由し、

ダバオに行くことになる。

 

 

フィリピンのダバオでサーフィンを楽しみたいならサマル島?日本人在住者のブログをチェック

 

フィリピン・ダバオでサーフィンをする場合、おすすめの島はどこになるのだろう。

 

 

フィリピン・ダバオにはビーチはたくさんあり、ジュゴンに会えるかもしれない

イスラレータビーチリゾートや、サマール島にあるパラダイスアイランドなどが

人気だ。

 

中でもパラダイスアイランドはフィリピン・ダバオの中でも特に綺麗で、

ゴミ一つ落ちていない透明度の高い美しい海なのである。

 

水の中をのぞくと魚たちが悠々自適に泳いでいる姿を確認することもでき、

とても癒されること間違いなしである。

 

 

そしてフィリピン・ダバオの海での遊びとなると、様々なアクティビティが

用意されている。

 

ダイビング体験やジェットスキー・バナナボートなどが特に人気である。

 

 

しかしサーフィンがしたい方には、上記の海ではなく、別の場所がおすすめだ。

 

フィリピン・ダバオでサーフィンをするとなると、やはりおすすめはサマル島である。

 

田舎なので移動は大変にはなるが、波の質もよくサーファーには人気の場所だ。

 

 

ポイントは現地の人でないと分かりにくい場所が多いため、日本人在住者の協力を

得るか、難しい場合は事前にブログなどで事前に下調べしておくことが重要である。

 

 

フィリピンのダバオでお勉強。フリースクールやE&G

 

フィリピンのダバオへの留学を考えている人も多いのではないだろうか。

 

フィリピンの中でもダバオは格段に治安が良いので、留学先に選ぶ人も多い。

 

フィリピン・ダバオにも日本人学校がいくつか存在する。

 

有名なのは、E&GEDAという学校だ。

 

外観も綺麗で施設も内容も充実しているため、安心して留学することができるとして

人気がある。

 

 

最近ではフィリピン・ダバオへの親子留学も人気がある。

 

親子留学とは、親と子ども(大体年少~小学生まで)揃って留学し、

親子それぞれで英語力を高める目的で行われるものだ。

 

現地でのアクティビティなどがセットになっているものもあり、

楽しみながら英語力を身に付けられるということで人気を集めている。

 

 

フィリピン・ダバオへの英語留学においては、マンツーマンレッスンがメイン

となっている。

 

授業の方向性としてスピーキング力については向上が期待できるが、

あまりリスニングやライティングには重点をおいていないため、

自分で努力することも必要である。

 

またアクティビティをメインとした学校もあるため、

学校選びはよく調べ慎重に行うことが大事である。

 

 

フィリピン・ダバオには戦前とても大きな日本人街が存在していた。

 

100年ほど前からダバオと日本人の絆はあったのである。

 

今でも日本人に対して良い印象を持っている親日家の方も多いという。

 

 

留学を考えているならば、ぜひ日本との絆の深いダバオへ訪れていただきたいものだ。

 

 

ダバオの魅力は果物とビーチリゾート?おすすめスポット

 

ダバオでは果物が人気だという。

 

実際フルーツ王国とも呼ばれるほどで値段も安く、

高品質なフルーツを食べることが出来るということで、大人気なのだ。

 

 

ダバオは一年中気温が安定しているので南国フルーツの栽培が盛んで、

ドリアン、マンゴー、バナナ、パイナップル、パパイヤなどが多く栽培されている。

 

市場を訪れればこれらのフルーツを安く手に入れることが出来るし、

人が親切なのでおすすめの果物などを聞いてみるのも良いだろう。

 

 

また先述したようにビーチリゾートも人気である。

 

フィリピン・ダバオにはこれらの魅力や観光地も多いため、

たくさんの観光客がひっきりなしに訪れるのである。

 

ダバオは元々治安の悪い都市として有名であった。

 

それがデュテルテ大統領の政策のおかげで

ここまでのリゾート地に変化を遂げたのである。

 

 

なにかとメディアでやり玉にされる大統領ではあるが、

この功績は素晴らしいものであることは間違いないだろう。

 

 

まとめ

 

ここまでフィリピンのダバオという都市について、

色々な角度からご紹介してきたがいかがだっただろうか

 

昔のイメージとは全く違い、新しく生まれ変わったダバオ。

 

 

旅行にももちろん、長期滞在・留学にもおすすめ出来る

治安も利便性も良い都市である

 

フィリピンに対してあまりよくないイメージを持っている人も、

ダバオを訪れればそのイメージが覆ることだろう。

 

 

ぜひ興味がある方はダバオを一度訪れてみてはいかがだろうか。

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ