現地在住者が語るフィリピンの花


 

 

あなたは、フィリピンを代表する花をご存じだろうか?

 

 

 

埼玉の和光から移住したフィリピンについては、日本脱出前から

すでに様々な知識があったが・・・国の花など細かい文化については、

実際に住み始めた後ミンドロのメアリーからいろいろ学ぶことに。

 

サンタンやグマメラのことを教えてくれたのも彼女だ。

 

 

フィリピンの国花サンパギータはストリートチルドレンの女の子が

持っているのを見かけて知ったが・・・

 

チャイニーズヴァイオレットやプルンバーゴを始め、世界的にも珍しい

青い花」を初めて目にしたのも、移住後のフィリピンだった。

 

 

 

 

 

 

フィリピンの国花

 

 

フィリピンの国花と言えば、アラビアジャスミン(マツリカ)。

フィリピン語ではサンパギータ(sumpaguita)という。

 

来比経験があるあなたは、フィリピン人の少女が

通りで売っているのを見かけたことがあるはず。小さな白い

花弁の真ん中に黄色い部分がある、あの筒状の花だ。

 

シンプルで可愛いらしいものの、

鼻を近づけるとエキゾチックな甘い香りを放つ。

 

 

このサンパギータの名産地としては、友達のアニタがいる

サンペドロ(ラグナ)が有名。

 

ちなみにここは花以外に、フィリピンでは数少ない

本格的な温泉でも知られる。

 

 

国の偉い人を迎える際のレイとしても使われているのを、

ケソンシティのクリス宅のテレビでも見かけた。

 

またフィリピン各地にあるカトリック教会では、

この花で作られた輪っかがお供え用に売られている。

 

その他サンパギータの精油は香料など様々なものに使われるが、

油の採取までに時間がかかり、採れる量も少ないため

貴重なものとして栽培されている。

 

 

 

 

 

サンパギータがフィリピンの国花になった理由とは

 

 

サンパギータという花は、フィリピン語で永遠の愛を誓う

「サンパキタ(sumpa kita)」がその名前の由来。

 

 

フィリピンのある地域で対立する部族同士の男女が

密かに愛を育んでいたが、部落の衝突により男性が死に、

後を追うように女性も亡くなった。

 

2人は同じ場所に埋められたが、その場所には今まで見たこともない

白い花が咲き、さらにどこからともなく「サンパキタ・・・」という

女性の声が聞こえるように。

 

この話はフィリピン中に広がって伝説となり、このサンパギータという花が

よく知られるようになった。やがてフィリピンを代表する花にまで。

 

まさに「ロミオとジュリエット」のフィリピン版だ。

 

 

南国らしい魅惑の香りとこの物悲しいエピソードをきっかけに

フィリピンが好きになった、柏崎という男もいる(笑)。

 

彼のように、バレンタインやクリスマスに

その花言葉に乗せてフィリピーナにサンパギータを

贈ってみるのはどうだろう?

 

 

 

サンパギータが美しいフィリピンに

移住するための「場所を超えた収入」を

手にする方法とは?

 

 

 

 

フィリピンの花について語ったので、

やはり果物としてここで人気のパパイヤにも触れよう。

 

 

あなたは、フィリピンの

パパイヤ石鹸をご存じだろうか?

 

 

現地の女性で知らない人はいない、この石鹸。

 

先日セブにバケーションに来ていた眞由美さんも、

大量に空港で購入して日本に戻って行った(笑)。

 

 

 

 

 

フルーツ以上に有名なフィリピンのパパイヤ石鹸

 

 

パパイヤといえば南国のフルーツであり、

バナナやココナッツ、マンゴーとともにフィリピンで

花以上にたくさん採れそうなのは容易に想像がつく。

 

しかしこのフィリピンでは、パパイヤと聞いて

ほとんどの女性が頭に浮かべるものがある。

果物や花ではなく(笑)。

 

それがパパイヤ石鹸であり、有名なブランドには

シルカやGT、リカスといったブランドが。

 

 

このパパイヤを原料とした石鹸は、くすみや吹き出物が消えるということで

とにかく綺麗で白い肌を求めるフィリピン人女性に大人気。花より実益なのは

日本と同じ(笑)。

 

そして先日の真理子のように、セブに遊びに来る日本人も

自分用もしくは女友達用に買っていくのがこのパパイヤ製ソープだ。

 

 

このパパイヤがフィリピン製化粧品の

原料にもなっているのには、さすがに驚いた。

 

セブでよく知られているオーガニック化粧品のヒューマンネイチャーにも、

いくつかパパイヤの原料が使われていたり。

 

フィリピンではエスティローダーやランコムのような

世界的なブランドも購入できるが、こういったパパイヤや

自然の花を原料としたローカルの化粧品がけっこう売れていたりする。

 

 

 

 

フィリピンのパパイヤ石鹸の特徴と買える場所

 

 

フィリピンのパパイヤ石鹸で、カロテンやビタミンCといった

パパイヤが持つ栄養素の効果を肌から得ることができる。これは

花を原料にする化粧品も同様。

 

何しろ、フィリピンのプロダクツだけに安いのがいい。

 

ただフルーツのパパイヤにしても石鹸にしても、

ずっしりと重いのが帰国時のお土産向きではないのだが(笑)。

 

 

空港でももちろん買うことができるが、高いのでやはり

空港に行くまでにショッピングモールや路面店で購入するのを

おすすめしたい。

 

当然ショッピングモールよりもローカルの路面店のほうが

安く購入できるし、品質が同じである以上はリーズナブルな

お店を選びたいが・・・

 

やはり治安的にはあまり良くない場所にあるので、

信頼できる現地人か現地在住の日本人にガイドして

もらうのがいいだろう。

 

 

フィリピンの果物や花に詳しいのは、フィリピン生活がすでに長い

マニラのゴーゴーバー好きのゴウタ。

 

習慣を変えることで怒りの感情のコントロールに成功した彼もやはり、

俺と同じフェミニストだったり(笑)。

 

フィリピンの花に鎮静作用がある・・・

そう教えてくれたのも彼だった。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは11件です

  1. opo より:

    花が綺麗なんですねフィリピンってやっぱり夏っぽい花しかないのかと思ったら祭りかもあるんですね素晴らしいですなんかそのギャップがいいです行った人から汚らしいというイメージを持っていましたが花と言うとかれんですね少女が持っているなんてなんか泣きそうになりますよね私が言ったら色々買ってあげちゃいそうででもその辺はきっちりしなければいけないんですよね写真を見ても行きたいなという気持ちになってきました興味が出てきました特にバコロドあたり行ってみたいですこれから計画をしてみますありがとうございます

  2. あのちゃん より:

    茉莉花だったとは!綺麗ですよね。
    フィリピンにもロミオとジュリエットみたいな話があるとは知りませんでした、、、
    女性を口説くには茉莉花がいいみたいだよって教えてあげなきゃ(笑)

  3. ペイシャン より:

    サンパギータというとプレステのゲームで流行ったやるドラシリーズを思い出します。花の名前とは知りませんでした。永遠の愛という意味が語源なのですね~。

  4. なごみ より:

    サンパギータにそんな意味があったなんて全く知りませんでした。
    永遠の愛っていう意味があったんですね!
    花にも深い意味合いがあることって多いので調べると楽しいですね!
    香りなど感じてみたいですね。

  5. おきあみ より:

    サンパギータ、とてもロマンチックな花なのですね。
    そんなストーリーのある花が国花だなんて素敵!

    オイルマッサージが好きなので、精油にも心惹かれます。

  6. そうた より:

    素敵な様で少し悲しい話。でも伝説として語られるのは凄いですね。花はあまり詳しくないので調べてみます!

  7. ゆき より:

    サンパギータはとても綺麗な花ですね。いい匂いがしそうです。フィリピンにも温泉があるところがあるんですね!

  8. テラ より:

    サンパギータって香料にも使われるんですね。エキゾチックな香り・・どんな感じなのでしょう。とても気になります。言い伝えも物悲しいものですね。でもそれがさらにサンパギータの花を魅力的にしている気がします。

  9. だい より:

    サンパギータは、ロミオとジュリエットのように悲しい愛の物語があった素敵な花なんですね。永遠の愛

  10. だい より:


    続きです。
    永遠の愛を信じてみたいですww

  11. ひかり より:

    日本では菊とかが代表なのでしょうか?
    フィリピンの花は
    とても魅力的ですね。
    どこかロマンチックな感じがします。
    花好きにはたまらないかもしれませんね!

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ