現地在住者がフィリピンの病気と対策を語る


 

 

「今度行くフィリピンですが

病気がやっぱり怖いです・・・」

 

 

 

Zoomでやり取りを続けてきた、

高知に住むモテ仲間の桑島さん。

 

慎重派の彼が気になっているのは

フィリピンの病気だった。

 

 

 

 

 

フィリピンでかかりやすい病気

 

 

フィリピンでかかりやすいと言われている病気は

食中毒や夏風邪、インフルエンザ。

 

そして俺のように、排気ガスで咳が止まらなくなること。

セブにいる他のモテ仲間もそうなので、これは現地在住歴が

長くなってもあまり変わらない。

 

 

食中毒は特にシーフードであたると

かなり深刻だが、水や氷、ストリートフードでやられる

程度なら、トイレにしばらくこもれば(笑)治ることが多い。

 

ただフィリピンで特徴的なのは、お腹の奥のほうがシクシク痛むのが

しばらく続くこと。病気というほど大げさではないが、お腹を壊すという洗礼は
滞在して1週間ぐらいから多く見られる。

 

 

そして後進国であるフィリピンで見られるもので

日本でほとんどないのは、デング熱やマラリア、コレラ

そしてそこら中にいる野良犬による狂犬病。

 

現地の野良犬はおとなしいので、こちらから何もしなければ

近寄ってくることもないが、野良猫にもなるべく触らないように。

 

どデカいネズミが道を横切っているのを時々見かけるが、

見た目は可愛いものの(笑)衛生的に最悪なので注意。

 

街の汚さもさることながら、

衛生面の改善やインフラの整備は現地在住者が強く望むところだ。

 

 

 

フィリピンで気楽な南国暮らし。

海外移住のための具体的な準備と、

お金の欠乏感という病気から解放される方法

 

 

 

 

フィリピンの病気への対策

 

 

食べ物については、いかにも現地人が使うような

路面のお店は避けておく。屋台のようなストリートフードも、

お腹に自信がないならやめておいたほうがいい。

 

この国では、お店の水でも水道水が出てくる場合があるので

気になるならスタッフに確認すること。氷でやられる場合もあるが、

穴が開いた氷が使われていればミネラルウォーターなので大丈夫。

 

 

そしてマニラやセブシティなどの大通りを歩く場合は、

ジープニーやバイクからの排気ガスがすごいので

マスクをすること。俺の場合はバンダナを顔に巻いているが(笑)。

 

 

さらに慎重派のあなたの場合、渡航前に

破傷風や肝炎の予防接種を受けておくこと。

 

特に田舎に滞在する予定があるなら、

日本脳炎の予防接種もおすすめする。

 

より慎重派のあなたは、狂犬病の予防接種も受けておくといい。

 

 

虫よけスプレーを持参して蚊の対策をしていたのは、

アウトドアが得意な一真だった。

 

 

万が一の準備としては、キャッシュレス対応の

海外旅行保険に入っておきたい。

 

クレジットカードだけの場合だと

90日以内の滞在という制限があったりして、

長期滞在のあなたには心もとない。

 

 

 

フィリピンで開業したマニラのマッサージ店が好評なのは、

自分磨きの方法や病気の予防法について詳しい順二。

 

フィリピーナが妻で俺と同じフェミニストな彼が(笑)

先日、ダバオへの行き方を聞いてきたので教えてあげた。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ