移住の方法で最も現実的なのは・・・


 

 

俺が海外移住の方法を

真剣に模索し始めたのは・・・

 

あの霞ヶ関ビルの25階で、気持ちよく禿げ上がった

森塚に怒鳴られてからだった(笑)。

 

 

 

 

 

様々な移住の方法

 

 

移住の方法と聞いて最も中心的な話題になるのは、

何といっても移住後に現地で収入を得る方法。

 

あなたにマンションや駐車場など不動産からの賃貸収入が

あったり、すでにリタイア済で年金を手に入れられるなどの

状況がなければ、移住後にお金を得る方法がやはり問題となる。

 

 

都内もしくは国内の企業に就職し、

地方または海外を希望する。

 

または現地で就職するか、

自営業を始めるという選択肢。

 

 

地方の場合は、移住希望者がよく考えるのが現地で

農業をする方法だったり、または観光業に関わること。

 

俺がいるこのフィリピンのような海外では、移住後に

盛り上がっている飲食業を始め、和食を提供するといった方法。

 

 

しかし地方移住でも海外移住でも、これらは安定して

収入を得る方法としてハードルが低いとはいえない。

 

実際、俺の周りにもこれらを実行した仲間は少なくないが、

地方に移住したものの生活の方法が尽きてしまい、結局

仕事の多い都会に戻ってしまっていた。

 

海外に移住した場合も、収入の面でやはり不安になり

日本に戻ってくるというケースが後を絶たない。

 

 

 

どこに住んでも時間とお金の自由が

得られる移住の方法

 

 

 

 

最も現実的で安定する移住の方法

 

 

例えば半世紀前は、移住という発想自体がそもそもなく

またそれを可能にする方法も極端に少なかった。

 

今は便利なもので、世界中でインターネットが利用できる。

これを移住後の仕事に活用しない手はない。

 

 

インターネットを使った自分のビジネスを

持つことによって移住・・・

 

これを聞いて多くの人が方法として思いつくのが、

物を転売したり中国から輸入してamazonで販売したり

といったオンライン物販。

 

しかし地方や海外の場合、やはり配送など

物理的な面でアドバンテージがとれない。

 

俺も実際に携わってみて、返品を受けたりなど

何だかんだいっても物を手に取る必要があり

対応が遅れることに。

 

 

インターネットを活用して日本の都会にいるのと全く同じ

状況で仕事ができるとすれば、何といっても個人メディアを

持つこと。

 

具体的にはブログやメルマガをツールとして

情報発信するビジネスだ。

 

これだったらあなたの頭の中にある情報をガンガン

アウトプットしていくだけなので、地方はもちろん世界の

どこにいても安定した収入と移住生活を可能にしてくれる。

 

詳しくはニュースレターの中で

その方法をあなたにシェアしていきたい。

 

 

 

カナダで起業して海外法人を立ち上げ、現地に

バコンと移住したのは右脳を鍛える方法にやたら詳しい曜子。

 

俺と同じクセ毛の彼女はやはり、いまだに

納得できる髪型に出会えていない(笑)。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ