現地在住者がフィリピンのwifiを語る


 

 

あなたは、フィリピンでのwifiの使い方について

どれほどご存じだろうか?

 

 

 

オンラインビジネスで独立して埼玉からフィリピンに

移住してきた俺としては、インターネットやwifiについては

当初から重要な移住環境の必須要件の一つだった。

 

 

 

 

 

フィリピンのwifi事情

 

 

フィリピンというと発展途上国であり、先進国の日本から見たら

まだまだwifi事情も悪いのではと思いそうだが・・・

 

都市部に関していえば、日本以上にwifi環境が進んでいる。

確かにスピード自体はまだ日本のほうが早いが。

 

 

例えばスターバックスはもちろん、大きなショッピング

モールでは当たり前のようにフリーwifiが使える。

 

モールでは「1時間だけ利用可能」といった制限があるが、

日本の場合は公衆wifiでもわざわざアプリをダウンロードする

必要があったり、登録が必要になったりなど煩雑。

 

このフィリピンではパスワードなしですぐにつながる

ところも多いし、コーヒー1杯買えば店員がパスワードを

教えてくれる。

 

そのためカフェはいつも、ノートパソコンや

タブレットを持った現地人で混雑。

 

 

一方、自分でwifiを使いたい場合は、モバイルwifiルーターか

wifiに接続できるスマートフォンを買い、コンビニなどで購入

できるプリペイドカードで毎回チャージする方法。

 

もしくはポストペイドと呼ばれる、

長期滞在者向けの固定wifi契約を部屋単位で契約。

 

引っ越しても契約は継続できるので、移住して

コンドミニアムを借りているなら、これのほうがお得で快適。

 

俺の場合はグローブで毎月3,700円程度だったが、

スピードも速くほぼ無制限に使えて全く問題がない。

 

 

ちなみに今はセブのホテルに滞在しているが、やはりホテルは

wifiの容量を気にすることなくいつでも使えて便利だ。

 

全ての経費込みで、毎日ベッドメイクもしてもらえて

毎月約40,000円で滞在できるのはやはりフィリピンだからこそ。

 

 

混雑しているカフェやモールは多くの人がつなげているので

当然スピードが遅くなるし、こうした公衆wifiを通じて

インターネットバンキングを利用するのは避けたい。

 

 

 

wifiを上手に活用して、南国フィリピン

で生活費を抑えながら快適に暮らす方法

とは?

 

 

 

 

フィリピンでwifiを使うなら

 

 

フィリピンに移住した当初は中国製のwifiルーターを

購入し、それにプリペイドでロード(使いたい分を

チャージ)することを続けていたが・・・

 

ルーターのSIMカードをいちいち携帯に入れ替え、

それでロードしてまたルーターに戻すという作業が煩雑(笑)。

 

何よりルーターの充電まで外出時に気をつけなければならない

ということもあり、日本に一時帰国した際、すでに普及していた

格安SIMフリーのスマートフォンをアマゾンで購入。

 

当然テザリング機能がついていたので、

このwifiルーターは別で持つ必要がなくなった。

 

 

オンラインビジネスで毎日使っていたのはsmartの

surfmaxplus995(999ペソ)で、1日800MBまで

データ通信できるプラン。

 

800MBというのはブログの記事をいくつか更新するのに

ギリギリの要領で、YouTubeを快適に何時間も観るには足りない。

 

容量を超えるとメールが来て突然遅くなってしまい、

毎度のストレス。そこで自分のコンドミニアムに

Globeの固定wifiを設置した。

 

手続きで様々な証明書を出す必要があるため、もし面倒なら

信頼できる現地人の友達の名前を借りるのも一つ。

 

ただGlobeの場合は2年縛りがあり、途中で支払えなくなると

ブラックリストに載るなど厳しい対応があるため注意したい。

 

 

 

wifiを通して自分のビジネスを構築し生活を変えることに

成功したのは、ドイツ人が彼女フィリピン人男性ジョー。

 

俺と同じくソフトクリームが大好物の彼とは(笑)、

来週クラブに行く約束をしている。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ