フィリピン・カガヤンデオロ、観光のための地図!カガヤンデオロ空港やマッサージ、夜遊びのKTVや日本食のレストラン、ホテルはどこ?天気や市の治安、コンドミニアムやゴルフについても紹介


 

 

フィリピンに旅行する際、マニラやセブ島は観光地としてよく聞くだろう。

カガヤンデオロってどんなところなのだろうか。

 

日本人旅行者にとって、あまり聞いたことのない地名なのかもしれない。

フィリピンではマニラから国内線でミンダナオ島の北まで向かう。

湾岸都市だがかなり栄えているので、ホテルやショッピングも楽しめる。

 

しかし旅行客、また外国人からすれば、

所謂「観光スポット」といった超人気の名所は少ない

 

セブ島のように英語が浸透していなかったりするので、

コミュニケーションをとることにも多少の困難がある。

 

 

しかしマニラやセブ島といった大きな都市に比べると、

地域性やフィリピン独特のあたたかな国民性がより顕著にみられる。

なので、旅行でのんびり過ごしたいという方にはオススメする。

 

 

カガヤンデオロの天気は?治安はどんな感じ?

 

 

 

カガヤンデオロスペル:Cagayan de Oro)は、

フィリピン国内でも比較的大きい都市だ。

 

一般的にフィリピンは危険な国や治安の悪いとよく言われるが、

実際に行っているとそれほど治安も悪くない

 

陽気でフレンドリーなフィリピン人が多かった。

休暇の旅行などで行く際はストレスは無く

優しくて良い人ばかりという感想を旅行者からよく聞く。

 

フィリピンの地方都市のひとつであるカガヤンデオロは、

治安に関してはセブほど警戒しなくても良い。

 

スリや強盗はやはり多いが、

昼夜問わずヤバイ連中がたむろっている、

というのはほどんど見かけなかった

 

しかし、テロなどの危険性はセブより高いので、

やはり細心の注意を払っておくにこしたことはない。

 

またフィリピンカガヤンデオロは、

熱帯収束帯の低気圧の影響を受けている。

 

そのためフィリピンカガヤンデオロ

旅行やゴルフで行く際には天気3レターなどの

交通機関の把握しておく必要がある。

 

  

カガヤンデオロを観光…地図でカガヤンデオロ空港やマッサージ、夜遊びのKTV、日本食のレストラン、ホテルを紹介。マニラの空港からどれくらい?

 

 

フィリピンカガヤンデオロに行くには、

首都マニラから国内線のフライトで約1時間半ほど。

 

カガヤンデオロ川が目をひくカガヤンデオロに行くには

まずマニラを経由していくとわかりやすい。

飛行機で行くので時刻表を確認が必要だ。

 

またフィリピン旅行でも、カガヤンデオロ観光する際には

地図をもっていった方が良い。

日本人にはあまり観光地としてなじみがないためだ。

 

またフィリピンでも特にカガヤンデオロでは

日本食が食べれるレストランもあるので探していてもいいかもしれない。

KTVもあるのでそれも探してみてほしい。

 

そして宿泊施設としてカガヤンデオロでのコンドミニアム、

またはホテルを紹介したい。

 

コンドミニアムとは、日常生活に必要なキッチンや

洗濯機などの設備が備わっている宿泊施設のことをいう。

 

 

フィリピンミンダナオ島のカガヤンデオロ

ホテルおすすめすべき点はたくさんあるが、

 

マニラからカガヤンデオロ空港から

ホテルまでどれくらいの距離にあるのか。

 

ホテルではマッサージなどの

リラクゼーションのオプションはついているのか。

 

色々と条件を絞りながらじっくりと決めてほしい。

 

 

まとめ

 

 

カガヤンデオロは日本人にはあまりなじみのない土地だが、

色々と調べてみるとおもしろいと思う。

 

マニラやセブ島は日本からの旅行では人気がありすぎるため、

カガヤンデオロなどの少しマイナーな土地を訪れてみるのはどうだろうか。

 

湾岸都市のため、海もきれいだろう。

 

セブ島とはまた違った景色が楽しめる。

 

 

カガヤンデオロでは火山があることによる温泉が魅力だ。

フィリピンではホテルでもほとんどがバスタブが無い状態なので、

湯船に浸かれることは日本人旅行者にとっては非常にありがたい。

 

 

また日本人にとってはあまり馴染みのない土地だが、

カガヤンデオロでは親日も少なくない。

この点においては、旅行する際の安心感がやはり違う。

 

フィリピンに行く際には、ぜひカガヤンデオロに行ってみてほしい。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ