オーストラリアでダイビングするなら外せないのは・・・


 

 

オーストラリアでダイビング・・・

 

あのグレートバリアリーフの映像と相まって、

何ともテンションの上がる響き(笑)。

 

 

 

世界遺産のグリーンアイランドフランクランドアイランドはもちろん、

日本からも直行便があるダーウィンでは沈没船の鑑賞も可能。

 

アウターリーフクルーズも、ダイビングとともに

オーストラリアでは人気のアクティビティ。

 

 

そもそもオーストラリアは、新倉小に通っていた頃、

「マッドマックス」を観た時から一度は住んでみたい場所の一つだった。

当然ダイビング三昧の日々を夢見て(笑)。

 

 

 

 

 

オーストラリアでダイビングをするなら外せない場所

 

 

「世界最大の生きる珊瑚礁」として誰もが知る

グレートバリアリーフは、やはり多くのダイバーが

憧れるオーストラリアの魅惑のスポット。

 

何しろ5,000に迫る魚の種類、

海草は世界最高レベルとして名高い。

 

 

そして、俺がオーストラリアでどこよりもおすすめしたいのは

可愛くて人気者のアシカ、また愛らしいイルカと泳げるエア半島だ。

 

ベアードベイでアシカのコロニーを見た時は、

一人でやたらテンションが上がった(笑)。

 

人懐っこい性格なのも彼らの人気の理由だろう。

 

 

エア半島ではマグロの群れが見れるし、

勇気があるあなたは、まさに映画「ジョーズ」のような

ケージダイビングを。

 

子供の頃、「エイリアン」とともに

軽くトラウマになった(笑)あのホオジロザメを

間近で見れるのがすごい。

 

 

 

 

 

それ以外のオーストラリアのダイビングスポット

 

 

例えば、ニンガルーリーフでは

貴重なジンベイザメを見ることも可能。

 

波の少ない場所が好きならクロブリー

沈没した潜水艦で有名なモーニントン半島

 

ノーザンテリトリーで見た沈没船も迫力だった。

 

 

とにかくバラエティ豊かな、

オーストラリアでのダイビング。

 

渡航日程に余裕があるなら別だが、時間が限られていると

中途半端になるので、見たいポイントをしっかり絞って

現地に臨みたい。

 

 

ダイビングから外れるが、去年訪れたカンガルー島

あなたにもおすすめできる場所。

 

何しろコンパクトな島なのに、豊かな自然を始め

オーストラリアの魅力がギュッと凝縮されている。

時間がないあなたには是非。

 

 

 

オーストラリアに移住して、

海外生活やスキューバダイビング

を楽しむ。場所を超えた

経済的自由人になるには?

 

 

 

 

オーストラリアで人気のニンガルーリーフ・・・ここで

ジンベイザメについて触れたが、ほぼ確実に「ジンベイザメ」

に会えるダイビングスポットが、このセブにある。

 

 

ジンベイザメに会える場所を先に知ったのは

現地在住者の俺ではなく、よくフィリピンに

ダイビングで通ってくるナオだった。

 

 

ジンベイザメダイビングで有名な場所

 

 

まずオーストラリア以外でジンベイザメと遭遇できる

ダイビングスポットとして知られるのは、俺が大好きなゾウガメのいる

エクアドルのガラパゴス諸島、メキシコのラパス。

 

南米は荒れているベネズエラを筆頭として、ダイビング以外の

治安の点で不安。特に海外に慣れていないあなたは、ご近所の

ジンベイザメ天国・東南アジアを狙いたい。

 

 

例えばあなたがお盆にしか休みを取れないなら、

ジンベイザメ遭遇に夏がベストシーズンのタイは

タオ島やサムイ島、スミラン諸島。

 

インドネシアのコモドやバリ、

マダガスカルのノシベもいい。

 

 

そしてたくさん潜りたいあなたに

おすすめなのは、モルディブ。

 

俺が初めて行く海外だったはずの場所・・・

何を間違えたか、お初はインドになってしまったが(笑)。

 

 

 

 

 

ジンベイザメダイビングで最もおすすめのフィリピン

 

 

このフィリピンを推しているのは、何といっても

オスロブではジンベイザメとの遭遇率が95パーセントを

超えるという事実があるから。

 

そしてタイや南米と異なり、1年中

ジンベイザメと会えるのも嬉しい。

 

さらに、もともとダイビングの値段がオーストラリアなど

他の場所に比べて圧倒的に安いフィリピン。ジンベイザメと泳ぐためにも

一人5,000円かからないし、移動費用も安い。

 

 

ここにジンベイザメが集まるのは、とにかく

マメに餌付けがされているから。

 

良い悪いは別としても、フィリピンのオスロブなら確実に

あの貴重なジンベイザメと戯れることができる。

 

 

このオスロブの海はセブの中でも水の透明度が高く、

また水深が浅いため安心してジンベイザメを間近で観れる。

 

さっき語ったように、世界の様々な場所でジンベイザメが

見られるが・・・これだけの長時間、一つの同じジンベイザメを

ゆっくり観察できる場所はこのオスロブしかない。

 

 

ちなみに、ジンベイザメを生で見るまではサメと聞いて

ジョーズのイメージしかなかったが・・・実際の姿を見て納得。

あの口では襲うことができるはずもない(笑)。

 

 

 

オーストラリアとフィリピンのケーキに目がないのは、

とにかく甘いものが大好きなスキューバダイビングフェチ

のモテ仲間、山内さん。

 

俺と同様にもともと極度の人見知りだったこともあり、

片思いの失恋を引きづっていた彼。

 

オーストラリアダイビングに飽きた今はマラテ(マニラ)

フィリピンの電話会社に勤める彼だが、来週はセブに来るようなので

一緒にライブバーで飲み交わす予定。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは12件です

  1. ガバチョン より:

    ダイビングをやろうと思ったのは結構前で中学生になる頃でした
    シュノーケルが面白かったからだからオーストラリアでも潜ってみたいなとちょっと遠いのでその手前の東南アジアで潜りをやってみようかなと思います
    あなたいるフィリピンだったらちょっと地下話潜ってみようかなと思っています
    その前に沖縄からでもとにかくまずダイビングを怖がらずにやることですよね
    そうすればオーストラリアでも楽しんで行けそうな気がする
    まずは潜る水を友達になるということを挑戦します

  2. カカリチョウ より:

    エア半島!アシカやイルカと泳げるなんてまさに夢のようですね。私はオーストラリアにいった経験がないので、オーストラリア旅行に行く際はぜひエア半島も候補地にしてダイビングにいってみたいと思います!

  3. あのちゃん より:

    オーストラリアでダイビング!いいですねえ。主人から宮古島でダイビングしようよ。とすすめられたんですが、海外旅行の際にエア半島すごいらしいよ。って教えてあげようと思います!

  4. Amy より:

    オーストラリアでダイビングなんて素敵!

    すぐに船酔いするわたしにはハードルの高いアクティビティですが…
    人生のうち一度くらいは挑戦してみたいなぁ。

  5. kinz より:

    オーストラリア憧れますね!
    きれいな海でダイビングしてアシカやイルカと泳ぐとか最高の娯楽ですね!
    全てのストレスを解消できそう笑
    サメはちょっと…私もトラウマになってます笑

  6. あーちゃん より:

    オーストラリアでダイビング。かっこいいですね。

    サーフィンのイメージはありますが、ダイビングができる綺麗な海があるということですよね。

    いいなぁ。行ってみたいです。

  7. やすひろ より:

    オーストラリアでお洒落なダイビングとか素敵すぎます。
    自分も一度くらい経験したいものですね。素敵過ぎて海から出たくなくなりそうです。

  8. おきあみ より:

    グレートバリアリーフの印象が強いですが、他にもたくさん素敵なスポットがあるんですね。

    ケージダイビングがとても気になります。
    サメを間近で見られるなんて、人生観が変わりそう(笑)

  9. しぃ より:

    海のきれいな所はそれだけでテンションが上がります。アシカにイルカにジンベイザメ・・いいなぁ。近くで見たいです。
    そしてケージダイビングなんてあるんですね。ちょっとこわいけどやってみたいかも。

  10. ゆき より:

    正直ダイビングは苦手ですが5,000に迫る魚の種類はすごいですね!見たこともない魚がうじょうじょいるので楽しめそうです。

  11. だい より:

    オーストラリアはダイビングスポットがたくさんありますね!人生で一度は体験してみたいですが、やはりまだ怖い気持ちのが強いですww

  12. ひかり より:

    オーストラリアには一度行ってみたいと
    思っていました!
    ダイビングが好きなので
    自分の好みの場所だと思います。
    気になる場所です。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ