フィリピン渡航の知られざるリスク


 

 

フィリピン渡航・・・

 

 

 

おそらく、ほとんどの

日本人にとっては敷居の高いこと。

 

友達のナオのように日本近郊で綺麗な海を求める

スキューバダイバー、またはお店で女の子と飲むのが

好きなあなたは例外だが(笑)。

 

 

 

 

 

フィリピン渡航のリスク

 

 

フィリピンに住んでおきながら、そしてモテ仲間にはここへの

移住を推奨していながら言いたくはないが・・・イスラム国の

シンパの活動が活発化し、場所によっては戒厳令の可能性も

あるので渡航前には必ず確認を。

 

とはいっても、これはフィリピンに限らずタイやインドネシアなど

東南アジアの他の国も例外ではない。そしてヨーロッパや中東は

すでに危険な状態にある。

 

日本人が海外に行くなら、フィリピン以上にテロのリスクがある

国が多いということを、渡航に際し改めて認識しておきたい。

 

 

この国独特のリスクとしては、やはり経済的な貧しさから

犯罪が起きることを知っておく。

 

置き引きやスリは当然のこととして、ホールドアッパーと

呼ばれるナイフや銃を持った強盗がまれに出没する。

 

出会う確率は少ないが、運悪く出会ってしまった場合は

命より大事なものはないので、抵抗せず全ての貴重品や

スマートフォンなどをいさぎよく提供すること。

 

マニラでは、これに抵抗した

韓国人や中国人がたまに殺されている。

 

 

またマニラなどの都市部では、タクシーに乗るたびに

いちいち値段交渉してきたり、上乗せを要求してきたりなど

細かいところで嫌な思いをすることがある(笑)。

 

 

日本語で話しかけてくるフィリピン人や現地に

溶け込んだような日本人とは関わり合いにならないことも必須。

 

その他、危ない時間に出歩かないこと、ダウンタウンに

行かないこと、目立つ格好で出歩かないことは基本。

 

 

特にフィリピンに来る男性に気をつけて欲しいのは、

見知らぬ女性との絡み。

 

バーで睡眠薬を混ぜられる昏睡強盗の話はよく聞くし、

未成年の少女を抱いたりすると後で大変なことになる。

 

 

 

帰る日や予算を気にせずに、楽しく

フィリピン渡航。移住も可能にする

「場所を問わない収入」のつくり方とは

 

 

 

 

それでも魅力のあるフィリピン渡航

 

 

フィリピンは日本から近く、年間平均27度と短パン・Tシャツ

オンリーで一年中過ごせる気候。渡航した人々を魅力する美しい

ビーチリゾート。

 

マッサージが1時間500円以下で受けられたりなど

安いサービス料、そして日本よりずっと安い物価。

 

親日の人が多く、

人懐っこいフィリピンの人達のホスピタリティ。

 

経済成長に伴うビジネスや投資の可能性など、数え切れないほどの

魅力があるこのフィリピン。渡航の際のリスクだけはしっかり

押さえながら、南国の楽園を楽しみたい。

 

 

 

フィリピンのマニラで夜遊びをしながらも運の良い成功者の

考え方をガツンと吸収したのは、エルニドへの行き方を聞いてきた

近藤さん。南国渡航のコツとアンヘレスへの行き方で盛り上がった

彼とは、同じマザコン同士だったりする(笑)。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ