知られざるセブとボホールの違い


 

 

セブとボホール・・・

 

 

フィリピンの地図を見るとすぐそばにあるものの、

全く違う個性を持つ2つの島。

 

これらの島に大きな関わりを持つ

現地在住者が、それぞれの個性を語ってみる。

 

 

 

 

 

セブとボホールの違い

 

 

日本人や韓国人の語学留学先として人気のセブ。日本からたった

4時間程度で到着する直行便のおかげで、近場のビーチリゾート

としても人気。

 

このリゾートがあるマクタン島から橋を渡ると見えてくる

セブシティは、フィリピン第二の都市として、実はマニラの

マカティのようにビジネス街としての発展を遂げている。

 

俺のような日本人移住者も多いセブだが、それなりに大きな島であり

都市部と田舎、ビーチリゾートが混在しているのがこの島の魅力だ。

 

 

そしてボホール。

 

世界遺産として有名なチョコレートヒルズや、世界最小の猿ターシャ。

様々なアクティビティが楽しめる個人的にもおすすめの島。

 

この島の南西にあるパングラオアイランドは、まさにモテ仲間と

日本人村をつくろうと決めている場所。

 

そして今は、現地のリゾートホテルの中にコテージの物件を所有。

フィリピンで初めて不動産投資をした場所として思い入れがある。

 

 

セブが世界的にも有名なビーチリゾートとしてよく知られ

観光客も多いのに対して、ボホールはまだまだ知られていない。

 

俺のように人混みが苦手なタイプのあなたには、

セブから足を伸ばしてボホールに来るのをおすすめする。

 

 

観光客慣れしているセブの多くの人達と異なり、

ボホールのフィリピン人はどこか素朴な印象。

 

パングラオ島からアクセスできるバリカサグは、ダイビングなど

マリンスポーツを楽しみたいあなたにとっては最高の場所。

 

俺もよく立ち寄るアロナビーチは、公共なのに本当に美しい。

ここでのんびりするためだけでも、セブからボホールへ渡る価値がある。

 

 

 

セブやボホールとの二重生活や移住を

可能にする「あの方法」とは?

 

 

 

 

セブ・ボホール間のアクセス

 

 

セブからボホールに行く時は、セブシティの南側から船で

2時間弱。タグビラランという、ボホールではそれなりに

大きな街に到着する。

 

そしてこのボホールがあのビーチリゾートとして人気の

ボラカイを超えるといわれているのは、やはりパングラオ島の

新しい国際空港が理由。

 

 

リゾートとしての開発がより進む以上、セブに住んでいても

やはりボホールの物件やその周辺に足を向けることが多くなる。

 

セブからボホールへの移動がますます増えそうなので、個人的には

マクタン辺りからも直接ボホールに渡れるルートを希望している。

 

あの2つしかない橋の渋滞は、

時間帯によってはそれなりにひどいので(笑)。

 

 

 

セブに住むフィリピン移住仲間の日本人ミヨシさん。

今はボホールに移った彼は、会社員時代に始めた副業で独立した。

 

落ち着いた人がモテると確信し、想像力を鍛えることを続ける彼は

俺と同じく、猫大好き人間でクルクルの天パの持ち主(笑)。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ