東南アジア在住者が語るマレーシアの住宅事情


 

 

マレーシアの住宅事情の恵まれた環境に

愕然としたのは、現地でマリンタンの家を
訪れた時だった。

 

 

 

 

 

マレーシアの住宅事情

 

 

基本的に、マレーシアでは月10万円以下でも24時間

セキュリティガードが常駐し、プールやジム、テニスコート

までついている住宅(コンドミニアム)に住むことが可能。

 

日本の都会だったら2倍以上はするだろう。

 

 

そしてマリンタンのお父さんのように、普通の会社員の場合でも

17時頃まで働いたら残業などもちろんなく、有休も当たり前に消化。

 

そんな中でマレーシア人は、土地面積50坪ほどの

一戸建てを持っていたりする。コンドミニアムなら

100平米は当たり前・・・とにかく日本の住宅よりもずっと広い。

 

 

そしてこのフィリピンも含め、海外が便利なのは

ほとんどの家具が最初から備え付けられてあること。

 

特にコンドミニアムの場合はこのスタイルが一般的。

海外移住者でも、まさにトランク一つで普通に

住み始めることができる。

 

 

一方マレーシアやフィリピンで住宅を借りる場合は、

保証金として家賃1,2ヶ月分を入れる必要がある。

 

不満も多いが、退去の際にはクリーニング代や

補修代として引かれ、ほとんど戻ってこないことが通例。

戻ってきたらラッキーぐらいに考えておくといい。

 

 

 

広々したマレーシアの住宅で

のんびり南国生活。それを可能にする

「場所を問わない収入」とは?

 

 

 

 

マレーシアに住宅を持つなら知っておきたいのは?

 

 

同じ東南アジアのフィリピンに移住してから、

オンラインビジネスの支援のためにクアラルンプールや

ペナンには何度も足を運び、ジョホールバルでは長期滞在もした。

 

 

あなたや家族が住むため、

もしくは投資のために物件を持つ・・・

 

いずれにしても、とにかくマレーシアの物件探しでは業者を変えつつ

できるだけ多く足を運び、直接室内を見てみることに尽きる。

 

実際の物件を数多く見るというのは日本以上に大切で、

この手間を惜しむと後で必ず後悔することに。

 

 

実際、俺の周りでも水回りがダメだったり騒音がひどかったりなど

行かなければ気づかなかったことも少なくない。

 

また内装もオーナーの趣味でかなり差があり、

これは賃貸に出す際の賃料にも影響する。

 

そして日本と異なり、業者ごとに持っている物件が違うため

様々な不動産会社に当たるのもコツになる。

 

 

 

マレーシアからポーランドに移住したフィリピン美人

大きな住宅を手に入れたのは、魂レベルからスウェーデン人

尊敬している小諸。

 

俺と同じ泣き上戸の彼も今、心から海外生活を満喫している。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ