できるようになりたいその仕事は、何のため?


26014984482_70ed4ca975_b

 

 

「仕事ができるようになりたい」というのは

若いビジネスマンを中心に聞く言葉だが・・・

 

それはそもそも、何のために?

 

 

 

 

 

仕事はお金のため?やりがいや達成感?成長?できるようになりたい理由

 

 

政府が以前公開した「若者の仕事観や将来像と職業的自立、

就労等支援の現状と課題」がなかなか興味深かった。

 

それによると、63.4%が「収入のため」、51%が「生活のため」。

 

これに対し「やりがいや充実感」「夢を達成するため」

という回答は、共に15%以下という結果に。

 

この数字を見る限り、半分以上の人が、生活を賄えるだけの

資産を持っていたら働くモチベーションがないと言える(笑)。

 

ちなみに、働くことに対する不安の項目では、

 

「十分な収入が得られるか」

「老後の年金」

「仕事を続けていけるか」

 

に対する不安がそれぞれ、80%を超える結果に。

 

 

俺が「仕事ができるようになりたい」と思ったのは、ゆとりが

あって自分らしくいられる状態で仕事を進めたかったから。

 

「心穏やかでいられること。

ワクワク感があること。

自然な笑顔が出ること」

 

俺が自分らしくあるかどうかの3つのチェック項目を(笑)、

今でも大切にしている。

 

笑顔が出なかったり不自然だったり、何だか心がザワザワして

落ち着かなかったり、心にワクワクがなくなって枯れていたら、

自分の何かを変えなければいけない合図。

 

もともとは人よりも自然が好きな俺が(笑)仕事をがんばる理由は、

お金も大切だが、それ以上に自分をもっと成長させたかったから。

 

そのためには、自分以外のことでいつもやたら忙しい会社にいると、

仕事をがんばっている気になって、本当に成長しているのか、望む

未来に向かっているのかが曖昧で分からなくなってしまう。

これが、俺が組織を離れた理由。

 

 

日本のほとんどの人が、将来に不安を持ちながら、

お金のために働くという現実。

 

お金をもっと稼ぐためだけに仕事のスキルを磨きたいなら、戦う

フィールドを変えるという選択肢も出てくる。そして、俺のように

成長や将来の不安をなくすためにチャレンジしたいなら、独立する

ことがベスト。

 

 

禅問答のようだが・・・

 

仕事ができるようになりたいと言う前に、

「それは何のために?」を明確にしておきたい。

 

 

 

 

 

仕事ができる人の行動習慣と特徴(できるようになりたい人に)

 

 

俺の場合は幸い、霞が関の監査法人にいた頃から見本になる

先輩が身近にいたり、独立してからは中島さんを始め多くの

メンターに会うことができた。

 

 

彼らはそもそも、「忙しい」状態がイヤだから工夫を重ね、

「忙しい」というのが無能の証明でかっこ悪いと思っている。

 

そんな彼らは、仕事にとりかかる前に段取りの時間をしっかりとり、

その仕事の目的と自分の貢献度を十分明確にしてから仕事に入る。

だから、後からの仕事の手直しが少なくて済む。

 

さらに、自分しかできない仕事に集中し、誰でもできる仕事は

人に振るが、その頼み方も上手で、さらに頼んだことを忘れず

しっかりチェックしている。

 

事前に段取りを組んでいるから、余計な電話がやたらかかってきて

仕事を中断されることがほとんどなく、仕事に集中できる環境

つくれるのも特徴。

 

 

このセブで新しくチームに入ってきたjennyなど、仕事ができる

人を見ていて思うのは、真剣にやっていても笑顔が出ること。

 

微妙な違いだが、深刻な人は苦しそうで笑顔がないから、

人が離れるし事がうまく運ばない。

 

 

 

俺達の目指す未来を達成するために、仕事のできる段取リストを

共に目指し、仕事に笑顔を奪われないようにしたい(笑)。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは3件です

  1. […] もっと多くのモテ仲間やそのご家族に、健康になってもらいたいです。仕事ができるようになりたいのも分かりますが、 […]

  2. ひろ より:

    お金のために必死で仕事をしている人がほとんどですよね。
    笑顔でやりがいのある仕事をしたいと思います。
    そうすると自然とお金もついてくるものですね。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ