現地在住者が語るフィリピン市場


 

 

現地フィリピンで市場に行ったことは?

 

 

 

埼玉からフィリピンに移住した現地在住者が、

実際に訪れた市場について語ってみる。

 

 

 

 

 

フィリピン市場で有名なのは

 

 

Hazelの誕生日パーティのため、夜遅くマラテの

コンドミニアムを出発してバクララン駅で降り、

会場のあるパラニャーケまで独りで歩き出した。

 

今思うと、何とも命知らずな行為(笑)。

 

 

フィリピン人もよく訪れるこのバクラランは、

マニラ周辺にある市場として最も有名な一つ。

 

ここで買える物がマニラの最安値であり、

露店や小さなお店はここから仕入れている。

 

例えばサンダルは約90円、Tシャツは約120円といった値段。

 

ちなみに、バクラランで買ったTシャツは小さすぎて

入らなかった(笑)。フィリピン人の体は日本人よりも

小さいので、ワンサイズ上のものを買いたい。

 

 

そしてフィリピン人がさらに安いと語るのが、

マニラでやはり有名な市場デビソリア。

 

かなり安い物が豊富に出回っているが、大きなモールの中に

出店しているので、涼しくて買い物しやすいのはこちらだ。

 

 

 

バクララン・デビソリア共に洋服や日用品、食べ物、

時計やバッグなどあらゆる物を安価で購入できる。

 

ちなみにDVDは今上映している最新映画のものがあったりするが、

映画館で隠し撮りをしていて暗かったり揺れていたり、まともに

観れないのでおすすめはしない(笑)。

 

 

その他、バスターミナルのあるケソンシティのクバオでは

ファーマーズマーケットで様々な食品を買える。パサイには

ペットショップのマーケットまである。

 

首都圏から離れるが、北のバギオでは

名産であるイチゴがたくさん並んでいて圧巻。

 

 

 

広大なフィリピンの市場をいつでも

楽しむ。海外移住のための場所を

問わない収入を得る方法とは?

 

 

 

 

フィリピンの市場に行くなら気をつけたいこと

 

 

駅もあるバクラランへのアクセスはしやすいが、

デビソリアへの道は複雑なのでタクシーで行くこと。

 

 

バクラランは特に、日が暮れてから行かない。

そして、水曜と日曜は混むので避けたほうがいい。

 

 

フィリピンに来る時はどの場所でもいえるが、こうした

たくさんの人が密集している市場では特に、スリに気を

つけてほしい。

 

デビソリアでナイフを持ったホールドアッパーに遭遇したと

語るのは、語学留学に来ていて近藤さんだった。

 

 

 

 

フィリピンのマーケットでは服も当然買えるが、

フィリピンの服と聞いてあなたは何をイメージするだろうか?

 

 

俺の場合はTシャツに短パン、ビーチサンダルしか

浮かばなかったが・・・現地に行って

その期待はほぼ裏切られなかった(笑)。

 

 

 

 

 

フィリピンの服の相場

 

 

フィリピンの物価がいまだに安いのは

あなたもご存じのことと思うが・・・服に関しても

基本的にはそのメリットを享受できる。

 

フィリピンの各地にある路面店では、例えば

一着30円しないTシャツなど、安い服がいくらでも(笑)。

 

先日フィリピン最大のイベントの一つ、セブのシヌログのために

Audreyに買ってあげたTシャツのように、1着400円程度で購入できる

可愛いデザインの服もあったり。

 

 

一方では、Forever21やユニクロといった日本にもあるお店が

フィリピンに進出しており、この場合の服は日本とそれほど変わらない値段。

 

当然、現地人にとってはZARAのようなファストファッションですら

高級なブランドということになる。

 

 

とにかく安くたくさん買いたいという場合は、

山積みした服が置いてあるような路面店やフリマで。

 

それなりの質のものを日本よりも安く買いたいなら

ショッピングモール、という選択に。

 

 

 

 

 

フィリピンの服のクオリティ

 

 

大きな教会で有名なマニラのバクラランで買ったTシャツは

日本人より小柄なフィリピン人サイズだったため、普段通りMを買ったら

ピチピチのマッチョになってしまった(笑)。

 

ものにもによるが、現地で買うなら

1つ上のサイズを選ぶことをおすすめする。

 

また、こういった場所で買うと破れやすかったりする。

洗うとすぐに色が変わってしまったりもするので、

そもそも消耗品として割り切るのも一つ。

 

長持ちするものを欲しければ、特に大きめの

ショッピングモールに行くこと。かつ、それなりの

クオリティを求めるなら1着1,000円は出すようにしたい。

 

 

ちなみにフィリピン人の服装だが、男は上が裸の人から(笑)

多いのはポロシャツやTシャツ、短パンやジーンズ。革靴を

履いている人はほとんどおらず、スニーカーかサンダル。

 

女性はスカートよりもパンツの人が目立ち、また平べったい

日本であまり見ない靴を履いている。もちろん、おしゃれな女性は

ヒールも。

 

 

フィリピン旅行に慣れていないあなたは特に、

サンダルよりもスニーカーを勧めたい。

 

フィリピンは車での移動が中心で歩き回る国ではないが、

それなりに綺麗な街でもいきなりデコボコの道があったりと

ケガをしやすいからだ。

 

 

 

フィリピンでフィリピーナとデートするのが

楽しみと語る、海外市場に詳しい磯山さん。

 

感謝されない結婚を引き寄せてしまった俺と同じ

元ネガティブの彼は、恋愛感情のマネジメントについて

改めて考えている。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ