起業や独立をお勧めする本当の理由


2558417344_04e9d7478b_b

 

「手元に入るお金が10分の1になり、今より10倍忙しくなると

言われてワクワクするなら、起業や独立向き」

 

そう言われてひるむ人がほとんどだが・・・

 

 

実際に起業・独立し、10倍以上収入が取れて

10倍自由になった人が周りにごまんといる(笑)。

 

 

 

 

 

起業や独立への意欲を掻き立てたのは・・・

 

俺自身、起業して独立事業主になり、目標がある以上

プレッシャーはあっても、何しろストレスが全くない。

 

26で起業し、その後完全に独立する前の最後の会社は、

西新宿の上場を控えたIT企業だった。

 

俺は女性が好きで「女子のウケを狙って笑わせるのが全ての

モチベーション」などと言いながら(笑)、数年サラリーマンを

続ける中で、女性と職場で仕事をすることは苦手だと気づいていた。

 

ほとんどが建前だけで進行する多くの職場では、女性を含め人の

マイナス面ばかりが強調される気がしていた。

 

 

一番ダメだったのは、お互いを褒め合ったりする女性同士の

上っ面な会話。裏事情を知って背筋が寒くなった経験が(笑)。

 

彼女達は、共通の敵をつくることで結束したり、コミュニケーション

を深める。そして、自分が嫌われたときの対処法もしっかり押さえていたようだ。

 

 

そんな中でも出会った、ロジカルに思考でき、感情をコントロール

できる賢い女性。システム営業をしていた石島はまさにそんなタイプ

で、男性にはないきめ細かさと愛嬌を武器に、たくさんの成約を獲得。

 

こうした女性は、残念ながら本当に稀だった。
日本の会社しか見ていないが・・・

 

 

近くに座った女性社員達のどうでもいい会話を、常に強制的に

聞かなければならない環境から解放されたときの悦びと言ったら(笑)。

 

 

 

 

 

起業・独立してうまくいく人とそうでない人の違い

 

 

いろいろあるが、

 

自分が時間を忘れて打ち込めるもの
苦労しないで済むようなインフラ

 

を選んでいるかどうかの違いは大きい。

 

 

特に後者は、やはりWebなら小資本で起業でき、ランニングコストも

大きくかける必要がないため、精神的なプレッシャーなく

独立事業を進めることができる。

 

 

 

 

 

独立起業を勧めたい理由

 

 

起業や独立を勧めるのは、お金持ちになるためでも、苦しい

サラリーマン生活から脱出するためでもない。

 

それも大きなモチベーションになるのは違いないが・・・

 

 

起業をし、組織の後ろ盾のない中で

本来の自分自身で勝負すること。

 

つまりは、独立を通して成長できるのが、一番の理由。

 

 

 

成長を伴った成功の仕方とは

 

 

 

 

独立起業を決断できない2つの理由

 

 

これは独立起業に限ったことではないが・・・

人が決めるのをためらうのには、こんな理由がある。

 

 

できなかったときの自分を認めるのが怖い

 

俺自身、30歳のときの最初の小さな達成までの間、何度も達成を

望みながら、本気で決め切ることができなかった。

 

理由は、できなかったときのダサい自分を認めるのが怖かったから。

 

 

失うものを考えてしまう

 

例えば俺の場合、フィリピンへの移住によって、

家族や友達との日常が失われることは頭によぎった。

 

 

そもそも人は快楽よりも、痛みを避けるための行動に

モチベーションが強くかかる傾向にある。それは原始時代のなごりで、

痛みを避けた方が生存確率が高かったから。

 

しかし、痛みを避けても幸せになるわけではない。

本当に望むものを目標にしたい。

 

 

 

 

 

起業や独立を通して成長するためには?

 

 

自律する

 

独立すると仕事で指示されることはなくなるから、

セルフマネジメントが大切になる。

 

 

当たり前のことを極限レベルで

 

タクミさんから学んだのは、誰もができることを

誰もができない速さでやってみる、ということ。

 

 

ライバルではなく仲間をつくる

 

時代はとっくに競争から、共生に移っている。

 

利己的な経営者や事業主がこれから

どんどん淘汰されていくのは明白。

 

 

高めるより、一定にする

 

一時盛り上がるよりも、高レベルを一定に保つ努力。

 

 

感動を大切にする

 

特に何かを伝えることをしているなら、

人に伝わるのは溢れたところ。

 

常に心を新鮮な感動で満たしたい。

 

 

捨てる

 

やることより、やらないことを決める。

 

たまには優先順位以上に、劣後順位を明確に

することが大切な場合も。

 

 

いわゆる成功者は、情報を得たらすぐ行動に移している。

インプットから、スピーディなアウトプット。

 

俺も完璧ではないが、意識して

そのレベルを高める努力を続けている。

 

あなたはどうだろう?

 

 

 

 

 

PS.

大好きな映画「バックドラフト」を観返して、改めて熱い

兄弟愛を知った。

 

ジャンルは違うが・・・あれくらい熱い思いで起業や独立に
臨む人が増えたら、世界で日本人がもっと活躍できると確信している。

 

独立した起業家の熱い思いを初めて知ったのは、俺がパートナーに
なっているダイレクトマーケティング企業の創始者。

 

様々な種類のビタミンや栄養素を発見した「ビタミンの父」として

知られ、今もそのプロダクツは、世界で最も多くの人に受け入れられ

愛用されている。

 

先日も、世界一の経済紙であるフォーブスにその製品の一つが

紹介されていることを、マロリーに伝えた。

 

彼女は鳩が豆鉄砲をくらったような表情だった(笑)。

 

そもそもフォーブスという雑誌に、具体的な製品の固有名詞が出る

ことがあり得ないのは、詳しい人ならご存じのはず。

 

その後に発表された臨床結果も含め、興味があれば

バックナンバーを取り寄せて読んでみてほしい。

 

 

これからの時代は、全く別のカテゴリーの仕事を同等の自信を持って

取り組める人が、高収入を得るようになる・・・

 

これは、TED TALKや書籍で有名になったダニエル・ピンクの言葉。

これから起業・独立を目指すあなたも知っておいてほしい。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは26件です

  1. […] 起業や独立でも、外国人との恋愛でも、周りのうまくいっている人は […]

  2. […] まだ会ってない誰かが起業や独立したり、きっとどこかで地道な努力を […]

  3. がれきからはいあがった男 より:

    起業に向けて本気です。僕の今日現在のプライオリティは、①所得倍増計画ミーティング②拓巳さんのミーティング③啓次郎さんといること④POP⑤新規とのアポ⑥グループとのアポ⑦家族の緊急時⑧家族との時間⑨その他のミーティング⑩本業?研究活動やその関連の方とのアポ⑪読書(趣味)⑫お風呂にゆっくり⑬その他、って感じかなって思います。みなさん真似はしなくていいかと思いますが、僕のアップラインの林立夫CAはCAカウント中、子供や親が集中治療室に入っている時も、ミーティングに出続けたそうです。ケータイを握り締めてミーティングで話をされたそうです。誰よりも子供を愛して、家族を愛している立夫さんが、そうまでして達成することにこだわった時があったと聞きました。「行動のプライオリティ」と「大切なものの順番」はイコールではないんですね。家族が何よりも重要な立夫さんだったからこそ、行動のプライオリティはビジネスを一番にしたんですね。今の僕にとっては、拓巳さんや啓次郎さんのそばで自分がズレないことが一番重要だと思っています。ズレたまま、いくら新規に会っても、グループに会っても、みんなまでズラしちゃうだけですもんね。最近、3人の方からその類の話を聞きました。堀さんが「ビジネスやっている暇があるなら、ミーティングに出ろ」。小泉さんが「ビジネスで一番大事なのは、現場ではない。質のいいミーティングに出て、自分の魂を高揚させることだ」。

  4. ひかり より:

    起業って簡単じゃないし、何かを捨てないとだめですもんね。
    失敗を恐れている時点では、私は起業向きではなさそう…
    極限レベル!!素晴らしい言葉だと思いました!

  5. takkis より:

    起業したいです。何が何でも独立です。
    あの満員電車に毎日いる、口臭の激しいあの人にあいたくない。笑
    メールにもご返信ありがとうございます。
    週8時間は十分とれます。ここまで時間が取れない方でも、
    今までたくさんの方が結果を出したんですよね?
    こんな自分でも出来るのか?
    継続出来るのか?当然の疑問ですね。僕も含めほぼすべての人がそう考えます。
    ですので、ゼロから道に迷わないように丁寧にガイドしてほしいです。
    一生の自由を得る話ですが、ご予算がかかるものでもあるので
    十分に検討しました。しっかりフォロー頂けたら、収入が取れるようになるまで
    責任を持って続けさせてもらいます。
    ネット上に情報溢れていますよね。。そもそもあのノウハウで
    稼ごうというのが彼らですからね。。アンリミテッドアフィリエイトは
    役に立つのですが、稼ぐ系を前提にしているので、講座の中では
    そこを避ける戦い方がベストだと信じます。
    毎日最低1記事が結局は最短距離だと、僕の場合は早めに
    気づいてよかったです。
    ヘルプデスクはそれなりに時給の高い仕事ですが、
    ストレスがすごいですよね。僕は個人事業主に向いていると思います。笑
    こうしてやりとりするだけでも依存心丸出しの人もいますから。それこそgoogle先生に聞けばほとんどのことがすぐに解決するのに、聞かないんですね。笑
    歯磨きのように執筆が習慣化すれば、もう逃げ切りのビジネスです。笑
    息抜きもしながら楽しんでやりましょう。

  6. そらはねこ より:

    起業するのにはやはりリスクや失敗する事を考えてしまいます。

    やらないで後悔よりはやって後悔ですね!

  7. マナまま より:

    起業するのはリスクと失敗した時のことを考えてしまいますね。

    私には思い切りの行動が出来ない…。

  8. ayuayumi より:

    頭ではわかっていてもなかなか行動に移せないですよね。一歩踏み出す勇気が欲しいけど、やはり失うリスクを考えると踏みとどまってしまうのが普通なのかな。

  9. はなちゃん より:

    起業を恐れるのは失敗も怖いけどせっかく出来た仲間が離れていくのが怖いですね。

  10. makostyle より:

    私も必ず起業して成功を掴みます。自分自身の問題点は、ブログでも書かれているようにどこかで臆病になっているところです。前向きに進み続けます。

  11. マヤ より:

    時間を忘れて打ち込めるような仕事が出来るというのは、幸せですよね。
    雇われ仕事だとどうしても時計とのにらめっこになってしまって。(苦笑)
    仕事だと割り切っていたり、その分野で努力してある程度評価されたとしても
    やっぱり時計は見ちゃいます。

  12. パンダ より:

    仕事は忙しい方が楽しい。
    私も独立派なのかな。

    プレッシャーがあってもストレスはない。
    本来の自分自身で勝負する。

    どれを取っても惹かれるな。

  13. kuuu より:

    起業たちおこして自らがんばる考えがあることがすごいです。外国の方の夢って日本人とは見方がちがいますもんね。そもそも…。

  14. cyesyaneko より:

    すぐに行動に移せなければいつまでたってもスタートラインに立てないですね。
    という私もなかなか行動に移せないタイプ。思い切りが必要ですね。

  15. ms1993 より:

    仕事には得もあればリスクもあるし、成功もあれば失敗もある、さまざまな経験が飛び交う世界である。我々社会人はそういった経験をこなして成長し、社会に通じる人間となっていくのである。やめたいと感じても周囲の援助や自分の考えで仕事を進めていくことができる。

  16. インコちゃん より:

    上記のような考えをもっている人こそ、「自営業」「経営者」に向いているんだと思います。そういう人は、一度倒産してすべてを失ったとしても、また復活してお金持ちになる人が多いと思います。サラリーマン家庭で育った人ほど、リスクを恐れて躊躇してしまうんだと思います。

  17. 238 より:

    起業は始める前にしっかり起こりうるリスクをしっかり考えることが大切ですよね。考えると意外とリスクは少なかったりすろものです。

  18. kazato より:

    起業して失敗して自分を責めるのも嫌だし、マイナス思考に陥ります。成功する人と失敗する人は起業に楽しみを見いだせるかどうかですよね。私は10倍忙しくても10倍お金が増えてもやはりためらっちゃいます。

  19. りん より:

    捨てることも大切なのですね。捨てることができる人は強い人だとおもっていましたが、誰でもトレーニングすればできるような気がします、

  20. mikako より:

    「共通の敵をつくることで結束したり、コミュニケーションを深める。そして、自分が嫌われたときの対処法もしっかり押さえている」
    うん、いるいるいるね~そんな女子!

    「独立を通して成長」
    てのは素敵ですね。

    「痛みを避けても幸せになるわけではない」
    確かにそうですね~

    競争社会も、疲れますよね~
    そして、短期のバカ売れよりも、ずっとそこそこ売れのほうが、効率よいですよね。

    やらないことをはっきりさせる。
    これも重要です。

    「インプットから、スピーディなアウトプット」
    これを楽しめるようでないとね。
    偉そうですが…

  21. TM0323 より:

    起業に向けてわたしも、じぶんのできることから始めていこうかと考えました。いつなんどき何が起こるかわからない世の中だからいざという時のために企業を考えても良いのではないかと思いました。

  22. トコウ より:

    失うことへの恐怖は、歳を重ねるごとに増えていきます。なので、二十代に、挑戦するのが良いのでしょうね。体力も精神力もあり、多少の無理も出来る若いうちにしたいですね。

  23. 0617 より:

    起業たちおこして自らがんばる考えがあることがすごいです。外国の方の夢って日本人とは見方がちがいますもんね。そもそも…。起業は始める前にしっかり起こりうるリスクをしっかり考えることが大切ですよね。考えると意外とリスクは少なかったりすろものです。

  24. ともっち より:

    起業を起こすのって大変ですよね。今までの仕事で10分1から10倍になった時点で起業をする。この先、売上が上がれば良いが、下がってばかりだと失敗に終わってしまう事が嫌ですね。

  25. くすお より:

    独立起業を勧めたい理由は、成長できるからなんですね。
    何か高い目標を持って成長したいですね。
    リスクを伴うことなので慎重になりますね。

  26. ユウゾラ より:

    さすがにDANさんは賢いなと思いました改めて!やる必要のない事を捨てる事、それを判断できることは本当に大切な事であると思いますし、これができることも才能の一つだと思います!

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ