移住者がフィリピンの値段(物やサービス)について語る


 

 

「フィリピンは値段が何でも安いって聞きましたけど、

月20,000円でも生活できますか?」

 

 

 

久しぶりに連絡をくれたテツ。

 

 

さすがにそれは厳しいだろうと思いながらも(笑)・・・

 

将来は俺と同じように下見なしでフィリピンに

移住したいという、彼の質問に答えていた。

 

 

 

 

 

フィリピンの物の値段

 

 

フィリピンの物価が日本よりずっと安いというのは有名だが

・・・住んでみると、全ての値段が安いというわけではなく

物によるというのが答えになる。

 

 

まずフィリピンの食べ物は、輸入されたものを除き

基本的に日本よりも値段が安い。

 

特に俺がマラテに住んでいた時のように自炊する場合には、

SMハイパーマーケット辺りで購入すれば安く済ませられる。

 

ローカルの食料品店なら当然それ以下だし、

うまく自炊すれば食費は月5,000円以下にできる。

 

 

また外で購入しても、ストリートの屋台なら串焼きが1本12円

だったり、日本で高めのマンゴーはフィリピンなら一個40円ほど。

 

地元のフィリピン料理屋なら一食200円以下の値段で食べれるし、

サムキョプサルの食べ放題も600円ほど。

 

何よりお酒好きのあなたには、

この国は安く楽しめて天国だ。

 

一方、マカティで和食を食べれば

普通に1,000円以上かかったりする。

 

 

日用消耗品は日本より基本的に安く、

家電は物にもよるが日本より高い製品も。

 

グロリエッタのような高級モールでは、

ブランド品は日本と変わらない値段。

 

 

家賃はそれこそピンキリだが、俺が住んでいたビトクルーズ駅

近くの24時間ガードマン付きのコンドミニアムでは、ワンルームで

23,000円。ここには一応ジムもプールもついていた。

 

一方でボニファシオのような高級住宅街を選べば、

3LDKで月400,000円という物件も。

 

 

水道代は、俺が住んでいたコンドミニアムで月150円ほど。

ミネラルウォーター代も月600円程度。

 

電気代だけは高く、エアコンをずっと使い続ければ月5,000円

にもなる。窓を開けて扇風機を使うだけなら、月600円ほどで済む。

 

ネット代も高めで、日本より少し安い程度だ。

 

 

 

フィリピンで値段を気にせずに、気楽な

南国生活。時間とお金の自由を同時に

手に入れる方法とは?

 

 

 

 

フィリピンのサービスの値段

 

 

フィリピンで安さを感じるのは、このサービス

つまり人件費のほう。

 

 

タクシーは初乗りが100円程度で、1時間乗り続けても700円ほど。

地元の人が使っているジープニーには30円くらいから乗れる。

マニラにある鉄道も約60円から。

 

髪を切って120円ほどで済むところもザラにあるし、

マッサージなら、俺がよく使っていたハリソンプラザでは

全身1時間で450円ほどだった。

 

夜から翌朝までいられ、1時間の全身マッサージと

使い放題のスパ、食べ放題のビュッフェがついて

2,000円しない、日本の健康ランドのような施設。

 

夜遊びも当然、日本より安く楽しめる。

 

 

フィリピンでメジャーな仕事でもある

お手伝いさんを雇っても、月5,000円で十分。

 

お金を払って楽をしたいあなたには

住みやすい国といえる(笑)。

 

 

 

フィリピンのエルニドへの行き方アンヘレスへの行き方

値段を聴いてきたのは、マニラの夜遊びが大好物の順次郎さん。

 

運の良い成功者の考え方をバシバシ学ぶ彼は、

大のシイタケ嫌いという点で俺と共通する(笑)。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道▲CLICK

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

▼CLICK自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ