ジョホールバルへ移住…仕事の求人は?失敗したと後悔しないための条件。「ジョホールバル移住への道」やブログで賃貸での生活費やビザについてチェック


 

 

物価が安く親日の南国マレーシアは、日本人の移住先候補No.1。

その中でも、シンガポールに近いジョホールバルを移住先として

検討する人も多い。

 

 

ただ、現地に住んだこともない人が情報を上げていたりするので

実際の様子が分からない。

 

そこでこの記事では、現地へ長期滞在した体験をもとに

現地の仕事や条件などをまとめてみる。

 

 

 

ジョホールバルへの移住のマイナス面

 

 

ジョホールバルはシンガポールに隣接する位置にあり、

マレーシアの中でクアラルンプールに次いで人口の多い街

 

2006年からイスカンダル・マレーシア開発計画という

大きな開発が行われているため、急速な発展を遂げていることも

人気を後押ししている。

 

 

しかしジョホールバルへの移住はいいことばかりではない。

 

 

まずは、日本人がよく気にする治安。

 

ジョホールバルを含むマレーシアは、日本の

アーティストであるガクトも移住しているように

日本人に人気の場所ではあるが・・・

 

思ったよりも治安が良くないのは

長期滞在してみて気づく部分。

 

 

海外生活をしていて、このフィリピンの場合は

安くてもお得に感じるものがあるが、マレーシアの場合は

「値段相応」というのが実際の感覚。

 

ジョホールの物価が思ったよりも高いと

語っていたのは、現地が長い順平だった。

 

 

そして、ここがイスラム教の国であるというのは

意外に忘れがちなところ。

 

日本人が移住してしばらくは、

文化の違いに馴染むのに時間がかかる。

 

 

もともとはイギリス領だったこともあり、

アジアの中で英語は通じるほうだが・・・

 

やはり世界第3の英語国

フィリピンほどではない。

 

 

 

それでもあるジョホールバルへの移住の魅力

 

 

こうした様々な問題点はあるものの、いまだに

日本人のリタイア後の海外移住先として

人気ナンバーワンのマレーシア。

 

ここは長期滞在ビザの条件が人気に伴って厳しくなりつつあるが、

それでも他の国に比べてまだまだ取りやすいのは確か。

 

 

やはり日本の東京や大阪よりも物価は安く、

生活費は全体的に下がる。

 

何より、日本の高級マンションのように

プールやジムのあるコンドミニアムで、基本家具付き。

 
月7万円かからずに

こうした物件を借りれるのはいい。

 

ちなみに俺が住んでいたフィリピン(マラテ)の

コンドミニアムは、家賃が約2万円だったが(笑)。

 

 

ジョホールバルの医療技術がそれなりに高い

というのは、特に高齢になってからの移住には安心できる。

 

安心という点では、日本のように自然災害がそれほど

多くないのもやはり大きな要素。日本の場合は、原発など

二次災害の不安もある。

 

 

同じく人気のシンガポールにも

アクセスしやすいこと。

 

教育移住で一時注目されたが、英語だけでなく

中国語も学びやすいのはいい。

 

 

海外不動産投資に興味があるあなたにとっては、

土地付物件をあなた名義で所有できるという

ジョホールバルならではの魅力もある。

 

 

 

ジョホールバルへの移住で問題になる仕事。求人は?失敗しないための必須知識

 

ジョホールバル移住を考えた際にネックになるのは

仕事のことだ。

 

ジョホールバルへ移住してから日本での就職活動のように

求職をしたところで、割のいい仕事などなかなか見つからない。

 

 

日本人を相手にするような仕事が多いが、月給も安く、

そのくせ競争率も高いのである。

 

 

一つ知人の失敗談をご紹介しよう。

 

日本でサラリーマンをしていた彼は、

一度訪れたマレーシアの魅力にとりつかれ、

 

一念発起マレーシアへの移住を決意。

 

そして実行した

 

 

大した準備もしないまま、

 

発展が見込める場所であること、

家賃が安いことを理由にジョホールバルへ。

 

 

現地で職探しとなったが、

 

幸い彼は英語が堪能であったため割と求人がたくさんあり、

スムーズに仕事は見つかった。

 

 

そこで数年頑張ったのだが、文化に馴染めなかったことと、

やはり給料が安いことが問題となった。

 

 

気を付けることとして、

 

マレーシアは物価が安いと思われがちだが、

実はそう安くはない。

 

 

安い給料では夢見ていた暮らしは出来ないのである。

 

 

彼は結局日本へ帰ってくることになったが、

また仕事を探さねばならないし、

何よりとても落ち込んでいた。

 

 

これから移住を考えているあなたには

そのような思いはしてほしくない。

 

まず移住を考える際には仕事をどうするのか、

事前に考えておくことが大事だ。

 

 

現在日本で仕事をしており、

 

そのまま移住した後も同じ仕事が続けられると

いうのが一番理想の形だろう。

 

 

甘い考えで思い立って移住をすることは大変危険なので、

よく考えるようにしていただきたい。

 

 

 

ジョホールバルやクアラルンプール、

マニラやセブなど世界のどこに

移住しても尽きない安定収入を得る方法

 

 

海外への移住に慣れていないあなたに。ジョホールバルへの移住の条件は?

 

それではジョホールバルへの移住の条件は

どのようなものになるのだろうか。

 

 

まず先述したように、仕事を用意しておくこと。

 

不労所得があるというのが何よりだろうが、

それはなかなか難しいことだ。

 

 

海外に移住しても出来る仕事、

例えばWeb上で出来る仕事など。

 

 

そういうものがあれば世界のどこへ行っても

インターネット環境さえあれば仕事が出来るだろう。

 

 

バイタリティのある方は現地で会社を設立し、

自営業で稼ぐという形も良い。

 

 

余裕のある暮らしをしたい場合は、

現地で仕事を探すということは難しいので

まずはどこにいても収入の得られる環境づくりを整えよう。

 

 

あとは英語力が必要となる。

 

 

マレーシアではマレー語・中国語・英語が

公用語として使われている。

 

 

どこでもスムーズに英語で通じるわけではないが、

割と通じやすいので英語を使えるようにしておくと

良いだろう。

 

この国に住むと3か国語が使えるようになるという理由で、

子どもがいる人にもマレーシアは人気である。

 

住んでからマレー語・中国語は勉強していくと良いと思いが、

事前に英語だけはある程度マスターしておこう。

 

 

そして気になるのが、

ジョホールバルへ移住した際の生活費だ。

 

物価が安いとはいえ、

実際どのくらいかかるのだろうか。

 

 

まず一番大きな割合を占めるのが家賃。

 

どのような場所を選ぶかによるところではあるが、

 

日本人が安心して住めるプール付き

コンドミニアムであると10万円ほどかかってくるだろう。

 

 

食費はほぼ外食だとして1人で4~5万円ほど。

 

ここまであまり日本と変わらない印象ではないのだろうか。

 

 

しかし、ジョホールバルでは水道光熱費がとても安く、

数百円単位で済んでしまう。

 

 

あとは車移動がメインとなるのでガソリン代がかかってくる。

 

 

1か月の生活費として考えると、

およそ20万円あればとてもゆとりのある暮らしとなる。

 

 

日本でも同じ金額で暮らせると思われる方も多いだろうが、

ジョホールバルでのこの金額は特に節約などせず

食べたいものを食べ、過ごせる金額である。

 

 

日本と暮らしの質は全く違うのだ。

 

 

そんなジョホールバルへ移住する際、

ビザは簡単に取得できるのだろうか。

 

 

さっきも触れたが、

マレーシアは比較的簡単にビザが取得しやすい国。

 

なぜかというと、

 

マレーシア政府によって推進されている

マレーシア・マイ・セカンド・ホーム(MM2H)というビザが

あるのだ。

 

 

条件を満たせば発行してもらえ、その期間は10年。

 

そのおかげもあり、マレーシアへの移住者は年々増え、

今とても人気の移住先となっているのである。

 

 

MM2Hの取得にはメリットがあり、

マレーシアでの銀行口座開設が認められること、

 

車の取得時の税金軽減などがある。

 

税金軽減というのは、日本からマレーシアへ

車を持ち込む際の税金が免税となることだ。

 

 

また現地で新しく購入する際にも免税が

適用となるのである。

 

免税にはいくつかの条件があり、

税金の免除申請は日本とマレーシアそれぞれで

行わねばならず、注意点が多いためなかなか厄介。

 

 

事前にどのような手続きが必要なのかしっかり調べて、

必要であれば専門業者にも依頼して作業を進めよう。

 

 

 

憧れのジョホールバル移住への道はブログで学ぼう

 

ジョホールバル移住への道は少しずつ見えてきただろうか。

 

 

移住の夢を叶えるのはなかなか難しいと

お思いの方もいるだろうが、

 

現地の生活の様子を確認して

ご自身がこれから本当にどうしたいのか、

 

もう一度気持ちをしっかり確かめていただきたいと思う。

 

 

やはり頑張って移住をしてみたいのか、

それとも移住の夢は諦めるのか。

 

色々な人の実際の移住の様子を見てからでも遅くはないだろう。

 

 

現地での生活や雰囲気を知るためには

現地で暮らす人のブログを参考にするのが一番良い。

 

移住前準備しておく方がよいことや、苦労したこと、食や文化のこと、

現地の様子など様々な情報を得ることが出来る。

 

 

自分が面白いと感じたブログをご紹介しよう。

 

MM2Hビザでジョホールバル(マレーシア)に移住し、

 

不動産&海外投資&フリー作家で自由な日々!

ジョホールバル移住激アツ日記ブログ

https://ameblo.jp/obifukenja/

 

 

こちらは家族で移住された方のブログだ。

 

移住の実体験を詳しく書いてあるので、

海外移住を考える方にはお勧めである。

 

美味しい ジョホールバル

https://wakuwakuijyu.com/blog/jbyoshiko/

 

こちらは親子でジョホールバルへ移り住み、

自営業で生活している女性のブログだ。

 

 

現地の美味しい情報がたくさん載っており、

見ているだけで楽しくなる。

 

色々な方のブログを見て、移住について

しっかり検討していただければと思う。

 

 

 

まとめ

 

ジョホールバルへの移住についてご紹介してきたが、

いかがだっただろうか。

 

ジョホールバルへの移住が人気だが・・・

移住に失敗しないために必要な情報をここでご紹介してきた。

 

 

現地での仕事が見つけづらいことから

移住は難しいとお考えになる人も多いかもしれない。

 

しかしそこさえクリアすれば、

ジョホールバルへの移住はとても楽しいものなのだ

 

 

シンガポール移住は費用が掛かりすぎて諦めた方も、

ジョホールバルからなら簡単にシンガポールに

アクセスすることが出来ることはとても魅力的である。

 

 

今からも発展が見込めるジョホールバルへの移住を、

ぜひ前向きに検討していただきたいものである。

 

 

マレーシアは日本人の移住先としてとても人気であるが、

首都クアラルンプールは知っていてもジョホールバルについては

あまり知らない方も多かったのではないだろうか。

 

 

 

ジョホールバル移住を真剣に考えていたのは、

強面なのに心優しいことで有名な(笑)西成出身のデンちゃんだった。

 

 

そして、プエルトガレラのビーチで出会ったプエルトガレラ出身の女性

アジア移住、具体的にはジョホールバルに移住したのは仲間の雅通さん。

 

俺と同じく束縛されるが苦手な彼も(笑)、

海外での南国生活をのんびり楽しんでいる。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは10件です

  1. じゃけん より:

    ジョホールバルに住む?まして完全に日本から移住?こわっw>「資格ってね、
    足の裏についたごはん粒と同じなのよ。
    取らないと気持ち悪いけど、
    取っても食えない」
    この人うまいこと言うなぁ~・・・
    そう感心したのは(笑)
    監査法人で1代上の先輩だった
    立川さんだった。
    【ジョブズの至言】
    2011年10月5日、
    渋谷のあるIT企業のオフィス。
    ジョブズの死を伝えるニュースに、
    しばし言葉を失った。
    生前の彼のスタンフォード大卒業生に向けた
    伝説と呼ばれるスピーチの中で最も好きなクダリは
    「点と点がつながった一つの線だと気づけるのは、
    後から振り返った時だけだ」。
    挫折に事欠かない人生だが、
    俺に起きた一つの出来事(点)は
    会計士受験の失敗。
    しかし、今振り返ると
    「心から」受からなくて良かった。

  2. ペタロー より:

    最近は多くの芸能人が東南アジア諸国に移住していますもんね。ジョホールバルも人気のひとつとこの記事で知りました。
    治安があまり良くないというのは心配ですが、医療費が安いというのはプラスですね!

  3. あのちゃん より:

    マレーシアよく聞きますね~。治安悪いのは知らなかったです、、、
    家賃も安くて、リゾートぐらしなのは夢ですね!
    年とったら病気怖いから医療費安いのはプラスですねー!

  4. おきあみ より:

    ジョホールバルという地名は初耳でした。
    英語が通じるのは安心感がありますね!

    温暖な国でのリタイア生活… 日本人の憧れですね~。

  5. おやゆび より:

    高齢になってからのマレーシア移住はよく聞きますね!住みやすくて良いところなんだろうなって思ってました!
    治安の問題は多少なら仕方ないと思いますがしっかり調べたほうがよさそうてすね!
    色々と勉強になります!

  6. やすひろ より:

    文化の違いに慣れるまで時間がかかったとしたも慣れちゃうあたりが人間らしさな気もします。七万払えば高級な家にも住めるのは良いですね。

  7. テラ より:

    プールやジムがあって家具付きで7万円なんて良いですね。医療技術がしっかりしているのも高齢になってから安心です。
    あとは治安がよければなあ、完璧なんですが・・。日本の治安の良さをつくづく感じます。

  8. ゆき より:

    やっぱり治安は一番気にします。決して日本も治安がいいわけではありませんが。生活費が日本より安いのと自然災害が多くないのはうらやましいです。

  9. toki より:

    ジョホールバルはサッカーのW杯へ日本が初めて出場を決めた場所なので、名前は知っております。マレーシアの都市なのは知りませんでした。
    治安や物価、宗教的な問題はありそうですが、魅力も多いですね。

  10. ひかり より:

    海外に住むのって
    憧れはありますが
    やはり治安がいい場所がいいですよね。
    物価が安くても住みやすい土地がいいです。
    日本が一番かな!

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ