フィリピンの現金書留って?現金持ち込み限度額や現金持ち出し、現金引き出しについて…現金輸送車ってどんな感じ?


 

 

「現金はフィリピンに

どれくらい持って行けばいいですか?」

 

 

 

これは、仲間も含め

多くの日本人旅行者から聞かれること。

 

何も考えずに100万円ほど持ち込もうとしていたのは、

海外不動産投資に力を入れている鷲尾さんだった(笑)。

 

 

 

 

 

フィリピンへの現金(ペソ)の持ち込み、フィリピンからの持ち出し

 

 

フィリピンでも、1万USドル以上の現金の持ち込みについて

外貨申告が必要なのは同じ。

 

 

フィリピンに現金を持ち込んだ場合は

当然ペソに両替をすることになるが・・・

 

空港のレートは良くないものの、安全を考慮して

特に慣れていないあなたの場合は空港での両替を勧める。

 

 

あとはフィリピンでもクレジットカードでのキャッシング、

もしくは国際キャッシュカードかデビットカードで

口座から引き出すと、直接ペソで現金を手にできるので便利。

 

 

一方で、フィリピンからのお金の持ち出しは

1万ペソまで。

 

日本人からすると「25,000円程度で?」と思ってしまうが・・・

現地のフィリピン人にとっては、彼らの1ヶ月分の給料に相当する

大きな現金だ。

 

 

 

フィリピンで現金を扱う時の注意点

 

とにかく大金を持ち歩かないこと。そのためにも

クレジットカードやデビットカードを用意しておくのを

おすすめする。

 

できれば財布を2つ以上持ち、万が一恐喝や

ホールドアップに遭った場合でもすぐ渡せるように

2,000ペソ程度は別の財布に入れておくこと。

 

 

ちなみにフィリピンのATMでは、数字上差し引かれているのに

お金が出てこないことが時々起きる。俺も一度これをマラテで経験した。

 

1万ペソはそれなりに大きいので、日本のデビットカードの

会社に問い合わせて返金を受けたが。

 

 

そのために気をつけたいのは、銀行が開いている昼間の時間に

スタッフのいる店舗でお金を引き出すこと。

 

フィリピンはそのへんの通りやモールの中などあちこちに

ATMがあるが、トラぶった時にすぐに事情を伝えられないと

お金が戻ってこないことにもなりかねない。

 

 

もちろん、機械から出てきたレシートは

捨てずに持っておこう。

 

ATM絡みの他の注意点として、自分のカードが出てきたら

すぐにピックアップすること。これが飲み込まれることも

たまにある(笑)。

 

 

 

 

「フィリピンで紙幣を出したら使えないって

いわれました・・・どういうことでしょう?」

 

 

どんな経緯か分からないが、今は使えなくなった

フィリピンの旧紙幣を持っていた様子の仲間

林田さん。

 

 

 

 

 

フィリピン紙幣の種類

 

 

20ペソ札、50ペソ札、100ペソ札、200ペソ札、500ペソ札、

1,000ペソ札・・・南国らしくカラフルで分かりやすいのが

フィリピン紙幣の特徴。

 

この中で、200ペソ札紙幣は流通量が少ない。

 

フィリピン人はお金の扱いも適当らしく、長い間

出回っていた紙幣はクシャクシャになっている(笑)。

 

 

そしてフィリピンに来た林田さんが困惑したように、いまだに

旧紙幣が出回っている。それも20ペソ札から1,000ペソ札までの

全てで。

 

カラーリングも新旧ほぼ同じなので、

間違えないように気をつけたい。

 

 

見分け方としては、紙幣に描いてある人物のすぐ右に

フィリピンの国旗があるものが新しい紙幣。

 

ちなみに2017年以降は、旧紙幣は貨幣としての

価値がないとされているので注意。

 

 

 

 

 

フィリピン紙幣に関し知っておきたいこと

 

 

フィリピンに渡航したり長期滞在するなら200ペソ以下、

できれば100ペソ以下の紙幣を常に持ち歩くのを習慣に

しておきたい。

 

500ペソ以上のお札はお釣りがないと言われたり、

露骨に嫌な顔をされたりする(笑)。

 

特に1,000ペソ札は、ストリートのお店やトライシクル

(バイクタクシー)ではほぼ使えない。

 

下手すると、タクシーのドライバーも

お釣りを持っていなかったり。

 

 

特に20ペソや50ペソ紙幣は何かと便利。

 

俺の場合は、コンビニやSMといったショッピングモールで

必ず1,000ペソや500ペソの紙幣を使い、細かく崩すように

している。

 

安全のため、1,000ペソのような大きな金額の紙幣は、

ストリートや市場のような人の多いところで露骨に出さないこと。

 

 

さらにいうと、チップ用に20ペソ紙幣を持っておきたい。

これはコインでもオーケーだが。

 

ライブバーのようなお店では、紙幣で払うとわざと小銭を混ぜて

お釣りを返してくることがあるが、これには「チップのために

置いていってね」という意味合いがある。

 

 

気をつけたいのは・・・ごくまれに、どう見ても明らかに違う

偽札が出回っていたりすること。特に1,000ペソ紙幣については、

受け取ったら必ずチェックする癖を。

 

 

 

フィリピンでの現金の取り扱い方、

現地で働かなくても安定収入を維持する手段を学ぶ

 

 

 

 

「フィリピンのコインでちっちゃいヤツありますよね・・・

あれってどう使うんですか?」

 

 

センタボスのことだとすぐに分かった。

 

俺と同様に、端数の細かい計算が苦手な

仲間の鈴木さん(笑)。

 

 

 

 

 

フィリピンのコインの種類

 

 

今流通しているフィリピンの硬貨はシンプルで、

頻繁に使うのが10ペソ・5ペソ・1ペソ。そして

センタボス(センティモ)と呼ばれるコインが数種類ある。

 

 

分かりづらいのが、1ペソ未満の金額を求められた時。

 

例えば、俺もよくハリソンプラザでコンドミニアムの電気料金を

払っていたが、こういった場合に小数点以下の金額も請求されたりする。

 

 

ちなみに、お金を使う富裕層がとても少ないフィリピン。

重宝するのはやはりコイン、逆に邪魔者扱いなのが(笑)

500ペソや1,000ペソ紙幣達だ。

 
俺はセブンイレブンやSMモールなどで、

必ずこの2種類の紙幣を崩すことにしている。

 

タクシーでお釣りがないと言われて余分に払う必要もなくなるし、

「お釣りをたくさん渡すのが面倒」と言わんばかりに

露骨に嫌な顔をされることもない(笑)。

 

 

 

 

 

フィリピンのコインで覚えておきたいこと

 

 

7ペソ8ペソで気軽に

交通機関を利用できるフィリピン。

 

現地の生活に慣れたあなたなら、ジープニーやトライシクルに

乗る時のために、いつもポケットにコインを入れておくと便利。

 

 

ストリートチルドレンにお金をあげている

フィリピン慣れしていない旅行者を見かけるが・・・

 

これは彼らを仕切っている元締めのところにお金が流れたり、

ドラッグの購入につながる。あげるなら、お金ではなく食べ物にしてほしい。

 

 

フィリピンの飲食店では、わざと小銭を混ぜて

お釣りを返してくる場合があるが、それはチップにしやすいため。

 

フィリピンはアメリカほどのチップ社会ではないが、

ちょっとした気持ちを置いてくると喜ばれる。

 

 

歩いている時に気をつけたいのが、ポケットに

コインをジャラジャラさせないこと。

 

ストリートチルドレンが寄ってきてポケットに手を突っ込まれ、

コインを盗んで逃げていくようなことは普通に起きる。

 

実際これを食らったのは、エルミタで

現地在住のカツさんと歩いていた時だった。

 

 

さすがフィリピンと感じたのは、ショップワイズという

チェーン店のスーパーで買い物をしていた時。

 

小数点以下の端数が切り上げになっていたり

切り捨てられたりと、場所によって違う。

 

このゆるさが俺には心地いいが(笑)。

 

 

 

 

フィリピンでの両替・・・

 

 

タクシーの乗り方とともに、こちらに遊びに来る

仲間からよく聞かれることの一つ。

 

ちょうど昨日も、村田さんから連絡が(笑)。

 

 

マスターしてしまえば大したことはないが。

 

 

 

 

 

場所によって差があるフィリピンペソへの両替

 

 

フィリピンの貨幣はご存じの通りフィリピンペソだが・・・

日本からも渡航者が増えているこの国に関して、どこで

両替をするのがベストかが問題になる。

 

 

結論からいえば、

レートの良さでいうと順番的には

 

フィリピンの現地のショッピングモールや、

通りなどの交換所

現地の空港やホテル

日本の空港や銀行

 

になる。

 

ちなみに交換の際の環境的な安全性をいえば、

これと真逆の順番に。

 

 

空港やホテルのレートが悪い理由は、何といっても利用する

人が多いため、手数料を向こうが大きめに設定しているから。

 

ショッピングモールの中でも場所によって

レートが違うし、空港の中でも銀行によって違いが出る。

 

時間に余裕があるなら、よく確認して最適なところを選ぼう。

レートの良し悪しを判断する目安としては、Yahoo!の為替情報を

スマホで確認するといい。

 

 

俺はよく、日本人のフィリピン移住仲間カツさんが

住んでいるマラテのマビニで両替していたが・・・

あなたには環境的におすすめできない(笑)。

 

 

フィリピンでの両替の基本としては、他の国と同様に金額の

大きい紙幣のほうがレートが良いこと、日本円から両替する場合は

「buy」のレートを確認するのを忘れないでほしい。

 

 

 

 

 

初心者がフィリピンで両替するなら

 

 

慣れていないあなたがフィリピンに来てペソを手に入れるなら、

多少レートが悪いといっても安全を考え、空港で両替するのを

おすすめする。

 

もしくは信頼できる現地人の友達に付き合ってもらい、

SMやロビンソン、アヤラといったモール内で。

 

 

ちなみに最もおすすめなのは、そもそも

なるべく現金を持たないこと。

 

お金絡みの犯罪が少なくないことを考えると、

両替をして現金を持ち歩く必要がないのがベストだ。

つまりは、クレジットカードかデビットを持つといい。

 

これがあれば、モールや大きめのお店なら

直接カードで支払うことができる。

 

またデビットカードがあれば、ビザなどがついている

現地のATMで直接フィリピンペソで引き出しができて便利。

 

ただしデビットカードを紛失して誰かに使われると

即時に引き落とされ、損失が大きくなる。持ち歩きには

十分注意したい。

 

 

 

フィリピンでカナダ人と恋愛し、カナダ流の恋愛方法を学んだのは

男磨きの方法や現金の稼ぎ方を熟知した起業家モロさん。

 

仕事とプライベートの使い分けが得意で、許せない心理も克服した彼。

俺と同じ泣き上戸だ(笑)。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメント1件

  1. こう より:

    海外に行く際、現金をどれだけ持っていくか毎回悩みます。そんなに慣れていないので空港で両替するのが安全だとおもいました。逆に持ち出しの場合も上限があるんですね。色々知らない事が多いので旅行する時は気を付けたいです。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ