ポジティブに仕事をするための5つのコツ


 

 

ポジティブな仕事をしたいなら、

バイブハブ・シャーのこの名言を覚えておくといい。 

 

 

「成功者を目にする時、あなたに見えるのは表向きの栄光だけだ。

そこへ至るための犠牲は分からない」

 

 

 

ポジティブ思考を仕事に活かせれば

行動力が発揮され、より大きなスキルアップと自己成長が図れる。

 

一方で、ネガティブ思考は

先に対する慎重な準備や丁寧な対応ができるメリットも。

 

仕事でも、ポジティブとネガティブを

うまく使い分けるといい。

 

 

笑顔が基本

声が大きい

ネガティブなことを口にしない

周りに感謝して与えている

職場の人に関心を持ち、自然に褒める

 

 

俺の周りで仕事を楽しみながら、しかも

ポジティブな結果をガンガン出している人達の共通点。

 

仕事に限らず、人はほっておくと自然にネガティブになる。

だからこそ、うまくいっている人は

自分が常にポジティブでいられる工夫を忘れない。

 

 

 

 

 

仕事をポジティブに行うための習慣とは?

 

 

「ポジティブに仕事をしたいんですが、

どうもモチベーションが上がらなくて・・・」

 

マカティに会いに来てくれた幸人が、WebサイトM&Aの

営業の仕事に力が入らず、どうも以前のような意欲も

ポジティブな姿勢もなくなってしまっているという。

 

 

俺自身、苦手だったコミュニケーションをダイレクトマーケティング

の仕事を通して克服し、ある程度結果が出せるようになって

少しづつポジティブにビジネスを進めることができるようになった。

 

マザコンは克服できていないが(笑)。

 

 

仕事の達人をたくさん見て学んだ、

彼らがいつもアクティブかつポジティブでいられる秘訣。

 

やはりそれは一時の勢いではなく、

日々の小さな習慣だった。

 

 

朝の習慣

 

frog(カエル)、つまり一番重要だったり面倒なこと

一つだけ明確にし、それを毎朝集中して行っている。

 

彼らは「20%のことが80%以上の成果を上げる」ことを知っていて、

この20%のことに重点的に取り組む。

 

また水をたっぷり飲んだりヘルシーな朝食をとること、

ヨガなどの軽いエクササイズ、読書や瞑想などは

多くの成功者が行っている朝の習慣だ。

 

 

予定表を持ち、全てを書き込む

 

俺自身は、どのガジェットでもすぐに同期ができる便利さから

無料アプリのevernoteが手放せなくなっている。

 

ToDoリストが大切といつも語っているが、書いたことを毎日

全てきっちり終わらせることは、多くの人にとって難しい。

 

この終わらないことがストレスになるなら、

それに代わるのが予定表だ。

 

 

仕事の達人は、全ての予定を漏れなく書き込み

それに従って行動している。

 

彼らは最も大切なこと、例えば家族との時間や

自分で決めた学びやエクササイズを最優先にし、

それまでに帰宅することを前提にして30分未満の単位で予定を組む。

 

メールチェックなども1日数回で、多くの場合

チェックする時間まで予定表に入れているのも特徴的だ。

 

 

二度手間を避ける

 

メールを開いて「後で返信しよう」と未読にし直すのは、

二度手間の典型例。

 

一度で終わらせられることは、その時にやる

この小さな積み重ねが、作業効率を圧倒的に上げていく。

 

 

自分を過信していない

 

人は感情と気分で動くものだと分かっているから、

自分をうまくコントロールすることを意識。

 

先の予定表もその一つであり、また「後でやれるだろう」と

先延ばしにせず、前倒しでどんどん事を進めていくのも

セルフマネジメントとなる。

 

 

エネルギーを充実させる

 

食事や睡眠、サプリメントの習慣はもちろん、

特にメンタル的な効果を重視して、エクササイズを日常にしている。

 

仕事でも遊びでもポジティブに動けるのは

気力・体力ともに充実しているからこそ、

という基本を忘れない。

 

 

 

 

 

仕事を自営でしている人がよりポジティブに活躍するには

 

 

もしあなたが俺のように自分で仕事をしているなら、

こんなコツも取り入れてみたい。

 

 

昼寝

 

パワーナップ(napは昼寝の意)と言われるように(笑)、

30分程度の昼寝は脳を覚醒させ、生産効率を上げるために

絶大な威力を発揮する。

 

また潜在意識はあなたが意識を閉じている時、つまり

睡眠時に活動するので、就寝時以外にもう一つ

潜在意識を働かせる機会をつくることもプラスになる。

 

 

会議を避ける

 

日本は特に冗長な会議が多く、

これが多くの企業の生産効率を下げる。

 

議題や着地点が曖昧なまま行われる会議は

有害無益以外の何ものでもなく、単なる連絡事項や

ちょっとしたことならWebやイントラ上であっさり代替できる。

 

あなたが自分で仕事をするなら、

どうでもいい会議をリストラすること。

 

 

ノーと言う。人に任せる

 

あなたにしかできない仕事というのは実はそれほど多くなく、

人に振れる雑用というのが少なからずある。

 

あなたの時間を奪うだけの依頼ははっきり断り、

誰でもできることは人に任せる。上手くいっている人ほど

パワーパートナーを必ず持っている。

 

 

 

ポジティブに仕事をするコツを

もっと学び、経済的自由を得る方法を知る

 

 

17366257001_04838a0cf0_b

 

 

「理想的な仕事を引き寄せたい」 

「引き寄せた仕事でポジティブな結果を出すには?」

 

 

俺の既成概念(固定観念)を外してくれた

「the secret」。

 

あの動画や本で広く知られるようになった「引き寄せの法則」を

仕事にも活かしてポジティブに活躍したいというのは、自然な心理。

 

 

 

 

 

引き寄せを仕事に役立てるには?

 

 

まだ和光の実家にいた26歳、監査法人勤務の

サイドビジネスとして始めたダイレクトマーケティング。

 

これを通じた俺自身の体験からも、引き寄せの法則を理解し

それを自分の人生や仕事にうまく活かすことは、

努力や才能以上に大切だと確信する。

 

 

俺が益田さんを始め億万長者から学んだのは、

人の脳の2つのパートの存在。

 

つまり、潜在意識に願望を送り込んで引き寄せを使うパートと、

具体的に行動するパート。

 

前者は仕事で言えば

「英語をマスターして海外赴任したい」など。

 

 

多くの人は「こうなりたい」「あれを引き寄せたい」とは思えるのに、

ほとんどの人が具体的に動けない。

 

それは、そのゴールの終わりがはっきり見えないから。

 

 

例えば「英語をマスター」といっても、

どうなったらマスターなのか?(笑)

 

だからまずは、可能な限り

「どこで完了するか?」を明らかにすること。

 

英語なら「フィリピン人と

雑談で30分話せるようになる」など。

 

 

そして人は、ゴールを決めた直後から1時間は

具体的に動くモチベーションが高まっている。

 

だから中嶋さんのようにうまくいっている人は、

 

では、まず何から始める?

 

この問いを即座に立てることが習慣になっている。

 

そしてすぐにできることは、速攻で着手。

すぐにできないことはとにかくToDoとしてメモし、

そのリミットを決めておく。

 

 

引き寄せはただ神様にお願いをして何もせず待っていたり、

夢想しているだけでは働いてくれない。

 

特にこの法則を仕事にポジティブに活かすなら、

ぼたもちが落ちてくる棚の下に移動するくらいの努力は必要となる(笑)。

 

 

17340407526_b642813cea_b

 

 

理想の仕事を引き寄せた・・・ 

 

 

フィリピン移住前の埼玉に住んでいる頃から、

自分で気づいていた。

 

 

人と会う仕事を選びながら、実は水辺でたそがれたり、

原っぱの上で寝そべっているのが好き(笑)。

 

日本人だらけの場所より、海外のような非日常的な風景が好み。

 

 

時間を自由に使えることや

収入を決められるのもそうだが・・・

 

何より仕事で会いたくない人と付き合うなんてまっぴらだから、

安定よりも自分で仕事をつくっていく立場を選びたい。

 

そんなことを日々考えながらチャンスに対し積極的に動き続けていたら、

本物のメンターと人生を変える情報を引き寄せた。

 

 

 

自分の未来に責任を持とうとしている人でなければ、

こうして毎回モテ仲間に向けたブログを読むことはしない。

 

仕事を通して共に人生を変えていく道を

共に歩み続けたい。

 

 

モテ仲間からメールをもらうたび、

その意識の高さに驚かされている。

 

負けてはいられないと、刺激を受ける毎日(笑)。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは17件です

  1. ひろ より:

    昼寝って大切なんですよね!
    どこかの企業は、みんなで一斉に昼寝をする時間があると聞きました。
    学校でも取り入れているようですね。
    ポジティブに仕事をしてみたいです。

  2. 藤巻まさき より:

    学びをいつも感謝です。僕は、ポジティブに仕事をしているほうだと思います。今日も仲間とさっきまで話していました。みいちゃん。 あきこさんや、ゆかさん、ナイスな感じですね。これだけ、何も考えない人が多い中で、将来に結びついているかは別にして、一生懸命もがきながらも考えている二人ってすごいと思います。来週は、そういう人たちにいい機会、いいきっかけになるように、もう少し企画を練りなおしたいと思います。よく「自分が何をしたいかわからなーい」という馬鹿がいます。そんな人は、大変な勘違いをしていると思う。自分がホントにしたいことを探すのって、大変な努力もいるし、勇気もいる。一生懸命考える必要もあるし、今のダサダサな自分を直視し、認めなくちゃいけない。もしかしたら、ホントにやりたいことがわかっても、実現する手段がなくて、逆に苦しくなっちゃうかもしれない。でも、何も準備しないで、何も努力しないで、自分を本気でみつめないで、本当にしたいことなんてみつかるわけないじゃん。 だからこそ本気でやると決めたヤツは、より幸せになるチャンスがあるんだと思う。あきこさんや、ゆかさんはそういう人間だから、絶対ナイス!今からまた会えるのを楽しみにしています。

  3. はなちゃん より:

    大企業では昼寝の時間がありますよね。

    ちょっとの昼寝で沢山のエネルギーを充電してくれます。

  4. にこ より:

    やっぱり朝ごはんはしっかり食べないとですね。私は食べないと頭が働かないしイライラするので何が何でも朝ごはんだけは食べます。毎日の習慣も大事ですね。規則正しい生活が1番!

  5. パンダ より:

    まずは30分単位での予定を立てることに
    チャレンジしてみよう思いました。

    あと、メールの二度見やってる言われて
    みればほんとに時間の無駄ですよね。
    すぐに返信!これだけでも意識すると
    変われるかな。

  6. cyesyaneko より:

    仕事ってなかなかポジティブに取り組めないです。
    日本でも昼寝の時間を取り入れている会社がありますよね。
    午後の作業効率がグンとアップするそうです。

  7. ユウゾラ より:

    私が現在勤務している会社の従業員は、恥ずかしながら部外者の方から見ると皆囚人に見えるそうです(笑)。皆したをむいているそうです。私もそうでしたが、最近ポジティブな思考に変えることができ上をむけるようになりました!

  8. あけみ より:

    スケジュール帳は持っているのですが、ぎっしりと書き込むことはしていませんでした。これから書き込みたいです。

  9. ロック より:

    冗長な会話っといえば、必要性の低い形だけの会議(ミーテイング)が日本では多いですよね。それを減らしていけば、より効率的な仕事が出来ると思います。

  10. TM0323 より:

    予定通り作業を行うことは大切ですね。スケジュール腸をきちんとつけるというのもいいと思います。具体的に記載するのも迷わず行動できるのでいい方法だと思います。

  11. 238 より:

    仕事に対してポジティブに取り組むことは大切ですよね。今回の学びを今後の仕事にどんどん活かしていきたいです。

  12. mikako より:

    「メンタル的な効果を重視して、エクササイズ」
    うん、ストレスと運動不足は、関係ありますからね。

    それから昼寝。
    一見のん気ですが、科学的に見たら、重要です。

    うん、会議は単に、物々しいだけ?

    とにかく、極限まで、良効率を考える、てことでしょうかね。

  13. ウェル より:

    昼寝は大事ですよね。人間の脳は、フル回転したら、午後には疲れてしまうのですね。イタリアやギリシャは、お昼寝の文化がありますが、そういうことであれば、先見性がありますね。

  14. しんじ より:

    ポジティブに仕事するのはなかなか難しいですよね。日本でサラリーマンをして実践するのはなかなか障害が大きいなと感じます。海外で仕事するのが向いているかもです(笑)

  15. ミルコ より:

    仕事の効率は大切だと凄く感じます。
    同じ場所に行くのに何度も往復したり、
    相手の出方を予測せずにその場の雰囲気でのらりくらり、そして周りに迷惑をかける。
    本当に無駄が多い人が沢山いると心底感じますf^_^;

  16. 小鳥さん より:

    自分の精神を正常に保つためにも、ポジティブでいることも必要ですが、それが行き過ぎてしまうと、ウザがられたり、いい加減な人だと思われることもあると思うので、ある程度のネガティブな考えも大切なのではないかと思います。私も、ポジティブに近づけたらどんなによいかと思います。うらやましいです。ポジティブな人は。

  17. 0617 より:

    やっぱり朝ごはんはしっかり食べないとですね。私は食べないと頭が働かないしイライラするので何が何でも朝ごはんだけは食べます。毎日の習慣も大事ですね。規則正しい生活が1番!昼寝は大事ですよね。人間の脳は、フル回転したら、午後には疲れてしまうのですね。イタリアやギリシャは、お昼寝の文化がありますが、そういうことであれば、先見性がありますね。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 

自由への道▲CLICK

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

▼CLICK自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ