海外に住むために最も大切なのは・・・


 

 

海外に住むのを真剣に考えたことは?

 

 

 

今では日本人でも、それほど

珍しくなくなってきた海外移住。

 

俺が海外に住むことを決めたのは、

30代も後半にさしかかった川越にいた頃だった。

 

 

 

 

 

海外に住むために必須のもの

 

 

海外旅行には恵まれている、日本人の強いパスポート。ただ

住むとなると、日本人も特に30代はビザに関して受難であり、

働く以外に選択肢がないことがほとんど。

 

一方で、海外でも続けられる自分自身のビジネスを持っていれば

観光ビザの更新を続けながら、また時々出国しながら現地に住むことが可能。

 

その間に結婚相手を探したり、投資ビザを検討することができるし

本当に住みたい国をゆっくり探索すればいい。

 

 

そのためには、やはり

場所を問わない安定収入が必須になる。

 

海外に住む間も、日本円ベースでの収入を

毎月得ることができるかどうか。

 

これに関しては、海外に住むことを検討する

あなたのために、情報発信ビジネスの展開法を

具体的にニュースレターの中で語っていく。

 

ぜひ参考にしてほしい。

 

 

 

海外に住む時の不安No.1は、

安定収入を確保できるかどうか。

これを具体的に解決する方法とは?

 

 

 

 

海外に住むための条件

 

 

海外での長期滞在ビザは当然、

国外に住む場合の大きな条件の一つ。

 

ここはあなたの努力ではどうしようもないところで、

海外旅行には恵まれている日本人といえども、住むとなると

条件の厳しい国がほとんど。

 

現地人との結婚の予定などがないなら、

マレーシアやフィリピンのような近場で

移住しやすい場所から検討してみるのも一つ。

 

 

それ以外の条件としては、健康面で不安がないかどうか、

最低限の現地で通じる言葉を知っているか。

 

 

そして海外に住むなら、個人的には考え方が

とても大切だと思っている。

 

例えば、便利な日本といちいち比較しないこと。

これは特に、俺がいるフィリピンのような後進国に移住する場合。

 

便利さの反面、人間関係のめんどくさいしがらみや

監視社会が存在する今の日本。毎日の満員電車もまたしかり。

 

これらから解放され、不便さを補って余りあるほどのメリットを

感じられるかどうか、人間として本当に大切なものを取り戻せた

実感を持てるかどうか・・・

 

ここが、海外移住に向いている人と

そうでない人の差になる。

 

 

 

海外に出て初めてボスとリーダーの違いを知り、

既成概念(固定観念)をバコンと外して

現地にずっと住むことを決めた与謝。

 

自ら幸せ恐怖症を克服した俺と同じ元ネガティブの彼は、

今は南国で楽しい独身生活を満喫している。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ