東南アジア在住者が語るマレーシアへの赴任


 

 

一永がマレーシア赴任を命ぜられたのは・・・

 

日本の夏が終わりかけ、

頬をなでる風が少し涼しくなってきた頃だった。

 

 

 

 

 

マレーシアの赴任生活で覚えておきたいのは

 

 

マレーシアがイスラム国家であるということを忘れている人が

時々いるが・・・彼らが基本的に穏やかで平和を愛する人達で

あることを理解すれば、赴任生活に馴染むのは難しくはない。

 

さらに多民族国家ということで、日本人が普通に

生活していても客観的には違和感がないのもいい。

 

 

一方でマレーシアは実は、シンガポールのように

手放しに治安が良いといえる国ではない。

 

軽犯罪には当然普段から注意する必要があるし、

特に治安の悪い場所には意識して行かないこと。

 

教育移住がマレーシアでも話題になったが、家族と共に

現地に住むなら子供の安全も赴任生活の中でしっかり

確保していきたい。

 

 

マレーシアでは、ちゃんとした環境を整えてあげることができれば

中国語と英語を同時に学べる質の良い教育の場を与えてあげられる。

子供にとっても、あなたの海外赴任は無駄にならない。

 

 

 

マレーシア赴任しても、フィリピンに

移住しても。自分自身のスモールビジネス

から安定した収入を継続して得る方法とは?

 

 

 

 

マレーシアでの赴任生活の様子

 

 

家賃を始め、マレーシアの生活費は当然

東京のような日本の都会よりもグッと下がる。

 

特に駐在員として赴任する場合は、海外赴任手当まで

支給されることが通常なので、生活はかなり余裕のあるものに。

 

また用意されるコンドミニアムも、

安全で清潔なものが基本。

 

テニスコートやプール、ジムがついていたり

会社によっては専属のドライバーがつくことも。

 

 

タクシーの初乗りは100円ほど、電気代はこのフィリピン同様

若干高めだが、水道やガスは月600円程度で済む。

 

また良いのは、日本よりも台風や地震といった

自然災害の影響が少ないこと。

 

そもそも気候が一年を通してほぼ一定なため、

かさばる冬服がいらないし体にも優しい。

 

 

休日はビーチリゾートを楽しんだりできるが、

娯楽という点では、やや退屈という声もある。

 

あなたに奥さんがいる場合は、例えばオンラインで

別の収入を得る方法を一緒に考えていくなど、せっかくの

海外でのゆったりした時間を有意義に使いたい。

 

 

 

俺と同じく(笑)もともと外人女性が好きな亮は、

マレーシアでフィリピン妻を手に入れて現地で赴任生活を始めた。

 

以前いた大連(中国)よりも治安の良いマカティのほうが好きだと、

キラキラした金歯を見せながら笑顔で語る(笑)。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ