ドイツに移住するなら必須の知識とは?


 

 

あなたはヨーロッパのドイツに移住したいと

思ったことはあるだろうか?

 

 

俺の場合は元カノのブライトがドイツ人だった

ことから、一度ベルリンへの移住を真剣に考えた

ことがある。

 

 

 

 

 

ドイツ移住の魅力と問題点

 

 

日本人が海外移住を考える時に気になるのはやはり治安だが、

ドイツはヨーロッパの中でも比較的良いほうで、移住に不安はない。

 

クリスマスマーケットで起きた惨劇は記憶に新しい。ああいった

テロは今後日本も含め、世界のどこでも起こりうるので

警戒を怠ることはできないが。

 

 

またドイツ人が、他人に親切なところ。日本人移住者は

自分達と似た特質に親近感を覚えるはずだ。

 

 

さらにドイツは英語が通じやすいのもいい。その他日本人移住者に

とってのメリットは、日本からの直行便があったり美しい観光地が

たくさんあること。

 

交通網などインフラの発展した国であり、その割に都市によって

家賃は安く、永住権が取りやすいなどの魅力も。おいしい食事や温泉も

日本人には嬉しいところだ。

 

 

一方でマイナス面としては、ドイツ人の実力主義の感覚が

特に仕事で日本人に馴染みのない部分。

 

またあなたが男性でドイツ人女性と交際するなら、相手は金銭感覚

がしっかりしているため、それを前提に付き合う必要がある。そこが

いい加減なら、あっさり切られることも(笑)。

 

 

 

自由な時間と安定収入を伴った

ドイツ移住を可能にするのは?

 

 

 

 

移住するなら知っておきたい、ドイツ人と日本人との共通点と違い

 

 

よく知られた共通点としてはやはり、時間に対してきっちり

しているところ。また、基本他人には丁寧に接するべきであると

考えているところも日本人に近い。

 

 

違いとしては、自己主張が日本人よりも

しっかりしている部分。

 

そしてあなたがドイツに移住するなら、環境への配慮の気持ちを

高めておきたい。エコの感覚は日本人よりもずっと上なので。

 

 

先日もドイツを旅行中のモテ仲間の丸尾さんから、

デュッセルドルフに移住したいという相談を受けた。

 

基本的に英語が堪能な彼でも、今ヨーロッパで現地人以外が

就職するのはなかなか難しい。

 

そこで俺がニュースレターで指南している、

個人メディアを持つ方法を一緒に実践していくことにした。

 

ドイツを含め、海外移住生活を安定させるのはしっかりした

日本円での収入。これがあれば精神的に強くなれ、どこででも

生きていける気持ちになれる。

 

 

 

ドイツ移住ポーランド移住とヨーロッパが続き、今度は

アジアにキラッと目を向け、中国の大連中国移住。今は

タイに滞在するモテ仲間の小柳氏。

 

俺と同じ「結婚はいらない」という考えの彼(笑)。

今後の動向が楽しみだ。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道▲CLICK

移住と一人起業の専門家:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

▼CLICK自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ