効果のある英語の発音矯正法3つ


 

 

「英語の発音を矯正したい!

今回は本気です」

 

 

 

そろそろ俺もそのセリフは聞き飽きてきたテツが(笑)、

またフィリピンに連絡をしてきた。

 

彼には、俺が実践して役立った

発音の矯正法を具体的に伝授した。

 

 

 

 

 

英語の発音矯正法

 

 

英語の発音は、日本人が英会話をマスター

しようとする際の鬼門であり、矯正できないまま

俺と同じように海外移住している人も少なくない。

 

というのも、日本語が全て母音で終わる言語であり

またカタカナ英語がたくさん使われ、実際の発音との差が

大きいことが矯正しづらい理由として挙げられる。

 

これは、中国人の友達タオがネイティブに近い発音で

英会話をすぐにマスターできたことから見ても明らか。

 

中国語や韓国語には子音で終わる言葉があり、それを

母国語にする彼らは日本人よりも英会話の発音をマスター

しやすいところにいる。

 

 

そんな中でも、発音を努力や工夫によって

ネイティブレベルに矯正した日本人というのは

俺の周りにもいる。

 

彼らは、こういった方法を実践して

発音を矯正している。

 

 

発音矯正法1:シャドーイング

 

何度も語っているが、これはyoutubeなどで

ネイティブの日常会話の動画を見つけ、彼らの後に

続けて声をかぶせるように同じ内容を口にする方法。

 

コツとしては、ゆっくりすぎる簡単な動画を選ばず

負荷がかかる多少難しい音声を選ぶこと、元の声が

聞こえないほど大きな声で言わないこと。

 

また上手にできない部分は何度も再生し直し、

スムーズに言えるようになるまで繰り返すこと。

 

 

発音矯正法2:洋楽を覚えて歌えるようにする

 

洋楽は、テンポの良いリズムの中でリエゾン、つまり

単語が続いて違う言葉に聞こえる現象を学ぶのに適している。

かつシラブル(音節)を学ぶのにもいい。

 

日本人が英会話の勉強をする時は

とかく真面目にやりがちだが・・・

 

映画や音楽のように楽しい方法だと続けることもでき、

また実際の効果もずっと上がる。

 

 

発音矯正法3:イメージフォニックス

 

これは、たくさんの日本人をバイリンガルにしてきた九州男児

本城先生のノウハウ。

 

フォニックスとはまさに発音矯正のことだが、これを日本人が

理解しやすい「イメージ」で実践できるように考えられたもの。

 

例えばSは、「タイヤから空気が抜ける音」(笑)

と同じように発音するなど。

 

これ以上の分かりやすい方法に出会ったことはない。

詳細はニュースレターでも案内していく。

 

 

 

誰でもすぐに実践できる発音矯正法を

より具体的に学び、移住できる自由を

手に入れる手段を知る

 

 

 

 

発音の矯正以上に大切なことは

 

 

とにかくカナダ人のトニーが語っていたように、

 

ゆっくりと大きな声で

はっきりと

 

話すのを常に意識すること。

これだけも、あっけないほど伝わるようになる。

 

恥ずかしいのか、日本人には小さくボソボソと話す人が

多いため、外国人にとってはとても聞き取りづらい

英語になっている。

 

 

そして、オーバーなくらい英語らしく

話してみるのもコツ。

 

英語を話す時はもともと別人格に変わるので、

いっそ日本人を捨ててやってみるといい(笑)。

 

 

 

発音を外国人との恋愛、特に

フィリピン人との恋愛で完全矯正した久本。

 

決めつける人の心理まで同時にガツンと理解した彼は、

俺と同じ天パのマッサージ大好き男だ(笑)。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ