移住者が語る、フィリピンの通貨で知っておきたいこと


 

 

「フィリピンの通貨ってドルでしたっけ」

 

「・・・え!そこから?」

 

 

今度彼女を連れてセブに来ると話す、後輩の立川。

先が思いやられる(笑)。

 

 

 

 

 

フィリピン通貨の一般的な知識

 

 

フィリピンの通貨ペソ。

 

当然その時々によってレートは変わるが、現地の数字を3倍して

余分な金額をざっくり切り捨てると日本円になると考えておけば、

大きくはズれない(笑)。

 

 

フィリピンの紙幣は、1,000ペソ・500ペソ・100ペソ・50ペソ・

20ペソの5種類がペソという通貨でメインに使われる。一方コインは

10ペソ・5ペソ・1ペソの3種類だ。

 

紙幣・コインともにそれ以下のものがあるが、あまり見ることはない。

1ペソ未満のセンタボスなどは細かすぎて、申し訳ないが日常生活には

邪魔(笑)。

 

 

俺も初めてのフィリピン渡航の時は現地で

通貨をペソに換えてたくさん持っていたが・・・

 

今はモール内はもちろん、大きめのお店ではたいていカードが

使えるので、クレジットカードかデビットカードを持っていると

便利だし安全。

 

VISAやmasterなどのついたカードがあれば、24時間ほとんどの

ATMで引き出しができるのが海外の良いところだ。

 

手数料が高かったり、1日の引出限度額があることには注意だが。

 

 

ちなみにこのフィリピンでは、コンビニやレストランなどのレジで

「10ペソ持っていますか?」などとよく聞かれるが・・・日本では

ありえないことなので驚かないようにしておきたい(笑)。

 

 

 

お金の不安なく時間に追われる

こともなく、のんびりと南国

フィリピンを楽しむ方法

 

 

 

 

フィリピン通貨を手にするなら知っておきたいのは

 

 

最近はフィリピンに来るモテ仲間の数が増えてきた。

そんな中、通貨はどこで換えればいいかよく聞かれるが・・・

 

確かに街の路面店などはレートが良いものの、安全を考えると

やはり空港かSMなど大きなモールの中で行いたい。

 

 

安全といえば、日本人にとっては大したことがなくても

現地人にとっては大金なので、人の多い目立つ場所でお札を

出したりしないこと。

 

もちろん、大きなお金を持っていることを

フィリピン人に伝えないことも大切だ。

 

 

また1,000ペソ札や500ペソ札は小さいお店やタクシーだと

お釣りを持っていないことが多く嫌われるので、できるなら

100ペソ札以下を常に持つようにしたい。

 

コインをポケットに入れておけば、チップを

渡す時など何かと便利。

 

 

フィリピーナの友達ヴァネッサから怒られたのは、センタボスが

邪魔だったのでストリートで物乞いをする子供にあげていた時。

 

小さいお金でも子供、特に男の子にあげるとドラッグなどを

買うことにつながってしまうため、「何かあげるなら食べ物で」と。

確かにそうだ・・・

 

たとえ好意でも、結果的に彼らの

マイナスになることはしたくはない。

 

 

このフィリピンに下見なしで移住して数年以上経ち、

こっちの生活にもすっかり慣れた。

 

ただ、いまだにトリビアというか笑えるのは、こちらで

売っている物の価格設定がメチャクチャなこと(笑)。

 

20円で買えるインスタントラーメンがあるかと思えば、

普通のスティックの型チョコレートアイスが日本よりも高く

200円もしたり。

 

 

 

フィリピンファッションに身を包みながらドカンとポーランドに移住

親を尊敬できない自分を変え、リーダーの素質を磨いた元教師の林は、

各国の通貨を集めるのがささやかな趣味。

 

今は中国の大連にいるという彼は俺と同じ温泉好きということで、

お互い一時帰国した際に行く温泉の情報交換で盛り上がる(笑)。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ