海外移住者がデビットカードのメリットとデメリットを語る


 

 

海外でデビットカードを使った経験はおありだろうか?

 

 

 

デビットカードは、海外移住者の俺の場合

毎日のように使うので手放せない。

 

このデビッドカードについて最近質問してきたのは、

仲間でやはり海外在住の新庄さんだった。

 

 

 

 

 

海外でのデビットカードのメリット

 

 

デビットカードのメリットは、海外・国内どちらで使うにしても

持つことがそもそも容易であるということ。

 

クレジットカードで支払いを滞納しブラックリストに載っても、

ほとんどのデビットカードでは審査がないので持つことが可能。

 

 

そしてご存じの通り、あなたの銀行口座にある残高から

カード使用時にそのまま引き落とされるので、前借りという行為がなく

使いすぎを防ぐことができる。

 

クレジットカードには借金という感覚がなく、つい使いすぎてしまう、

翌月にその請求が来るという当たり前の事実を感覚的に忘れてしまう人は

いまだに少なくないからだ。

 

 

デビットカードでもささやかながらポイントが付き

キャッシュバックがあるので、それを楽しみに使っている

村井という男もいる(笑)。

 

 

また、デビットカードは使うたびにメールが送られてくるので

不正利用などもチェックできて安心。

 

 

さらに、海外ではやはり大金を持ち歩くことはリスクになる。

 

フィリピンでもスリや置き引き、恐喝が場所によって起きるが・・・

このデビットカードがあれば世界中にあるATMからすぐに

現地の通貨で引き出すことが可能なので、現金をあまり持ち歩かなくて済む。

 

 

このセブのように子供だけで語学留学に来させるケースがあるが、

デビットなら口座残高の範囲内なので親が管理しやすいというメリットも。

 

 

 

海外でデビットカードを使いこなす秘訣、

世界のどこにいても安定収入が得られる方法を知る

 

 

 

 

海外でのデビットカードのデメリット

 

 

デビットカード最大のデメリットは、海外で落としてしまったり

盗まれた時にもし暗証番号を推測されて使用されると、口座の額を

まるまる使われてしまうこと。

 

即時引き落としなので、クレジットカードのように

後から抗弁したりお金を取り戻すことが難しい。

 

 

ちなみに銀行のキャッシュカードがそのままデビットカードになっている

Jデビットのデビットカードは、海外では使えない。

 

VISAやJCBのものを用意しておく必要があるが、海外に行くあなたは

グローバルでシェアナンバーワンのVISAをおすすめする。

 

日本でシェアナンバーワンのJCBがニュージーランドで

使えなくて困っていたのは川津さんだった(笑)。

 

 

 

デビットカードによっておおげさではなく生き方を変えることになった

美人女性の奈美子は海外、特に台湾でサーフィンをするのが好き。

 

最近は脳の覚醒宇宙と魂など壮大なテーマに向かいつつある彼女。

それでも俺と同じシイタケ嫌いだ(笑)。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ