オーストラリア就職のメリットとデメリットとは?


 

 

あなたはオーストラリアで就職したいと

思ったことはあるだろうか?

 

 

 

最近、俺の身近でオーストラリア就職を考えているのは

仲間の岩永さんだ。

 

 

 

 

 

オーストラリア就職のメリット

 

 

何しろ先進国のオーストラリア。日本人が現地で

働く場合も、日本より最低賃金が1.5倍以上高くなっている。

 

自分のした仕事にしっかり金銭的な見返りが欲しい

あなたには、こうした国での大きな報酬は魅力。

 

 

アメリカと中国に次いで、世界で3番目に在留邦人が多い国。

当然働いている日本人も多いが、自分の国の人と接することができるのは

安心感がある。

 

海外で仲間以外に会いたくない

俺にとって、これはマイナスでしかないが(笑)。

 

 

海外はこのオーストラリアも含め転職が当たり前なので、

やりたい仕事で自分をチャレンジしていける。そして

性別や年齢が関係なく、やる気と実力で勝負できるのもいい。

 

 

オーストラリアの親日度合いが高いところも、

現地で働く日本人にとってはありがたいところ。

 

そして先進国でありながら治安が良く、

また雄大な自然を休日に楽しむことができる。

 

自然災害が少ないのも

個人的にメリットと感じているところ。

 

 

 

オーストラリアに移住しても仕事に

困らないのは、自分のビジネスからの

収入があるから。就職先に依存しない

経済力の構築法とは?

 

 

 

 

オーストラリア就職のデメリット

 

 

他の国と同様に、このオーストラリアでも

やはり外国人より自国民の採用を優先する傾向があること。

 

 

そしてここは英語ネイティブの国であり、

それなりの英語力が多くの仕事に必要とされるという点。

 

かつこのオーストラリア英語にキツめの訛りがあるのは有名で、

多くの日本人にとっては聞き取りづらい。

 

俺もかなと一緒に行ったカモテス島、オーストラリア人ミックの

Airbnbの部屋では彼との会話になかなかてこずった(笑)。

 

 

またこれもオーストラリアに限らないが・・・海外では学歴が見られ

多くの仕事で大卒以上が求められる点が、不利な人には不利に。

 

 

何しろ日本以上の生活費の高さなのは、

オーストラリアの都市部。

 

外食が中心になった場合、大ざっぱな味が

日本人に合わないという声も。

 

車がないとどこにも行けないというのは、

オーストラリアの広大な大地が裏目に出たケース(笑)。

 

 

 

偽装結婚の過去を持ち、オーストラリア移住やオランダでの就職経験があるのは

フィリピンのミンダナオプエルトガレラのビーチストラスブール観光が好きな

移住仲間の芳和。

 

俺と同じく、ムックよりガチャピンが好きな男だ(笑)。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ