フィリピンの高校の学費は?高校進学や高校生の留学(高校留学)、高校進学率…年齢的に高校生がフィリピンでも可能?


 

 

あなたは、フィリピンの高校について

どれぐらいご存じだろうか?

 

 

埼玉の和光から下見なしで移住した男が、

現地の教育制度について触れてみる。

 

 

 

 

 

フィリピンの高校や高校生の日本との違い…高校進学や高校進学率、入学の学費、恋愛や受験制度、高校編入、年齢やボランティアなど

 

 

フィリピンの学校制度の特徴は、義務教育が長いこと。

具体的には1年の幼稚園、6年の小学校、4年の中学校、

そして2年の高校。

 

つまりフィリピンでは日本と異なり、高校の2年も

義務教育になっているところが違いだ。

 

 

学期はシンプルで、4月・5月の

夏休みを挟んで前期と後期のみ。

 

またフィリピンでは日本のほとんどの高校のような

単なる座学ではなく、生徒全員でディスカッションを

行う場面が多いという違いもある。

 

 

 

フィリピンの高校に、子どもと一緒に

教育移住。現地でも安定した日本円収入

が入り続ける理由とは?

 

 

日本人がフィリピンの高校に通うことのメリット。正規で高校留学…高校生が留学で得られるもの。夏休みに短期留学(短期で留学)する高校生が増えているフィリピン

 

 

まさに本田健さんのように、子どものより良い学びの

環境を求め家族で海外に住むという「教育移住」。

 

日本人にも、この選択肢はこれから増えていく。

 

 

フィリピンの高校を選ぶとしたら、やはり人件費の安い

この国で教育費を抑えられるのは最大のメリット。

 

そもそも、現地の人は公立の授業料が無料。寄付や教材など、

理由をつけていろいろお金がかかるのが実際だが(笑)。

 

こうしたメリットもあり、最近では日本から夏休みや

冬休みの短期間でフィリピンに留学する高校生もいる。

 

その他、1年間の交換留学も可能だ。

 

 

さらに、世界第3の英語圏フィリピンで小学校時代から

授業を英語で受けてきたフィリピン人に囲まれ、英語

レベルの高い環境で過ごすことができる。

 

この国は教育レベル自体も低くはない。

 

 

フィリピンの現地の人には親日家が多く、

日本人に対して好意的であるというのもいい。

 

海外に住むなら日本人を受け入れてくれるほうが学校生活が

楽しくなるのは当然だし、現地の人とコミュニケーションする

機会が多くなり、英会話力を磨くことができる。

 

ちなみに香港在住のポッチさんはカリフォルニアに住んでいた頃、

知らないアメリカ人に突然「Remember Pearl Harbor!」と

言われ、まだまだ日本人への差別が根深いことを知った。

 

 

マレーや中国、スペインやアメリカ、日本など様々な文化が

ミックスされたユニークなフィリピンの人達。

 

また現地にいる様々な外国人と交流を深められ、国際感覚を

身につけられる。南国で過ごしやすく、学校の合間のリゾートや

観光にも事欠かない。

 

 

フィリピンの高校へ正規で留学…費用や高校生の留学におすすめの語学留学の学校、お土産、セブ島に留学する英語留学の高校生、ホームステイするフィリピンの高校生についてもサイトでチェック

 

なかなかユニークなフィリピンの高校。

次回はもっと掘り下げてみたい。

 

 

 

フィリピンとシンガポールのリゾートに目がないのは

國學院高校時代の友人、森脇。

 

シンガポール教育に興味を持ち、シンガポールへの旅費

ドバイへの旅費を計算していた彼は、俺と同じフェミニスト

として有名(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは21件です

  1. なりと より:

    高校に通うなら海外がいいと思ってますがフィリピンはなかなか面白そうですね全く考えもつきませんでしたフィリピンの午後に行ってみたなんて面白い経験ですね子供についても考えてみようかないろいろ選択肢があるんですが大部はとにかく高いそして中の社会だったリスト化して結構治安が危なっかしい感じがしますやっぱり平均年齢が若くてしっかりしていて大人がちゃんこっとしていて薬何かが流行っていないところがいいですねやっぱりちゃんとした雰囲気のところ選びたいと思っていますどういう場所がいいのかいろいろ選択肢があったんですが今回のブログでも参考になりましたほんとにありがと財益いろいろ子供とも話します写真を見したりいろいろ映像を見せたりすることでイメージを沸かせることができたりするんだと思います

  2. ななママ より:

    フィリピンへの留学おもしろそうですね~
    中学・高校の夏休みに北米やニュージーランドへ留学する子は多いけど
    フィリピンはまだ聞いたことがないです。
    ウチの子の留学先にフィリピンをすすめてみようかな。費用的にもよさそう。

  3. makostyle より:

    日本とフィリピンでは学校制度もだいぶん違うのですね。参考になりました。私たちは日本の制度があたりり前と思ってずっとやってきましたが、実は意外とフィリピンの制度の方がよかったりするのかもしれませんね。

  4. ひかり より:

    日本の授業は聞いてばかりな事が多いですね。
    ディスカッションすることで
    自発性が芽生えますよね。
    フィリピンへの留学は楽しそうです。
    お金があれば子供を行かせてやりたいですね!!

  5. みーあきゃっと より:

    フィリピンでは高校も義務教育なんですね。
    座学は楽しくないのでディスカッションできるの羨ましいです。フィリピン人は英語も上手ですよね。

  6. ユウゾラ より:

    このブログを拝見するまで海外の高校で勉強するということを考えたことはありませんでしたが、選択肢としては充分にあり得ますね。特に私などはディスカッションが苦手なのでフィリピンの高校に通ってこういう力を伸ばしたかったです!

  7. くろ より:

    フィリピンは高校まで義務教育で地元人なら学費も無料、教師が一方的に授業をするので参加型、正直言って日本よりも進んでいる感じがします。夏休みがちょっと早いですがね。

  8. しおばなはるの より:

    英語力を磨くなら絶対に現地が良いですよね。日本で学んでもそこまでペラペラになりにくいですし。もちろん本人の努力次第だとは思いますが。教育移住というのはとても良い事だと思います。子供にとって。

  9. はる より:

    1年の幼稚園、4年の中学校、2年の高校!
    若干の違いはあるけれど、何より義務教育が長いんですね!
    夏休みだけっていうのは子供からすると大変だ、、笑

  10. かな より:

    ディスカッションいいですね!
    今の子には大切だと思います!
    日本は座学が本当に多すぎます。。いつになったら改善されるのか。。

  11. るまんど より:

    義務教育が長いのは親の立場からするとうらやましいですね。
    留学先といえばアメリカかオーストラリアですが、
    これからはフィリピンもいいですね。
    何より費用が抑えられるのが魅力です。

  12. あや より:

    高校と義務教育だったり、座学以外も盛んだったり、フィリピンは教育熱心でいいですね。特にディスカッションはいいと思います。

  13. わかな より:

    Remember Pearl Harbor!うーん、、考えさせられます。フィリピンは英語圏なので子供の環境としてはいいですね。

  14. ふじなな より:

    英語教育のことを考えるとフィリピンの高校に留学するのもありですね。
    交換留学ができるようになるといいと思います。
    欧米人よりも英語がぺラぺラのアジア人が来た方が、
    学生に良い刺激になると思うのですが…。

  15. あい より:

    教育費が安いのはとてもありがたいですね!
    ただリタイア後に移住となると、もっと恩恵を受けたいとは思います。笑

  16. あゆ より:

    フィリピンの高校生って4月5月が夏休みなんですか?初めて知りました!
    でも休みが少ないように感じますね。

  17. さら より:

    4月と5月が夏休みとは!そしてそれ以外はずっと学校なんですか?!
    でも勉強内容が良さそうですね。

  18. さえ より:

    4月と5月が夏休みなんですか!
    まさに今の時期ですね。
    「Remember Pearl Harbor!」は辛いです。。

  19. 空色朝顔 より:

    英語圏であることを考えると、フィリピンの高校も留学先候補のひとつです。
    フィリピン人の家にホームステイもいいけど、フィリピンに住む日本人の所に住めると親も安心です。
    そんな制度はないのでしょうか?

  20. きよ より:

    夏休みが4月5月ってことは今まさにそうですね!
    今年はコロナがあったので、ちょうどロックダウンのタイミングでよかったといえばよかったですね。

  21. かなまな より:

    フィリピンへの留学もありですね。
    親的には費用が安くなりそうで、うれしい。
    もっと、学校もフィリピンへの短期留学に力を入れてほしい。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ