現地在住者がセブでの時間の使い方を語る


 

 

「どうセブで時間を過ごしたらいいですかね~?」

 

 

 

あまり具体的な予定もなくフィリピン渡航を計画している、

モテ仲間の和寿さん。

 

期待ギャップがあってもいけないので(笑)

現地の様子をサラッと伝えておいた。

 

 

 

 

 

セブにまつわる時間

 

 

まず成田からセブまでは4時間半程度。関空からセブなど

より南から向かえば、当然フライト時間は短くなる。

 

そしてセブと日本との時差は1時間と、

それほど差がなく計算しやすいのが便利(笑)。

 

 

ちなみに俺は、セブのように昼が長い南国が

自分に合っている。夏生まれだからなのか(笑)、

一日の中で明るい時間が長いと得した気がする。

 

 

 

セブでの時間の過ごし方、現地に住んでも

安定収入が尽きない方法を知る

 

 

 

 

セブでの時間の過ごし方

 

 

このセブはご存じの通り、フィリピンという南国。

そしてビーチリゾートもあり、マニラよりもせかせかしておらず

のんびりした時間を過ごせる場所。

 

セブはフィリピン第二の都市と言われながら、やはり

首都マニラとは規模が違いすぎる。時間の過ごし方が

同じ国でこうも違うとは、両方に住んでみて気づいたこと。

 

 

あなたがもしセブで働くなら、残業という考え方は捨てること。

例えば夕方5時まで仕事をし、後の時間はゆっくり好きなことをやって

過ごしたり、将来のための準備をする。

 

実際ここに移住しているモテ仲間も

そういった過ごし方をしている。

 

 

こちらの女の子はフレンドリーで話しやすく、

デートをしていてもちょっとしたことで純粋に

喜んでくれるので楽しい。

 

彼女達とお出かけして、東京やマニラでは味わえないような

のんびりした時間を過ごすのもいい。

 

 

他にセブでの時間の使い方としては、スキューバダイビングや

アイランドホッピングといったアクティビティ。

 

これが大好きなあなたなら、

海辺で過ごすのが何より楽しい時間になる。

 

残念ながらセブシティの近くには綺麗な海がなく、

北のカモテスやマラパスクア、南のオスロブなど

行くのに時間がかかる。

 

それでも実際に足を運べば、

来てよかったと思えるような綺麗な海が

あなたを待っている。

 

 

一方で時間以上に予算があるあなたなら、空港から近い

マクタン島のプライベートリゾートで過ごすのも一つの選択肢。

 

個人的には、マクタンで過ごす時も

美しい離島まで足を伸ばしてほしいが。

 

 

 

フィリピンのアンヘレスやセブ、マニラの夜が大好物の森くん。

寝る前の感謝する時間を大切にする俺と同じソフトクリーム好きの彼も、

フィリピンファッションに身を包み(笑)南国生活を楽しんでいる。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ