現地在住者が語るフィリピンの言語


 

 

フィリピンの言語といえばタガログ語・・・

 

 

 

フィリピン人は日本に最も多い外国人ナンバー3であり、

特にパブに通うなど(笑)身近にフィリピン人がいる場合は

タガログ語はどんなものか知っているだろう。

 

しかしフィリピンの言語は、これだけで終わらない。

中国語にも様々な種類があるように。

 

 

 

 

 

数え切れないフィリピン言語

 

 

フィリピンでは当然タガログ語が標準とされるが、7,000を

超える島国であり、場所によって様々な言語が話される。

 

俺が知っているだけでもビサヤ、セブアノ、イロカノなど・・・

その数、実に170種類以上。

 

例えばセブに住んでいる現地人はマニラでよく話されるタガログ語が

不得手で、フィリピン人同士なのに意思疎通が難しく英語で話して

いたりなど、日本では考えられないような場面に出会う。

 

そもそも日本は方言はあれど、日本人同士全く通じないということが

ほとんどないが・・・これは逆に、世界的に見たら特異ともいえる。

 

 

フィリピンの言語はアルファベットで表記されるため

英語に似ていると勘違いしてる人もいるが、全くの別物。

 

ただタイ語やヒンズー語のように文字自体が日本人にとって全く

理解できないものではなく、また発音も英語ほど複雑ではない。

 

従って個人的には、アルファベットに慣れていて発音の苦手な

日本人には向いている気がしている。

 

 

とはいっても、本格的にフィリピン語をマスターしようとするなら

この言語はなかなか骨太で難解。

 

日本でフィリピーナのお姉ちゃんと仲良くなろうとタガログ語を

勉強している日本人男性がいるが、雑学程度で終わるケースが

ほとんどだろう(笑)。

 

マラテに住むカツさんは、日本で知り合ったフィリピン人の

奥さんとタガログ語だけの会話にして数年でその言語をマスターし、

ネイティブレベルになったという強者だが。

 

動詞が様々に変化したり、ボキャブラリー自体もスペイン語や

サンスクリット語、英語などから来ていたりして、覚えるのも

なかなか大変だ。

 

 

 

現地で安定収入を得ながら、

帰国する日を気にすることなく

英語やフィリピン言語を学ぶ方法

 

 

 

 

フィリピン生活で困らないために学んでおきたい言語

 

 

フィリピンが助かるのは、街の案内や公の文書などはほとんど

英語で書かれていること。また街のホームレスや奥地に住んでいる

人でない限り、ほとんどが英語を理解する。

 

そう考えると、やはり習得したいのはアメリカ英語だ。

 

確かにフィリピン語をマスターすれば1億人を超えるフィリピン人

と話せるが、英語という国際言語をマスターすれば、彼らを含む

10億人以上と話せ、世界のほとんどの場所で通用する。

 

 

過去アメリカの支配を受けたこともあり、日本人が

慣れているアメリカ英語を現地人が話すのはありがたい。

 

世界で3番目に英語を話す人の多い国がフィリピンであり、

アジアで最も綺麗な分かりやすい英語を話す。

 

タガログ語と混じった「タガリッシュ」は、シンガポールの

クセのあるシンガリッシュなどよりずっと理解が容易(笑)。

 

 

そうはいっても、現地人同士は母国語で話しているので

基本的なタガログ語だけでもちょっとした時に使えると、

親近感を持ってもらえる。

 

これは逆に、日本人の俺達から見て

外人が日本語を使った時のことを考えれば分かるはず。

 

ポイントは、とにかく大きな声ではっきり言うこと。

これは英語の時と同じ。

 

 

 

フィリピンのコロン島に長期滞在。魂レベルで言語習得に

フォーカスしたモテ仲間の梶さんは、フィンランド就職

後にガツンとカナダで起業した。

 

いまだにシイタケが嫌いなのは

俺と同じのようだが・・・(笑)

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ