現地在住者が語るフィリピンのマンゴー


 

 

フィリピンのマンゴー・・・

 

 

俺が埼玉の和光から、フィリピンに移住してくる

きっかけになった一つでもある(笑)。

 

 

 

 

 

フィリピンのマンゴー

 

 

食感と程良い甘み、水分が多く食べた後の喉越しが好き。

 

フィリピン産に限らず、フルーツの中では

間違いなく最も美味しいと思える「マンゴー」。

 

ビタミンを始め栄養も豊富であり、女性には

美容にも良い果物として知られている。

 

 

この日本で食べられるマンゴーのほとんどが

フィリピン産なのは、よくご存じのことだろう。

 

友達の舞子が住んでいる宮崎でもマンゴーはとれるが、

やはりフィリピンのものとは違う。

 

 

俺が一時住んでいたマニラのあるルソン島では、ドライ

シーズンの4月を過ぎた頃をピークとして食べごたえのある

美味しいマンゴーが出回る。

 

それでも基本的に常夏のこの国では、一年中美味しいマンゴーを

安く楽しめる。何しろ、1個30円台で食べられるのは嬉しい。

 

 

フィリピンのマンゴーの種類としては、最もメジャーなのが

黄色くて長いカラバオマンゴー。

 

酸っぱくて好みが分かれるグリーンマンゴーは、

よく料理に使われている。

 

その他、苦味があるのがホースマンゴー。期間限定の

アップルマンゴーには塩や醤油をつけると美味しいが、

いずれもメジャーなものより少しお高め(笑)。

 

サイズが小さいインディアマンゴーは、まるで

りんごのようなマンゴーで可愛らしい。

 

 

 

フィリピンで気楽に南国生活。美味しい

マンゴーがいつも身近にあるのは、場所

を問わない収入があるから

 

 

 

 

マンゴーはフィリピンのどこで買う?

 

 

どこの空港もそうだが、フィリピンでも空港の中の

お土産店ではマンゴーは高くなる。

 

一度一緒に帰国した川口さんは、残ったフィリピンペソを

全て消化したいがために空港で大量にマンゴーを買ったせいで、

荷物の預かり料金が追加でかなりかかってしまった(笑)。

 

ちなみにドライフルーツもお土産に人気だが、俺は

ドライフルーツはこのマンゴーしか食べられない(笑)。

 

 

日本にお土産でマンゴーやドライマンゴーを買っていくなら、

空港に向かう前にローカルの人の多い街中の屋台やフルーツ店で

先に購入しておくといい。

 

ただ現地人の多い場所に行く時は、治安の面で不安のある

場所も多い。信頼できるフィリピン人の友達と一緒に行く

ことをおすすめする。

 

 

 

フィリピンに東京から移住し、アイルランド文化

研究を続ける俺と同じマンゴー好きの康友。

 

感謝されない人生の逆転をバシッと図る彼は、

先日見事に結婚を引き寄せていた。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ