ヨーロッパ移住の3つの条件とおすすめの国


 

 

「本気でヨーロッパに移住したい。

誰か知り合い紹介してくれる?」

 

 

 

夢だったアメリカ渡航の夢に敗れ、次はヨーロッパに

狙いを定めた鶴ヶ島に住む花山。こっちはこっちで

移住は相当大変だと思うが(笑)。

 

 

 

 

 

ヨーロッパ移住でこだわりたい条件

 

 

様々な魅力があるヨーロッパだが・・・将来本気で

移住するなら、個人的にこだわっているのは以下の点。

 

 

まずは物価が安い国であること。

 

ヨーロッパというと北欧を中心に物価が高いイメージがあるが、

実はそうでもなく移住候補となる国がまだまだ。特に東ヨーロッパ

にその傾向が見られる。

 

意外だったのが、金融のプロ玉利さんがおすすめして

くれたように、ドイツでもベルリンといった場所。

ここには不動産投資の余地も残されている。

 

 

次に、冬が厳しすぎないこと。

 

冬が大好きなあなたなら別だが、俺にとっては

北欧のような冬の厳しさには耐えられそうにない。

 

フィリピンに移住して、南国の

ダレた気候に慣れきったからか(笑)。

 

 

最後に英語が通じやすいこと。

 

ヨーロッパでもフランスのように英語が通じづらい国と、

英語が公用語の国はもちろん、観光客に慣れていて英語が

通じやすい国がある。

 

語学に堪能でない限り、やはり日本人が慣れている

英語が普通に使われている場所が生活しやすい。

 

 

その他、できれば親日国であること、テロの標的になりづらい

場所であること・・・こういった条件は、やはり自分の身の

安全を守るためにも重要。

 

 

 

ヨーロッパ移住しても変わらず日本円の

安定収入を得続ける具体的な方法とは?

 

 

 

 

ヨーロッパ移住でおすすめの国

 

 

こうした条件に照らし合わせてみると、俺の場合

ポーランドとポルトガルが今のところ該当している。

 

 

ポルトガルがどれほど親日かはこれから再び確認しに

行く必要があるが、ポーランドの親日ぶりはすごい。

 

ポルトガルはロケーション的にも海とスペインに挟まれており、

ワクワクさせてくれる。そしてポルトガルやポーランドに美人が

多いという事実は、男性のあなたを喜ばせる(笑)。

 

あとは、移住のためのビザだけの問題。

 

 

日本人なら、シェンゲン条約によるビザなしの長期滞在という

恵まれた特権を活かせるので、転職の合間など時間をつくって

ゆっくり周ってみるのも一つ。

 

旅行が好きな俺のようなあなたには、ヨーロッパやアフリカなど

各地にアクセスしやすいこと、踊ったり盛り上がるのが好きなら

ヨーロッパのクラブはかなり熱い。

 

様々な魅力のあるヨーロッパへの移住。

これを人生の選択肢として取り入れるのも面白い。

 

 

 

ヨーロッパ滞在中、フィリピン人との恋愛を通して、

幸せ恐怖症を克服既成概念(固定観念)をひっくり

返したのは、日本人移住仲間の佐久間。

 

彼も俺と同様に、日本人よりも

外国人の友達が多いという変わった男(笑)。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは3件です

  1. 滑川さん より:

    ヨーロッパ移住。僕の中の大きな夢の一つです。
    そんな中、
    ダイレクトマーケティング事業の
    先輩を通して出会った、
    船井総研のエビさん。
    西麻布の五行という、
    焦がし醤油ラーメンで
    有名なお店で
    夕食を共にしたのが最初。
    ある日ひょんなことで
    知ったのが、
    彼が「フォトリーディング」
    なるものをマスターしていたこと。

  2. マゼンタ より:

    移住とかは別としてポルトガルは行ってみたいですね。アフリカに近いのも魅力。すごくひなびた田舎なイメージがあります。干し鱈ばかり食べてるイメージもあります(笑)のんびりしてそうです。実際はわかりませんが。

  3. makostyle より:

    ヨーロッパ移住を考えたことはありませんが、どの国も本当に魅力が高いですね。私は寒いのは結構好きな方で、寒さの中に暖かさを感じられるところがたまりません。でも本場の寒さは半端ないのでしょうね。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 フィリピン在住の40代独身男。

  現地でフィリピン人の起業

  支援をしつつ、日本人の

  海外移住をサポート。

  東南アジアを中心に世界を

  周ることを日常とする。

DANの半生

    自由への道
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ