現地在住者がイロイロ留学を語る


 

 

「セブはやめてイロイロに留学しようと思ってます」

 

 

 

このセブに移住してから、日本人向けのダメな語学学校を

数え切れないほど見てきて辟易していたところに、仲間

純太郎さんからのそんな連絡。

 

賢い選択をしたと思った(笑)。

 

 

 

 

 

留学の前に。イロイロの特徴

 

 

愛の街と呼ばれるイロイロ。今はセブに移ったが、

その前に住んでいたマニラからは国内線で約50分程度の

フライトで到着する、留学先として密かに注目される場所だ。

 

フィリピンのパナイ島南部にあるこのイロイロは、

人口の多さでは国内10番以内に入る。

 

以前はビジネスの中心地としても栄え、また今でも

農業が盛んなため、のどかな田舎の雰囲気がありながら

ショッピングモールもあり、利便性も悪くない。

 

現地のフィリピン人にとっても、

国内で最も住みたい街の一つになっている。

 

個人的には、元カノで一緒にビジネスをしていたクリスが

生まれた場所であり、他のフィリピンの場所に比べてやはり

思い入れがある。

 

 

ちなみにイロイロに留学に来るなら、おすすめスポットとしては

モロチャーチやサンペドロ要塞、イロイロ博物館やギマラス島。

 

世界ナンバー2ビーチリゾートのボラカイまでは

5時間ほどかかるものの、アクセスはしやすいので

綺麗な海も楽しめる。

 

 

 

イロイロ留学を終えたら、そのまま

現地に移住も?それを可能にする

場所的・経済的自由の構築法とは

 

 

 

 

イロイロ留学が魅力的な点

 

 

イロイロはドゥマゲッティのような学園都市であり、

フィリピンの中では治安が良いのが留学生には安心できる点。

 

特に、語学学校が集まっているハロ地域は

のんびりした印象だ。

 

フィリピンは田舎のほうが人も良く、のどかで

過ごしやすいのは都会と田舎の両方に住んだ俺の実感。

 

 

まだあまり知られていないが、このイロイロは

フィリピンで最も早い時期に語学留学のための

学校がつくられた場所。

 

歴史が長くメソッドが洗練されているし、当然

講師のレベルも高い学校が多い。

 

 

留学生にとっては現地での生活費は死活問題だが、

物価が安いのも魅力的。

 

マニラのようにガチャガチャと騒がしくないのもいいし、

カジノや極端に観光地化された場所がないため、留学生活には

もってこい。

 

自然環境の面でも、ルソン島のように

台風の直撃を受けないのも安心できる点の一つだ。

 

 

 

イロイロの後はコロン島に住み、その後はポーランドに移住した

元留学生のスウェーデン人ベン。

 

魂レベル人生逆転を図る彼も

俺と同じく、元ネガティブを自称する男(笑)。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ