フィリピン人のハーフは本当に性格が悪い?男と女で特徴は?日本とフィリピンのハーフ、芸能人(タレントやモデル)の男が増加?ハーフモデルの男性や女性の結婚についても紹介   


 

フィリピン人のハーフと言えばタレントでも枚挙にいとまがないくらい。

しかも芸能タレントのみならず、スポーツ界にも…。

 

特にスペイン系のハーフが芸能界を席巻しているが、

一方でハーフならではの苦悩も。

そんなフィリピン人ハーフの悲喜こもごもを紹介する。

 

 

日本とフィリピンのハーフ、モデルの男(男性)の顔の特徴は?    

 

フィリピン人のハーフと言えば元AKBの秋元才加やモデルのラブリ

高橋メアリージュン・ユウ姉妹などが有名だが、

フィリピンハーフの男性というとあまり思いつかない。

 

ラブリの弟である白濱亜嵐がそうだが、

と言われても知らないというおじさんもいるのでは。

 

GENERATIONS from EXILE TRIBEのメンバーのひとりだよと言われると、

「ふーん、そうなんだ」という感想を持つ人もいるかもしれない。

 

ちなみに速水もこみちは母親が日本とフィリピンのハーフなので

フィリピンクのクウォーターということになる。

どちらもイケメン。

 

フィリピンと日本人のハーフについて何か特徴があるかというと、

正直芸能人しか実例がわからないので何とも言えない

 

ただフィリピンハーフの女性はフィリピン人女性にありがちな

ちっちゃくってぽっちゃり

 

鼻が低いという特徴があまり見受けられないが、

これも芸能人女性のハーフしか見ていないからかもしれない。

 

フィリピンに限らずハーフの顔が整うのは、

遺伝的にも一定の合理性があるといわれている。

 

必ずしもそうなるわけではないが、こちらのサイトも参考にしてみてほしい。

 ハーフが美人になる理由                           

 

 

フィリピン人ハーフの彼氏との結婚は反対される?

 

あなたの大事な娘がフィリピン人彼氏を連れてきて、

「結婚したい」といいだした場合、

あなたは結婚に賛成するか反対するか。

 

フィリピン人とのハーフというのは

芸能人に限らず日本には多く在住している。

 

フィリピンハーフの子供は可愛いけど、

自分の娘婿がフィリピンハーフとなると途端に

「ハーフは嫌いだ」となる人もいるかもしれない。

 

フィリピンハーフは(というかフィリピン人は)

幼児のうちにピアスをあけることが多く、

 

「ピアスなんかあけてちゃらちゃらしやがって!」と

怒り出すお父さんもいるだろう。

 

現に自分の周りでも

”フィリピンハーフ”=”お母さんがフィリピンパブの出稼ぎ”

みたいなイメージを持つおじさん方が多いのも事実だ。

 

とはいえ日本とフィリピンハーフの付き合いは長い

1960年代からフィリピン人の出稼ぎ労働者が多くなり、

すでに相当市民権を得ているのも事実だろう。

 

日本と関係の深いアメリカを見ても

フィリピンとアメリカのハーフと言えば

グラミー賞歌手のブルーノ・マーズや、

 

同じくグラミー賞を6回も獲得したThe Black Eyed Peacのメンバー、

アップル・デ・アップなどもフィリピンとアメリカのハーフ

フィリピ―ノ・アメリカンという)である。

 

当然フィリピーノ・アメリカンに限らず、

多国籍国家アメリカでハーフは珍しくない

(というか純血であるほうが珍しい)。

 

そこのお父さんも、グローバルな社会下で

ハーフや多様な文化を受け入れる柔軟性を持ってほしい。

 

そんな頑固おやじを抱えた貴方に朗報。

実はあまり知られていないが、

フィリピンハーフは相撲界にも席巻している。

 

「え!相撲界の外国人ってモンゴルじゃないの?」

という声も聞こえそうだが、高安、御嶽海、

枡ノ山などの人気力士もフィリピンハーフだ。

 

フィリピンハーフとの結婚を認めないお父さんには

相撲ネタを切り口にしても良いかもしれない。

 

とはいえフィリピン人ハーフに対する

根強い偏見があるのは事実で、前出の秋元才加や、

フィリピン人ハーフで芸能人に似せるメイクで

 

一気にブレイクしたざわちんなど、

フィリピンハーフ芸能人もハーフであるが故の

いじめの事実を明らかにしている。

 

一定の市民権を得たともいえるフィリピンハーフ

超美人のフィリピンハーフキャンギャルを見つけたら垂ぜんモノで、

どうしたらフィリピンハーフとお近づきになれるか

 

口説き方、落とし方を模索している人もいるだろう。

一方でこうした根深い差別意識や、

実は難しいフィリピンハーフの国籍問題など、

 

ハーフ美人だからというだけではなく、

ハーフであるが故の課題に直面する場合も想定して熟慮のこと。

 

 

まとめ

 

ハーフの子供を見て純粋に「かわいい~」とほめちぎる我が妻。

遺伝的な効果により劣後する身体的特徴が駆逐されるているわけだが、

 

彼ら・彼女らが成長していく中では、

まだまだ厳しい差別意識という敵が待っているということ。

 

「かわいい~」と寵愛を受け続けられるよう

自分たちもハーフの心持を理解することが、

実は多様性を理解する第一歩だったりして。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ