チェコ・プラハの3つのおすすめスポット


 

 

「チェコのプラハって美人が多いって聞いてますけど・・・

自分間違ってないですよね?」

 

 

やはり結局、ここにたどり着いたテツ。

 

彼は好きなポルノ女優がチェコのプラハ出身ということが

きっかけになっているのが面白いが(笑)。

 

 

 

世界遺産が多いチェコの中でも首都プラハは、

日本で言えば京都や鎌倉のような古都

 

ここが観光に人気なのは、電車を使わずとも

徒歩で見て周れるコンパクトさも理由。

 

プラハという街自体が巨大なミュージアムだと形容する人がいたが、

チェコに実際に来てみるとそれを実感できる。

 

 

 

 

 

チェコのプラハでおすすめのポイント

 

 

チェコのプラハが百塔の街と聞いてイメージが沸かなかったが・・・

今回いろいろ周ってみて、その理由がなんとなく分かってきた。

 

観光地として同じく人気のポーランドと同様、ナチスドイツの

支配を受けた悲劇的な歴史を持つプラハ。何しろ見どころが多く

ポイントを絞るのが難しいのが、チェコという国の特徴だ。

 

 

まずプラハといえば、何よりお城。チョコを始めヨーロッパは

とにかく建物が美しくお城が荘厳だが、ここではプラハ城

 

巨人のゲートを始め、お城の中には

宮殿やチャーチなど、見どころがたくさん。

 

 

そしてやはり天文時計がプラハの象徴の一つ。これのある

旧市街広場自体が観光地としては有名で、この広場は、チェコの

可愛いヨーロッパ雑貨が好きなあなたにはたまらない場所でもある。

 

 

最後にカレル橋。これもプラハのシンボル的存在。

 

彫像が並び、まるで野外ミュージアム。

有名なザビエルの像もここにある。

 

 

 

 

 

チェコ・プラハの印象

 

 

第二次世界大戦によって壊滅的だったポーランドの

ワルシャワと異なり、プラハは破壊されずに

多くの建物が残された街。

 

石畳やオレンジ色の屋根などは、やはり日本や

このフィリピンにはなく魅力的。中世のヨーロッパの雰囲気を

そのまま残す街並みは、いつも観光客で賑わい活気がある。

 

一本路地を入ったところにある小さな雑貨屋さんを

見ながら歩いていると、時間を忘れてしまう。

 

 

またチェコはヨーロッパの中では治安が良いほうであり、

安心して歩けるところがいい。

 

ただし、やはりスリなどの軽犯罪はフランスその他の国と同様

チェコのプラハにも。日本と同じ感覚で歩かないようにしたい。

 

 

この国では様々なイベントが開催され、プラハプロムを始め

音楽祭が夏に開催され、マーケットも春にはイースター、

冬はクリスマスのタイミングで盛大に開かれる。

 

音楽の街でもあり、芸術の街でもあるプラハ。

そして、ここは文学でも知られている。

 

 

 

プラハのような世界の美しい街を、

好きな時に好きなだけ訪れることが

できる。場所とお金と時間の自由を

同時に手にするには?

 

 

 

ところで、チェコのプラハからほど近い場所に

やはりヨーロッパで人気の観光地、ドイツのドレスデンがある。

 

プラハを後にしてチェコを出た後はドレスデンに向かい、

結局2週間以上ここでダラダラと過ごした(笑)。

 

 

ここもあなたにはおすすめしたいスポットが多いので、

この機会に紹介しておく。

 

 

 

 

 

ドレスデンを観光するならおすすめの場所

 

 

このドレスデンでは、中央駅から徒歩20分かからないところにある

旧市街に観光スポットが集中している。

 

 

もしあなたがこのドレスデンを冬の時期に訪れるなら、やはり

世界で最も古いクリスマスマーケットを観光ポイントにしておきたい。

チェコのプラハでも開催されるが、ドイツのものはまた違うおもむき。

 

イタリアのフィレンツェに例えられる美しい旧市街。

ただでさえ美しい欧州のクリスマスの風景が、ここではさらに映える。

 

 

アルテマイスター絵画館はツヴィンガー宮殿の中にあり、

ここは特にアートに詳しくないあなたでも外したくない。

 

 

聖母フラウエン教会は比較的最近の新しい建造物だが、

すでにドレスデンのシンボルのようになっている観光スポット。

 

 

そしてドレスデン城の中にあるグリーンの丸天井は、

きらびやかな宝石などが好きなあなたは特に。

 

その外壁に描かれている「君主の行列」という

長大な壁画も是非見ておきたい。

 

 

その他、黒焦げた感じが印象的な大聖堂や

ドレスデン国立歌劇場も見どころといえる。

 

 

ちなみに新市街からの楽しみ方は、川の対岸に見える

旧市街の遠景を眺めること。

 

このエルベ川を船で楽しむのもいいし、川沿いの遊歩道は

ドレスデンの絶景を写真に収めるのに最も良いと言われる。

 

新市街は建物がアーティスティックなつくりになっているので、

デザインが好きなら面白い場所だ。

 

 

 

 

ドレスデン観光の魅力

 

 

ドレスデンがドイツの中でも人気の観光都市だと知ったのは、

オンラインビジネスの先輩・政木さんがミュンヘンから

連絡をくれた時だった。

 

とにかく街並みの美しいところで、

ここもチェコのプラハ同様「ヨーロッパの古都」に当たる。

 

ドイツの首都ベルリンからECで約2時間でたどり着く、この街。

特にヨーロッパの古い街並みが好きなあなたは外せないので

プラハを訪れたなら是非、チェコから足を伸ばしてほしい。

 

 

メルヘンチックな雰囲気よりも石造りの重厚な建物が好みの

柏木さんは、この街を何度も訪れていた。

 

俺と同じフェミニストなのに、建物は男っぽいものが

好きというのが何とも面白い(笑)。

 

 

 

プラハの前にはフィンランドで就職し、その後チェコに移り

イタリア人と結婚。さすがにお金のセルフイメージも高い泰久。

 

前回はプラハで合流した彼だが、

最近はチェコを離れていろいろな場所を旅している。

 

 

フィリピンの地震の現状とフィリピンファッションになぜか

興味があるとのことなので、俺のいるマカティで来週ほぼ一日

アテンドする予定。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは8件です

  1. makostyle より:

    やはり初めて訪れる場所で印象に残るのは見た目のイメージが大きいのかと思います。日本の私の住む地域というとグレーのイメージがありますが、建物でオレンジ色の屋根などを見るとそれだけでテンションが上がります!

  2. ななママ より:

    最近チェコのインテリアに興味あるんですー。すっごいかわいいんですよ。
    なのでプラハの旧市街広場、気になります。
    チェコに骸骨でできた城があると聞いたことあります。プラハだったかな?

  3. カヴィラ より:

    実は23年前にプラハに行ったことがありますチェコという場所はスロバキアが一緒でしたね魅力的な場所ですとにかく美しい建物ばかりだったの覚えています目がまん丸くなりましたあの光景あの美しさは今でも忘れていません今度は奥さんを連れていたと思います費用が相当かかることが自分の中の件ですどれだけかかるか時間がかかるが休みが取れる日でもチャレンジをしてみたいと思います電車で行ったらでしょうか柏高そうでしょうかいろいろ情報集めるとこから始めてみたも思いますちょっと岩崎しましたなんだか面白そうな感じです新しいとこに行くってのはとにかく見る借ります誰と行く日もいいけどヨーロッパの方チェックのほうは面白そうだと昔探しますチャレンジの民が出てきましたわくわくが積もってきました

  4. かおるママ より:

    悲しい歴史を持っている国なのですね。。。しかし壊滅的でなかったこともあり、現代に歴史建造物として残された建物は本当に魅力的です!城好きな私にはプラハ城は一度はお目にしたいものです。他にも魅力沢山の国とのこと。また訪れたい国が増えました!スリには気をつけないとですね(汗)

  5. みさ より:

    せっかくならクリスマスのタイミングに合わせて行ってみたいですね。
    クリスマス大好きなので(笑)
    世界中のクリスマスを見てみたいなと改めて読んでて思いました。

  6. ユウゾラ より:

    プラハ城の巨人のゲートというのが私のハートを射止めました。チェコ自体は体操競技などで美しい選手がいたような、というイメージがありますが、建物を始めかなり興味深い国だと思います。

  7. ひかり より:

    チェコには古くからの歴史があるのですね。
    綺麗な街並みは
    日本とはまた違った景色なんでしょうね!!
    想像するだけでワクワクしそうです。
    ぜひ行ってみたいです。

  8. 美女も野獣 より:

    好きなポルノ女優の出身地は笑った。チェコって行った事はないけれど、真剣に行ってみたい土地ですね。プラハ城も、天文時計も、カレル橋も見てみたいです。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ