移住者が語る「いらないものを捨てることで得られる自由」


13430232545_53943c53b0_b

 

 

いらないもの。

なのに捨てることができなかったもの・・・

 

初恋の人がくれたそのガムは、

7年くらい部屋に置いたままだった(笑)。

 

 

 

 

 

いらないものを捨てることができなかった過去

 

 

俺は、もともと物欲が強くない。きっと母ちゃんに似たんだろう。

オヤジに似ていたら、それこそ大変なことになっていたかも(笑)。

 

家が小さいのに洋服がやたら多かったし(オヤジが服飾デザイナー

だったのもあるが)、プロでもないのにギターが何本もあって、

あげくに車はいつも、つつましい家に似つかわしくない外車だった。

 

おしゃれに興味が出始めた中学の頃から、オヤジの服を勝手に

着てよく怒られたのを覚えている。

 

そんな見栄っ張りなオヤジとは違う理由で、俺の周りには

物が多かった。

 

いらないものを捨てることができないほど物ぐさだったのか、

物を大事にするタチだったのか・・・伸び切ったゴムのパンツを

何枚も、母ちゃんにとがめられるまで履いていた俺(笑)。

 

 

 

 

 

いらないものにさようなら。全く躊躇がなくなった、捨てるという行為

 

 

自分で買った初めての高額商品は、高校1年当時、結構人気だった

ケンウッドのアローラというコンポ。

 

嬉しさのあまり、成増のダイエーから小躍りで出てきたところを

叔母に目撃されていた(笑)。

 

次に嬉しかったのは、大学1年の冬に買ったホンダのスティード

(400ccのアメリカンバイク)。

 

このときは、嬉しさのあまり浦所街道のレッドバロンから

バックスキップで帰ったほど(笑)。

 

 

実は、この頃が俺の物欲のピーク。

 

 

確かにその後もナナハンに乗り換えたし、ハーレーや外車に惹かれた

こともある。起業したときも、モチベーションのために最初に書いた

夢100リストにも欲しいものを並べた。

 

でも、あの頃ほど心が躍らなかった。

 

 

捨てることもためらいはなくなり、住む場所を変えるたびに

いらないものはどんどん手放していた。

 

埼玉県内(和光→久喜→鶴瀬→川越→和光)、そして和光から高崎に

移ったときも。

 

マニラに移住したときに至っては、大型製品(空気清浄機と浄水器)を

送りつけた以外は、トランク一つ。何しろ南国なので、Tシャツと短パン

だけでいいというのもあるが(笑)。

 

 

 

 

 

シンプル&自由への憧れ

 

 

物への執着は自然となくなっていったが、決定的になったのは

ミニマムライフへの強烈な憧れが芽生えたこと。

 

旅をするように暮らし、暮らすように旅をする

 

まさにそんなライフスタイルを地で行く、世界をトランク一つで

周る大人が近くにいたことで、本当に望む生き方を見出すことができた。

 

 

家族でキャンピングカー生活を続ける高橋歩。

2年間、サーフトリップと称して彼氏と世界を周ったユメさん。

PC1台で仕事をしながらリッチなホームレスを続ける政木さん。

 

憧れのライフスタイルをしている人がどんな仕事をしているかを

見れば、自分が選ぶべき仕事は自ずと決まる。

 

彼らは例外なく、権利収入(時間+収入)で生きている人達。

 

 

俺がもし日本で生きていくなら、間違いなくモーターホームを買い、

日本中を放浪しながら生活すると決めている(笑)。

 

 

 

心からリラックスできるマイホームを持つこと。

大好きな愛車と過ごす時間。

 

その満足感は理解できるし、人それぞれの価値観を否定する理由は

何もない。

 

 

ただ自分で実践してみて分かったこと。

 

本当に心地いいものしか持たない。

お金を出してスポットで利用できるものは、所有せずに借りる。

1年使わないものはガラクタとみなし、捨てる。いらないものは持たない。

 

それが当たり前になってから心がとても軽くなったし、住む場所も

自由に選べると思うと、日常感じるワクワク度が大きくなった。

 

今では結婚すらいらないと思うほど。

これには賛否両論あるが(笑)。

 

 

 

 

 

ただ唯一・・・

 

空飛ぶ車が市販になったら、ちょっと揺れるかも(笑)。

これは昔からの憧れだから。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは2件です

  1. FUNブーム より:

    ペナンに移住した経験を持つものです。

    改めて大切なものを再確認させて頂きました。

    これからも宜しくお願い致します。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ