現地在住者が常夏のフィリピンの魅力を語る


 

 

「フィリピンて夏だけですよね。

冬はなかったですよね?」

 

 

 

相変わらずとぼけた調子でLINEのコールを

かけてきたのは、毛呂山でぼっち生活を楽しむテツだった(笑)。

 

 

 

 

 

夏(乾季)と雨季。フィリピンは場所によって気候が違う

 

 

ご存じの通り、フィリピンは熱帯性気候に属し

年間の平均気温は30度前後と、日本の真夏ほど暑くはない。

 

フィリピンはまさに常夏の国だ。

 

 

俺が最初に住んでいたマニラ、ルソン島の場合は

5月末を境に乾季と雨季に分かれ、雨季には雨がよく降る。

 

ただ日本の梅雨のように一日中シトシト降っているような

ことはなく、時々ゲリラ豪雨のような土砂降りが来て

スパッと止む、その繰り返し。

 

一方でその後に移住したセブの場合は、乾季と雨季も

はっきり分かれておらず、台風の影響もほとんど受けない。

 

一年中過ごしやすく、ビーチ遊びには最高の気候。

 

 

北から南まで、フィリピンではどの場所にいても基本的に

Tシャツと短パン、サンダルで過ごすことができ、衣料費が

かからないのが常夏の良いところ。

 

何しろ日本の冬が大嫌いでフィリピンに移住した俺も、

持参した夏服だけで間に合っていて現地でほとんど服を

買っていない。

 

街中では、上半身裸でお腹の出たおじさんが

フラフラ歩いているのがおかしい(笑)。

 

 

そして沖縄もそうだが、気温の高い場所で良いのは

あの地獄の花粉症がないこと。

 

優秀な日本人を弱体化させるために花粉症が仕込まれたなんて

都市伝説まであるが、何しろ全てのやる気を奪うあの花粉症は

災厄でしかない。

 

 

ちなみに、フィリピンの中でも北のほうのバギオや

山岳地帯は気温が低めで、肌寒く感じることも。

 

肌寒いといえば、1月のマニラでも夜寝る時は

窓を開けると寒すぎるほどだった。

 

日中でもエアコンはいらず、扇風機だけで十分快適に過ごせる。

東京や埼玉の夏のほうが湿度と不快指数が高く、よっぽど過酷

だといえる。

 

 

 

移住したフィリピンで常夏を楽しむ。

時間とお金の自由を同時に手に入れる

具体的な手段とは?

 

 

 

 

常夏のフィリピンの魅力

 

 

経済が伸びていて、活気があるフィリピン。

 

 

日本から近く、旅行や長期滞在にもお金がかからない。

物価と人件費が安いのは魅力。

 

更新すれば、特別なビザがなくとも

長期間いられるのもいい。

 

人々が親日でフレンドリー。

大体の食べ物は日本人にも合う。

 

最も近い英語圏であり、綺麗な英語を話すフィリピン人との

コミュニケーションは英会話のトレーニングにもなる。

 

 

美しいビーチリゾートや夜遊びスポットに

事欠かないなど、魅力あふれるこの国。

 

心配する人も多いが、

治安も必要以上に緊張することはない。

 

現地に来る時は、ニュースレターから連絡を頂けたら。

 

 

 

フィリピンのプエルトガレラ、サバンビーチで夏休みを

満喫していたのは、アンヘレスでの夜遊びが大好物の松山さん。

 

恋愛での告白が得意で、なぜか偽装結婚おすすめの

ハネムーンスポットに詳しい彼。意外なことに、

シイタケ嫌いという俺との共通点がある(笑)。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ