海外移住者が語る「留学のメリット」を享受できる条件


 

 

留学のメリット・・・

 

 

やはり少なくないお金と時間がとられる留学だけに、

せっかく行くからにはそのメリットを明確に知っておきたい。

 

これはごく自然な心理だ。

 

 

ただ皮肉なことに、実際に留学に行って

そのメリットをしっかり享受できる日本人は多くはない。

 

まさに、付け焼き刃のような

1ヵ月の台湾留学に行ったテツのように(笑)。

 

 

 

 

 

留学のメリットを得るための条件

 

 

留学のメリットは、短期間に集中して学ぶことによって、

英語脳に切り替えるため脳に負荷をかけられること。

 

 

ご存じの通り、日本に暮らしている限り英語を使う機会が

ほとんどなく、その必要性も感じないので英語の勉強は

挫折してしまう人がほとんど。

 

俺自身も、インドでビジネスを始めるという切羽詰まった

状況になるまでは、教材を買っても全く続かなかった(笑)。

 

一方で、例えばリスニングを毎日10分やるのと、一カ月に数回

丸一日引きこもって集中してトレーニングするのとでは、後者

のほうが圧倒的な効果。

 

短期間の負荷のほうが英語脳が鍛えられることは、

すでに証明されている。

 

 

そのためにも、留学で最大限の効果を得るためには、

よくいわれることだが「日本人とつるまない」環境をつくること。

 

例えば、治安が良く留学に人気のカナダ。ここはとにかく

日本人の参加者が多く、すぐに定員が埋まってしまうほど。

 

同様に治安が良く、留学環境が整っていることで人気の

オーストラリアも、場所によっては日本人ばかりに囲まれる

ことになる。

 

 

こんな留学環境で英語力の伸びを期待できないなら、

ネイティブ英語ではないにしてもヨーロッパのマルタ辺りは

日本人が少なく、メリットを得られる条件が揃っている。

 

 

日本語で会話する機会を減らすと考えると・・・

 

日本人がいる場所でも「母国語を使ってはいけない」

というルールがあること。

 

さらにいえば、友達がつくりやすく、授業以外の

普段のコミュニケーションも自然に英語でできること。

 

こうしたことが留学を効果的に活かす条件に。

 

 

 

留学のメリットを最大限享受する

具体的な方法、そして経済的自由になる

手段を同時に学ぶ

 

 

 

 

メリットを得られる留学先

 

 

母国語を使ってはいけないというスパルタのルール、また

マンツーマンでみっちり一日中英会話の授業が受けられると

考えると、近場の南国フィリピンをおすすめする。

 

 

授業料が格安であり、また現地での生活費も低め。

 

何より今注目される、この世界第3の英語国。実際多くの人が

留学のためにやってきているので、国際感覚が身につく。

 

現地の人達はフレンドリーで、みんなが英語を理解するため

授業以外のコミュニケーションも英語力向上に役に立つのがいい。

 

 

それでも、フィリピン留学で場所を間違うと

日本人が多く、結局日本語を使うハメになってしまう。

 

人気のセブやマニラ辺りは日本人が多いので、

ネグロスのバコロドなど場所を選ぶようにしたい。

 

そもそも、日本人が経営している学校を

選ばないことも大切。

 

 

 

留学中にシンガポール教育をバシッと学び、

そのメリットを知り尽くしたモテ仲間の籾山氏。

 

偽装結婚の事実に傷ついて中国女性との上海生活を終え、

一人ルーマニア観光に出発した彼は俺と同じ元ネガティブ

の男性だ。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ