起業家が語るサラリーマンの兼業


 

 

あなたは、日本でもサラリーマンの兼業が

増えているのをご存じだろうか?

 

 

 

あの調布に住む古い友達で、すでに20年以上サラリーマンを

続けているシゲでさえも・・・本業のSEでの収入がままならなく

なってきて兼業を考え始めた。

 

彼の場合やはり、愛すべき

赤ちゃんが生まれたことが大きい。

 

 

 

 

 

兼業を続けたサラリーマン時代

 

 

俺の場合は、3歳から住んでいる地元・和光市・・・まだここにいる

26歳の時に、遅咲きながらサラリーマンとして就職。同時に兼業も

スタートした。

 

アメリカ製日用品のダイレクトマーケティングということで、

最初は身近な人に声をかけることが多く、霞ヶ関の監査法人でも

俺の行動は相当浮いていたようだ。

 

 

1年目からさっそく、人事の会計士・中山さんに呼び出しを食らう。

 

「その副業やめるか、この事務所やめるか今選べ」

 

紅潮した顔でそう詰められた時のあの空気を、

今でもリアルに覚えている(笑)。

 

 

その数年後に出会ったオンラインビジネス。

 

今はサラリーマンを離れて数年経ち、こうしてフィリピンに移住して

楽しく暮らしているが・・・あの時に兼業をあきらめなくてよかった。

 

 

今の日本では副業に対して多くの企業が寛容になり、

兼業を考えていたり、すでに実践している人があちこちにいる。

 

 

実際サラリーマンが兼業に何を選ぶかだが、隙間時間を使って

小さなお金を稼ぐので満足できるなら、オンラインを通して

アウトソーシングされた仕事を受けていくことも可能。

 

本業の後や週末での一般的なアルバイトは、精神的にも肉体的にも

疲弊し、結果として長続きしないことが多いのでおすすめはしない。

 

 

 

サラリーマンが兼業し、コツコツ

続けた先に時間と安定収入を同時に

得られる手段とは?

 

 

 

 

サラリーマンに最適な兼業

 

 

ここでは2つ提案したい。

 

 

まずは、事業用不動産を持つという方法。

いわゆるサラリーマン大家さんだ。

 

ポイントは事業用というところであり、審査をパスして

融資を受けられるだけの投資の回収見込みがある物件を選ぶこと。

 

 

ただし様々な事情で審査が通らない、数千万円のローンを組む

勇気がないという人もいるだろう。

 

そんなあなたにおすすめしたいのが、情報発信ビジネス

 

わずかな初期投資で始められ、単にアウトソーシングで仕事をするのと

異なり、あなたが日々コツコツ継続した作業がいずれ資産となり、

手放しでも収入を生んでくれる価値あるものに変わっていく。

 

具体的には、ブログやメルマガなどのITシステムを活用すること。

 

ニュースレターでお伝えしている自己メディア構築法は、海外移住や

二重生活を可能にする具体的な手段。見逃さないようにしてほしい。

 

 

 

サラリーマンから海外法人のオーナーに転身してバコンと

海外移住バリカサグ島フィリピン美人スウェーデン人

仲間に囲まれて悠々自適に暮らす、仲間の北野さん。

 

元人見知りという俺と同じ過去を持つ彼も、

面白い生き方を実践している。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ