脳を覚醒させる日常的な方法


 

 

脳の覚醒・・・

 

 

どこか壮大なテーマのようだが、 実は脳の

普段使っていない部分を覚醒させ、使う領域を広げるのは

日常生活の中でそれほど難しいことではない。

 

これ教えてくれたのは、先日セブのスタバでお茶をした

ビジネスのメンター中嶋さんだった。

 

 

 

脳を覚醒させるためには

 

脳が覚醒しやすい音楽を流す

自然との触れ合い

 

という古典的な手法の他に

 

適度な飲酒

 

目の前にいる相手を信頼し

ぶっちゃけて話す

 

といった、近年解明されてきた事実もある。

 

 

ここでは、

 

ワクワクが止まらない目標の設定

初体験

つるむ人を変える

習慣を変える

 

脳の覚醒に個人的に効果があった

これらについて、以下で語っていく。

 

 

 

 

 

脳の覚醒とは

 

 

人間の脳はそもそも、ほとんどの力を発揮していないため

その「覚醒」が時々テーマになる。

 

 

人間の消化器官が昔からほとんど進化していない一方で

脳の進化が激しいため、もし脳のリミッターがなかったら

人間の体が持たない。

 

そこで、脳が自然に力を抑制するようにできている。

 

具体的には、脳は記憶を上手に活用し、新しい情報のインプット以外は

記憶に頼ることでエネルギーをセーブしている。

 

 

それでも、この普段抑えた脳を覚醒させ

そのパワーをもっと使いたい、もっと自己実現したい・・・

そう思う時は度々あるもの。

 

そのため、日常生活の中で無理のない範囲で

脳を覚醒させる方法がテーマになる。

 

 

 

 

 

脳を覚醒させる方法

 

 

ここでテーマにしたいのは脳を覚醒させるための

特別なプログラムではなく、誰もが取り組めるごく日常的なこと。

 

脳のパワーをもっと使いたいといっても、高額なセミナーに

参加したり特殊な教材を買う必要があるなら、覚醒を望む

ほとんどの人の手には届かないから。

 

 

まずは、やる気に満ちて行動をし続ける人に囲まれ

ハングリー精神を呼び戻すこと。

 

群れに入るというのが、あなたの脳力を超える

一番簡単な覚醒の方法だ。

 

 

次に、叶える方法さえ分からない

ぶっ飛んだ夢を持つこと。

 

あなたの脳内の意識で実現の方法まで予想できるレベルの夢は、

覚醒のためにはまだまだ手ぬるい。crazy dreamが脳の覚醒の鍵だ。

 

 

脳の覚醒のためには、

口癖を変えていくのもいい。

 

「なぜできない?」ではなく、「どうしたらできるのか?」・・・

こうしたポジティブな答えが返ってくる質問を口にすること。

 

 

脳天逆落としのフレーズには俺も何度も出会ってきたが・・・

あなたを奮い立たせる言葉を集めることも、覚醒にプラス。

 

今だったら、FacebookやTwitterといった様々なツールで

情報を簡単に入手することが可能。

 

 

また効果があったのは、脳が覚醒しやすい朝、

起きてから最も重要な作業をこなすこと。

 

 

これ以外に、もっと身近で手をつけやすいことで言えば

普段しないことをしてみる」。

 

普段通らない道を通る、いつも読まないジャンルの本を読む、

今まで行ったことのない場所に旅に出る。

 

 

何より俺自身にインパクトがあった覚醒方法は、

頭が真っ白になることを経験すること。

 

例えば、少し勇気が要って「恥ずかしい」と感じる経験。

ナンパ(笑)、人前でのプレゼン・・・

 

この恥ずかしさで頭が真っ白になった状態の時、

人の脳は覚醒し新しいものをガンガン吸収できる。

 

 

 

脳を覚醒させるより具体的なコツ、

時間とお金のバランスを得る方法を学ぶ

 

 

 

 

覚醒の話をしたが、脳と食事が大きく関係しているのを

あなたはご存じだろうか?

 

 

俺がこの「脳と食事と覚醒の関係」を学んだのは、

当時まだまだお元気だった佐藤先生が宇田川町で

講演をしていた時。あの話でまさに覚醒した俺がいた(笑)。

 

 

 

 

 

食事と脳の関係

 

 

先進国でも突出した自殺大国である、日本。

 

鬱病など精神的に不安定になることで自殺につながる

ケースが多いが、この精神つまり脳にも食事が影響している。

活性化や覚醒と逆の状態だ。

 

というのも、脳も内臓と同じ臓器の一つであり

食事から得た栄養によって動かされているのは当然の事実だから。

 

 

そして、年齢を重ねた多くの日本人やその家族を悩ませる

アルツハイマーや認知症、痴呆といった病気。

 

当然これも脳と食事の影響を顕著に表すものであり、

この関係を甘く見てしまうと老後、精神的・経済的に

大きな負担になりかねない。覚醒できないのも当然損失。

 

 

俺達人間を取り巻く空気、そして体の

60パーセント以上を占める水。さらに、それ以外の栄養・・・

 

この栄養を運んでくる食事については、

脳のためにもしっかり管理し良い習慣を身につけたい。

 

もちろん脳の覚醒のためにも。

 

 

 

 

脳には食事とプラスアルファで・・・

 

 

脳のためにも栄養が大切と分かったところで、

残念ながら今の日本では、食事だけで

十分な栄養をとることができない。

 

そこで、1934年にアメリカで初めて開発され発売された

マルチビタミンミネラルのような栄養補給食品の摂取が

推奨されるようになる。

 

健康先進国のアメリカでは、身体はもちろん脳のためにも、

医者が食事以外にサプリメントを患者に勧めているほど。

彼らは覚醒についても理解している。

 

しっかり学んでいる医者ほど、食事だけでは人が健康に

生きていくために必要な栄養が十分に摂れていないことを理解している。

 

 

特に脳に大事な栄養素という点では、ハッピーホルモンと

呼ばれる「セロトニン」を分泌させるためのたんぱく質を

食事にプラスしたい。

 

これはプロテインパウダーの形で摂ることがベスト。

特に動物性ではなく植物性が足りていない。

 

 

それ以外には、自律神経をしっかり動かすためのミネラル、

それと組み合わさって効果を発揮するビタミンは当然として・・・

 

特に脳に必要なのはDHAやEPA、レシチンといった脂質。

 

またあなたが脳を覚醒させ集中力をアップさせたいなら、

シベリアニンジンやイチョウ葉といったものが役に立ってくれる。

 

 

 

脳内でネガティブとポジティブが常に戦っているのは、

アメリカ人との恋愛で覚醒したひろゆきくん。

 

 

マニラのおすすめスポットを周りながら感謝する習慣を

身につけていった、俺と同じフェミニストの彼(笑)。

 

今日も脳の覚醒を繰り返しながら(笑)

南国生活を楽しんでいる。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは11件です

  1. より:

    脳を覚醒させるということを初めて知りました。
    しかも、その方法があるんですね!
    確かにポジティブな人と一緒にいると自分もポジティブになれます。
    普段しないことをしてみるのも脳の刺激になっていいと思います。

  2. maimai より:

    頭が真っ白になる経験は何度かありますが、、そこから得たものは結構多かったかなって思います。
    脳の覚醒にはやはりプラスのエネルギーが働く空間に自らを置くことが大事なのでしょうね。普段しないことをしてみるのって簡単そうに見えて、慎重派の私にとってはなかなか大変です。

  3. もっこもっこ より:

    覚醒している目つきの人はたくさんいるが脳が覚醒と言うとなかなかいないでしょうね やっぱりなかなか難しいんでしょうねだからこうした骨が必要になってきます No 思いっきり使えたらもっともっといろんなことができるのにねネガティブ思考にやたら落ちることもないでしょうね このジャンルについては脳科学者の中野さんもいるけどやっぱりこれからどんどん注目されていくと思います人間の臓器の中で思いっきり注目されているところです死ねそして人間の感情にも全てに関わっているからですね楽しみなところです

  4. やすひろ より:

    考えさせられる内容でした。覚醒、と聞くと非常に興味がわいてしまいます。頭蓋骨を削る、と言うひとつの手段もありますが、考え方から変えると言うのは良いですね。自分次第であることに間違いないですね。

  5. こう より:

    やる気に満ちた人の中に入るとそれだけで良い刺激を受けてパワーをもらえます。それが脳の覚醒につながるなんて普段考えてなかったかも。
    普段しないことをしてみるのは比較的簡単に行えそうですね。身近なところから始めてみたいです。

  6. ゆき より:

    頭が真っ白になった状態は実はとてもいい状態だったんですね。
    確かに同じことの繰り返しで刺激がなかったら毎日つまらないです。
    口癖を変えるのはすぐにできそうですね。

  7. KR より:

    脳を覚醒させる、と聞いてまず映画「LUCY」を思い浮かべました。
    あんな風に制御不能なほどリミッターが外れたら大変ですが(笑)、日常の中のちょっとした努力で脳を覚醒させることができたら最高ですね。

  8. あす より:

    脳を錯覚させたいです〜!笑笑 何事にも挑戦して頭を真っ白にさせて…自分でリミットをかけて現実的に考えることがほとんどなので壮大な夢を考えて生きたいと思います!!

  9. エコロ より:

    脳を覚醒させたいと思います。昔から脳は50%しか、使われてないなどは聞いておりました。また、朝通勤でいつもと違う道を通ると仕事ができる等は聞いたことがありますが、頭を真っ白にしたとき多くのことが吸収できるのですね。時々真白状態になってますので少しは覚醒できてるのかな?

  10. テラ より:

    普段受けないような刺激を受けることで、脳の活性化にも繋がるのですね。ぶっとんだ夢、何だろう。考えるだけでちょっとわくわくします。ポジティブな口癖を身につけるのも良いですね。実践してみたいです。

  11. なーさん より:

    脳の覚醒ですか。言葉だけ聞くと難しい感じがしますね〜。でも、記事を読んで普段の行動などを少し変えてみることで意外とできたりするものなのかな?と、今までと少し考えが変わりました。
    やれることを実践してみようと思います。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道▲CLICK

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

▼CLICK自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ