「ネット恋愛」初めて会うまで!会う前に付き合うのはNG?


 

 

流行りのネット恋愛だが、初めて会う時は

当然ながら緊張するもの。

 

不安と期待が入り混じったあの独特の感じには、

経験した人しか分からない非日常的な刺激がある(笑)。

 

 

ネット恋愛が普及し、年齢や立場、場所を超えて

出会う機会が広まったものの・・・

やはり顔が見えない怖さも。

 

そこでこの記事では、

ネット恋愛で相手と初めて会うタイミングで

ぜひ知っておきたい必須事項を紹介する。

 

 

 

 

 

ネット恋愛で初めて会う前にしておきたいこととは?

 

 

 

おすすめしたいのは、直接会う前にLINEやskypeなどで

何度か会話をしてみること。直接声を聞いたり顔を見れば、

その人の人となりが見えてくる。

 

ネット上でアピールできる良い部分ばかりではなく、弱さや

ダメなところもさらけ出してくれるかどうか・・・個人的には

こういった部分が判断基準の一つ。

 

 

そして直接会えるようになったら、デートを重ね

相手をよく知っていくこと。

 

ネットでの恋愛は、きっかけがオンラインというだけであって

出会った後に必要な努力は、普通の恋愛と同じだ。

 

 

俺の経験だけでも、短期間でこれだけのネットを通した出会い。

しかも、物理的な場所や年齢も越えてこれだけの人と恋愛ができたのは

やはりインターネットのすごさだ。

 

何より、国籍まで超えてくるのが

ネットの驚くべきところ(笑)。

 

出会うチャンスが拡がった分だけ、

恋愛には有利な時代といえる。

 

 

ただし日本でもよく事件になっているように、見知らぬ人との

出会いには、特に女性にとって大きなリスクもある。

 

ネット上には自分の良いところだけをアピールするタイプの人も

多いので、プロフィールやタイムラインだけだと実際どうなのか

分からない部分も多い。

 

 

だからこそ、会う前に相手を少しでも知るために

声を交わすことを忘れずに。

 

日本人は恥ずかしがるのだが(笑)、できればビデオ通話で

表情やふるまいまで確かめておきたい。

 

 

 

 

 

ネット恋愛で初めて会う。相手が遠距離の時はどうする?

 

 

 

ネットでの出会いなので、当然

相手が遠方に住んでいるということもあるだろう。

 

これは逆にチャンスと言える。

というのも、相手の本気度が確かめられるからだ。

 

 

あなたが女性なら、

相手が来てくれるかどうかを試してみよう。

 

逆に男性のあなたが真剣なら、それを証明するために

ぜひ時間とお金を使って会いに行こう。

 

 

 

 

 

ネット恋愛で会うまで。うまくいく秘訣とは?

 

 

ネット恋愛と言えば、LINEやメッセンジャーはもちろん、

外国人がよく使っているWhatsappやWechat、

Viberやカカオトーク、imo、ハングアウト・・・

 

これらメッセージアプリを通じた

テキストのやり取りが中心だ。

 

 

会うまでうまくいくには、

やはりコツというものがある。

 

 

 

長々と書かない

 

テキストだと急に饒舌になるタイプがいるが(笑)、ここは

意識して、直接対面か電話できちんと伝えられるようになりたい。

 

特に気持ちをしっかり伝えたいことは、テキストではなく

せめて電話に。顔文字や絵文字を使っても、やはり文字だけで

感情を伝えるには限界がある。

 

 

とにかくマメに

 

テキストが便利なのは、相手の時間を奪わずに情報を届けることが

できる点。相手が読みたい時間に読むことができるので仕事の邪魔にもならない。

 

そして、やはりマメに連絡が来ると

「愛されている」と感じるもの。

 

これは仕事もそうで、マメな人ほどやはり仕事ができる傾向にある。

「接触回数の法則」つまり相手との接触の頻度で好感度が上がると

いうのは、このテキストでかなり活用できる。

 

 

名前で呼びかける

 

個人的に大切だと感じるのは、テキストの中で相手の名前で

しっかり呼びかけてあげること。

 

これは会っている時も当然そうだが、文字でも意識すると

よりあなたの好感度を上げることが可能に。

 

 

「LINEで別れを切り出されました・・・」恋愛に敗れ

泣きそうな声で連絡してきたのは、霞ヶ関の監査法人時代の後輩トモ。

 

 

最近は遅刻や欠勤の連絡もメールでしてくる人がいる

というのに驚いたが・・・

 

LINEやメールなら直接声を交わす必要がないためインスタントであり、

恋愛も含めこうした楽なほうに逃げる人が増えている。

 

個人的には、そんな大事なことをメールだけで終わらせるような人

とは恋愛関係を解消したほうがいいと思っている。

 

 

先輩の深谷さんから学んだのは、お礼やお願いごと、謝罪、

内容的に長くなることはLINEやメールではなく電話ですること。

 

とにかく大事なことこそ、テキストに逃げないことだ。

 

 

テキストだと待ち合わせもしやすいし、

事務連絡において記録を残すのに便利。

 

また画像や動画を見せることができたり

地図を示すことができたり、人の会話を転送することによって

話のネタになったりといろいろ便利な面がある。

 

スタンプやスティッカーにも様々なバラエティがあり、

恋愛での電話不足を補うべく表現力の幅が広がってきた。

 

 

それでも、大切なことを伝えるなら

 

やはり感情や細かいニュアンスが伝わるアナログ、

つまり電話や直接会うこと。これは恋愛でも大切にしたい。

 

 

いくらスタンプを使っても伝わらないのは

あなたの感情。そしてつかめないのが、恋愛相手の

今の本当の気持ちだ。この点、電話は強い。

 

電話なら恋愛相手の声色から雰囲気を察することができるし、

リアルタイムのやり取りによってちょっとした誤解も

すぐに解消できる。

 

 

タチが悪いのが、テキストで延々と続くケンカ(笑)。

恋愛相手に本心が伝えきれず泥沼になるが、電話なら一瞬で

仲直りできたりする。

 

 

恋愛は人間同士のコミュニケーションの究極の形なので、

細かなところまで丁寧に相手の気持ちを汲んだり

伝えることが必要になる。

 

会って話すのがもちろん一番いいが、お互いに忙しい

現代人はやはり電話が必須と言える。LINEのようなアプリを

使っていてもコール機能を積極的に使いたい。

 

 

 

ところで、女性は特に嬉しいことがあった時や

寂しい時、落ち込んだ時は相手の声を聞きたくなるもの。

 

電話の頻度については様々な意見があるが、

仲良くなるほど頻度を上げるといい。よくデートをする関係なら

3日に1回ぐらいがいいが、これは当然カップルによって変わる。

 

 

「恋愛相手と電話でよくケンカしてしまいます」

 

「それでいいんだよ」

 

無責任ではなく本気でそう答えたのは、セブの

ウォーターフロントホテルのロビーにいる時

LINEでコールしてきた後輩のナツに対して。

 

 

俺が和光にいた頃、当時の恋愛相手のまちこちゃんとは

毎日のように固定電話で話をしていた。

 

あの子機のバッテリーがなくなるまで何時間も

しゃべっていたのを覚えている(笑)。

 

 

 

 

 

ネット恋愛で会う前に付き合うのはOK?

 

 

特に男性は顔がタイプというだけで、会ってもいないのに

付き合いたいという気持ちになっていることも少なくない。

 

俺もそうだったことがあるので

その気持ちはよく分かる(笑)。

 

 

ただし、やはり会ってみないと分からないことが多い。

 

食事のマナーだったり、そもそも匂いが苦手だったりと

残念ながら人同士には「会う合わない」があるから。

 

 

オンラインのみの段階で付き合い始めたが、

実際会ってみて違ったという場合

 

連絡の頻度が下がったりフェードアウトしたりと

気まずい展開になりやすい。

 

 

ネットは出会いのきっかけと割り切り、できれば

初デートから普通の恋愛と同じように進めていきたい。

 

 

 

 

 

「ネット恋愛で会うのが怖い」顔写真交換していたが会ってみたら違っていた…そんな時は?

 

 

初めて会ってみたら顔が全然違っていた・・・

これはネット恋愛でよく耳にする。

 

何しろ写真の加工技術が進みすぎている(笑)。

 

 

こんなことを避けるためにも、せめてビデオ通話をと

お伝えしてきたのだが・・・

 

実際会ってタイプではなく、二度と会う気がないのなら

はっきりとお断りしよう。

 

ネット恋愛で一度出会ったくらいなら

相手にとっても痛手ではなく、次の出会いに進めるだろう。

 

 

ただ、もう連絡を取りたくないからと

いきなりブロックをすることは勧められない。

 

感情的になった相手がサイコパスだった場合、

よくある怖い展開になりかねない。

 

 

 

 

ところで、ネットといえば

いわゆる「オタク」が思い浮かぶ。

 

 

あなたはオタクと恋愛したことがあるだろうか?

 

俺はある(笑)。

 

 

何しろ当時コスプレイヤーとして

関東で有名だったヒロちゃん。

 

吉祥寺のスタバでは何度も、恋愛そっちのけで(笑)

独特のオタク話を楽しく聞かせてくれた。

 

 

 

 

 

オタクの恋愛観の特徴

 

 

関東の10代から30代にアンケートしたところ、

「オタクと自覚している」「他人からオタクと言われる」

を合わせた割合が何と40パーセント弱。

 

オタクの定義はいろいろだが・・・とにかく

何かどっぷりハマっている趣味があることに間違いはない。

やはり恋愛観も独特なことが多いのは確か。

 

俺の元カノ、ヒロちゃんの場合は

それがコスプレやアニメ、漫画だった。

 

 

オタクの場合、とにかく自分の趣味が第一であるため

恋愛中心になりづらい。そのせいか、どこか余裕があるのが

オタクの魅力でもある。

 

俺が苦手なのが、彼女と恋愛が生活の中心になっていて

相手に振り回されている男性(笑)。余裕のない男は

どうしてもみっともなく見えてしまう。

 

そして、大好きなことに打ち込んだり語っている人は

独特のオーラを放つ。何かに没頭している人というのは

やはり魅力的だ。

 

 

 

 

 

オタクとの恋愛がうまくいくには

 

 

まず、そのオタクが恋愛に興味があるかという

当たり前のことを確かめておく必要がある。

 

 

また、オタクにもレベルがある。人としてのモラルや会話力、

社会との適合性があまりにも人とかけ離れていなければ

もちろん恋愛対象になる。

 

むしろオタクがいいのは、自分の大好きなことに対して一途で

ポリシーがあるため、フラフラしづらいこと。

 

浮気や不倫に走る人というのは、軸がなく

誘惑に負けやすいことがほとんど。

 

ただ、お金のかかる趣味に没頭している相手だとしたら

金銭管理のアドバイスもしてあげたい。

 

 

最もオタクとの恋愛がうまくいくのは、あなた自身が

その趣味に興味を持って歩み寄ってあげること。

 

同じ趣味を持てば恋愛がうまくいくのは確実だ。

 

 

一方であなた自身がオタクだとしたら、

同じ趣味のオタクを見つけるのがうまくいく方法。

 

今ではオタク専用の恋愛

婚活サイトというのもある。

 

 

やはり、オタクでもモテる人というのは

その没頭している趣味以外のスペックも高い。

 

清潔感など見た目に気を使う、自然な気遣いや傾聴・・・

コミュニケーション能力を高め魅力を上げていくのが
オタクのモテる道と言える。

 

 

 

ネット恋愛のポイント、モテるための

考え方、経済的自由人になる方法を学ぶ

 

 

 

 

男女の恋愛心理の違い・・・

 

これはネット恋愛に限らず、世の中が女と男に分かれている限り(笑)

永遠のテーマだろう。

 

 

この恋愛心理の違い、そして心理学を恋愛に活かすテクニックを

教えてくれたのは久米川にいるビジネスの先輩マオさんだ。

 

 

 

 

 

女性の恋愛心理

 

 

女性の場合は劣等感があったり、自分にコンプレックスが

あったりして自信がない、恋愛が怖いという人が多い。

 

心理的な恐怖感を恋愛に対して抱いている人が、

驚くことに約半数も。

 

また彼氏に浮気された過去を引きずっていて、

「男性なんてみんなそんなもの」と高をくくっていたりする。

 

 

恋愛に対する憧れや期待はありながらも、

怖さのほうが強いというのが

特に日本人女性に見られる恋愛心理だ。

 

 

 

 

 

男性の恋愛心理

 

 

男性の場合は基本自分からアプローチするスタンスなので、

心理面も単純で分かりやすいのが恋愛の特徴。

 

ただ男性にも個性があり、慎重に攻めてくる人と

分かりやすく猛アタックしてくるタイプがいる。

 

 

また男性の場合は女性よりもデートのハードルが低く、

気軽に二人で逢ったりするが・・・やはり本気の女性に対しては

その姿勢が違ってくる。

 

相当マメでウワテな男性というのもいるが(笑)・・・

 

あなたの言ったことを覚えてくれている、記念日を大切に

してくれるなど、言葉ではなく行動でしっかり示してくれる男性は

あなたに本気の証拠。

 

こうした人なら、

恋愛のパートナーとしても信頼できる。

 

 

ちなみに、いわゆる「恋愛の心理テクニック」

というものが確かに存在する。

 

 

よく言われるのは接触回数の法則。

 

とにかく接触している回数が多いほうが心理的に

お互いに好意を持ちやすくなるということは、実際

職場恋愛が多いことからも分かる。

 

 

好きになってくれた人に興味を持ち

逆に好きになるという返報性の法則も。

 

 

また、3回目に逢う時に

相手の印象が固定されるという3セットセオリー。

 

 

ゲインロス効果、つまりギャップ萌えを

あえて狙ってみるのも一つ。

 

 

弱いものを守りたいという男性の心理を

うまく利用できる女性は恋愛上手だ。

 

自立した強いところばかりではなく、

たまにはあえて弱いところも見せてしまおう。

 

 

セールスにも使えるのがダブルバインド。

 

「日曜日のデートどうする?」ではなく、最初から

「日曜日のデート、渋谷と新宿どっちにする?」

と聞いてみる。

 

 

初デートの時間は短めにする。できれば

大学の授業の一コマくらいがベスト(笑)。

 

最初は短いデートを回数こなし、新鮮味を残すことがコツ。

「物足りない」「また会いたい」と思わせること。

 

 

相手がコーヒーのカップを持ったらあなたも持つ、

微笑んだら自分も微笑むというミラーリングも効果がある。

 

 

 

 

 

先日も、相談を受けたが・・・

ネットでの出会いも含め「恋愛が怖い」と思ったことは?

 

 

女性を喜ばせることが生きるモチベーションであり、

デートが何よりの楽しみである俺の場合は

恋愛が怖いなんて思いは一度もないが(笑)・・・

 

俺の周りには過去の恋愛がトラウマになり、

次に一歩踏み出すのが怖いという人が少なからず。

 

 

最近では、麻布十番で小料理屋をやっている

みーちゃんがそうだった。

 

 

 

 

 

恋愛が怖い理由

 

 

なんと45パーセント以上の日本人女性が

恋愛を怖いと感じている現状。

 

恋愛はワクワクする反面、やはり過去の失敗はもちろん

周りの体験談などを耳にして怖いと感じる部分も多い様子だ。

 

 

恋愛が怖いと感じる理由の根っこにあるのは、

本人の劣等感。ほとんどの日本人が感じる「自信のなさ」が、

恋愛を怖いと感じる心理につながっている。

 

また、かつて元カレに裏切られた、元カノが

信用できない人だったなど、過去の恋愛の傷跡が

癒えていないことも次が怖いと感じる理由に。

 

 

一方で、俺のふみえちゃんに対する例のように(笑)

片思いで告白できずに終わってしまった場合。

 

それを今も引きずっていて、

一歩踏み出すことを躊躇する原因となる。

 

 

そもそも性格的に「恋愛が怖い」と感じる人の特徴は、

必要以上に傷つくのを恐れる人。また女性なら、

男性が苦手というタイプも同じ。

 

 

 

 

 

恋愛が怖い場合の克服法

 

 

恋愛恐怖症をあえて克服しようとせず、

そのままの自分を受け入れてしまうのも一つ。

 

何よりもまず、自分自身を否定する自分を見つめ直し

自分を好きになるところから始める。焦らず、ゆっくり

時間をかけていい。

 

 

前に踏み出せる気持ちになってきたら、自分がなぜ

恋愛を怖いと思うのかを全て紙に書き出してみること。

 

自分への自信のなさや過去のトラウマなど、

思い当たることを一つ残らず書き出す。

 

怖さは、その正体が分からないからこそ怖い。だから

その正体をまず明確にするところから始めよう。

 

 

次に、その怖さがバカバカしいということを

はっきりと理解する。

 

自分に自信がないと言うが、そもそも完璧な人は一人もいない。

それ以上に、あなたにはそれを補って余りあるほどの長所がある。

 

また、過去の人は過去の人。別の新しい出会いを求めている以上、

その過去の人をこれから出会う人の参考にする必要もない。

不幸は比較から始まる。

 

 

最後に「本当の出会いに別れは来ない」という事実を

かみしめること。

 

今までの出会いは本当ではなかった、だから終わった。

何かを学ぶために現れた人だったと割り切ればいい。

これから振られることも恐れる必要はない。

 

恋愛は、人間関係の究極の形。仮にうまくいかなかったとしても、

そこからたくさんのことを吸収して学び、磨かれて成長したはずだ。

 

 

 

 

女性のあなたは、ネットで出会った恋愛相手の

男心が分からなくなったことがあるだろうか?

 

 

結婚はいらないと言いながら

数多くの恋愛を経験してきた男が(笑)、

男心について語ってみる。

 

 

 

 

 

ネット恋愛と男心

 

 

複雑な女性に対して、恋愛中の男子の

男心と行動はとても明快で分かりやすい。

 

男は基本単純なので、視線や仕草といった

ちょっとした行動に好意が表れる。また、女性と違って

恋愛対象に男心や好意を伝える時もストレートな表現が多い。

 

女性のあなたからすれば難しいと感じることはなく、

むしろ可愛いらしいと感じるはず。

 

 

また、男性が恋愛で本気で好きになった場合は

男心を思いっきり全面に出して猛アタックしてくるタイプと

むしろ慎重で丁寧になるというタイプがいる。

 

いずれにしても、返信が遅すぎたり

扱いが雑な場合は本気ではない可能性が高い。

 

 

そもそもの話だが、男女の恋愛観は当然かなり違っている。

男心以前に、男性はやはり女性の見た目を重視する傾向に。

 

分かりやすく綺麗で可愛い人はモテるし、そうでない女性は

その男性の許容範囲によって変わってくるということ。

 

 

 

 

 

ネット恋愛中の男心を探る方法

 

 

恋愛で男心を探るなら、まずは

あなたとの距離の近さに注意。

 

居酒屋やバーのカンターで横に座ってみるといい。

 

 

次に、目線や目の動きに注目する。

 

ふと気がつくと男性があなたを目で追っていたり、

目が合うことが増えたらやはり気になっている証拠。

 

目が合ってすぐに目をそらすのも、恋愛している男の

分かりやすい男心を表している(笑)。

 

 

最後に、恋愛に本気な男性ほど

緊張しているのが分かる。

 

もちろんこれは、女性慣れの度合いで変わるが・・・

緊張が伝わってくるほどなら、やはりあなたに好意がある。

 

さらに、そんな中でもあなたのことを知ろうと一生懸命

質問をしてくるなら疑いがない。

 

 

それ以外にも、2人で会う誘いを断らないのは

あなたに気がある証拠。いくら男性と言えども、

どうでもいい女性と何度もデートはしない。

 

恋愛対象に自分のかっこいいところを見せたがるのも男心。

元カレや今までの恋愛のこと、あなたのタイプを聞いてくるのも

あなたに興味があるから。

 

 

ちなみに、男性には釣った魚に餌をやらないタイプが多いが

これは男心の一部でもある。

 

一度つながってしまえば、自分のものになれば

連絡の頻度に関係なく気持ちがつながっていると考えるためだ。

 

だから、相手からの連絡が少なくなっても

必要以上に心配することはない。

 

あなたをくどく最初の頃の相手のテンションが

一番高いと覚えておけば、後になってそれほど

がっかりすることもないはず(笑)。

 

 

 

 

「ネットでのやりとりも含め、恋愛そのものが

めんどくさいんですよね・・・

 

デートも記念日で準備したりとかも」

 

 

恋愛に対し低体温状態なのが明らかな将司が(笑)

遊びに来たセブのホワイトサンズで、サンミグライトを

飲みながらそう語る。

 

 

申し訳ないことに

俺には1ミリも理解できなかったが(笑)・・・

 

若い仲間からチラホラそういう話を聞くので、

恋愛がめんどくさいという心理を掘り下げてみた。

 

 

 

 

 

恋愛がめんどくさいと感じる理由

 

 

日本人はお一人様が好き。

 

男女ともに一人でも十分に楽しいという人がたくさんいて、

自分の時間を邪魔されたくない、自分で自由に決めたい

という人が多いのも、恋愛がめんどくさいと感じる理由。

 

 

恋愛以前にそもそも人付き合いが苦手で、

コミュニケーションが下手くそと自覚している場合も

めんどくさいと感じる。

 

 

また恋愛以外の日常が楽しいケース。

 

仕事はもちろん、入れ込んだ趣味や友達との人間関係、

家族との関係など日々が充実している人も、恋愛のために

予算や時間が取られてしまうなら「あえて恋愛はいい」と語る。

 

特に受験生だったり、資格など何か目標を決めて

取り組んでいれば、その時間がおろそかになってしまうのも

相手によっては確かだろう。

 

 

 

 

 

恋愛がめんどくさい場合の解決策

 

 

まずは開き直って、恋愛など二の次だと

割り切ってしまうのも一つ(笑)。

 

最近響いた言葉に、

 

「あなたが本当に大好きなことを見つけ

それに一生懸命取り組み、活き活きと輝いている時に

本物の出会いが訪れる」

 

というものがある。

 

めんどくさいと思う恋愛なら、

今はあえてそれを求めないという選択肢だ。

 

 

それでも恋愛は成長できる機会なので、

やはり恋愛はしたいと感じるなら・・・

 

恋愛対象を探すのではなく、まずはたくさんの人と

会ってみること。その中で心地良く感じる人と、

気楽な感じでやり取りを始めてみる。

 

 

また「付き合ったら毎日連絡する」「毎週デートする」

などと決めるのではなく、会いたい時に会えるような関係を
つくってみること。

 

そういった一人の時間を大切にする男女は

たくさんいるので、同じ感覚同士なら

むしろ長続きする。

 

 

付き合ったからといって、恋愛を中心にすることもない。

恋愛は人生の一部だと考え、もっとライトな気持ちで

相手と向き合えばいい。

 

その中で、いずれ

本当に一緒にいたいと思える相手に出会える。

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

ネット恋愛で相手と会う前にしておきたいことなどを

紹介してきたが、いかがだっただろうか?

 

 

思い起こせば、今までネットでの恋愛は

かなり経験してきた。

 

 

2007年から使い始めたのは、当時ネットで流行りつつあった

ミクシィ。同じコミュニティの人達とお茶をし、その中の何人かと

恋愛関係になりお付き合いをした。

 

当時ミクシィには「同じ生年月日の人」が集まるコミュニティが

たくさんあったので、動物占いで自分と相性の合う誕生日の

コミュニティに参加し、そこにいる女性達と会うことをしていた。

 

こんなどうでもいいチャレンジをしていたのは、関東では

おそらく俺くらいだっただろう(笑)。

 

 

2010年頃からは、ツイッターやfacebook。

 

ここからはネットでの出会いもグローバルになり、渋谷で

デートしたロシア人エレナとも恋愛関係に。

 

何しろフィリピンの友達とはここで限りないほど出会いがあり、

そのうちの何人かとも付き合うことになった。

 

 

「ネットでの恋愛って、うまくいくんですかね?」

 

遅ればせながらfacebookにハマっているという

毛呂のテツから、そんなSkypeのコールが。

 

やはり年頃なので恋愛、特にネットでの出会いに

強い興味があるようだ(笑)。

 

 

 

メール講座で個性心理学での相性の見方を学び、恋愛を通じて

人生の行き詰まりをガツンと脱却した地元の小次郎。

 

同じマザコンの彼は、会社員と副業を続けながら

想像力を鍛えることに余念がない。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメント1件

  1. 凛玲 より:

    昔、ハンゲームと言うサイトでチャットで遊んでいてハン彼、ハンカノなんて言う名目で遊んでいる人がいました。実際に直アドでメールし合ってそういうのをメールで恋愛っていうんですか?私にはわかりませんが…

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ