海外移住者が語るロシアのSIM事情


 

 

ロシアでSIMを使ったことは?

 

 

 

俺が初めてロシアでSIMを使ったのは、首都のモスクワではなく

友達のマリアに会いに行ったサンクトペテルブルグだった。

 

 

 

 

 

ロシアのSIM事情

 

 

ロシアでは、俺が移住したこのフィリピンや

その他の多くの外国と異なり、ホテル以外では

現地のSIMがないとフリーwifiが使えない。

 

この事実を知らないモテ仲間が、

モスクワの空港からよく連絡をくれる(笑)。

 

 

ロシアではショッピングモールやカフェでもフリーwifi

利用のためのパスワードをショートメッセージで送る

必要があるため、そもそもSIMカードがないと現地でネットが使えない。

 

個人的にもこれには、現地でのブログの執筆や

メール配信システム操作の際に骨を折った。

 

これも、多くの国に狙われる

ロシアならではのSIM事情ということか。

 

 

 

ロシアでSIMを上手に使いこなすコツ、

日本を離れても日本円での安定収入を得る方法

 

 

 

 

ロシアSIMを使うなら知っておきたいのは

 

 

ロシアに渡航して現地で頻繁に通信を行いたいなら、

例えばこんなSIMプランがある。

 

ロシアの各地で利用可

電話番号が手に入る

7日間で7GBの通信が可能

 

これを3週間分で払うと1,400円という安さ。

 

 

また一方では、

 

通話無制限

データは5GB

 

これが1ヶ月有効で1,300円程度。

 

いずれもSNSやメッセンジャーといったサービスの

無料プランを含んでいるのは、このフィリピンと同様だ。

 

 

ロシアには大手通信会社としてメガフォン、モバイルテレシステムズ、

テレツー、ビーラインといった4社がよく知られている。

 

ちなみに空港では、購入にパスポートすら提示する必要はなく

かなりゆるい印象。

 

そしてiPhoneなどはヨーロッパのほうが安く買えるので、

ロシアで通信を利用したいなら現地でSIMフリーのスマホを

手に入れるのも一つ。

 

 

何しろ、美人が多いと評判のこの国。

日本人男性のロシア熱はまだ冷めていない(笑)。

 

ご存じの通り英語圏ではないが、

英語を話せる人も少なくない。

 

日本に近い極東から、ほとんどヨーロッパである

サンクトペテルブルグのような場所まで

幅広い魅力を見せてくれるロシア。

 

是非SIMとwifiを使いこなして

旅行や現地滞在を楽しみたい。

 

 

 

ロシアのウラジオストクに旅行に行くのが好きなのは、

シンガポールの旅費を気にしながらも東南アジア周遊を終えて

戻ってきたSIMマニアの宏太郎。

 

今はプラハのチェコにいる俺と同じ天然パーマの彼は(笑)、

最近ドバイへの旅費ばかり計算している。

 

 


メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自由への道

海外移住プロデューサー:DAN

 

 

フィリピン在住の40代独身男。

 

現地でフィリピン人の起業

支援をしつつ、日本人の

海外移住をサポート。

 

東南アジアを中心に世界を

周ることを日常とする。

 

 

DANの半生

自由への道

人気記事
カテゴリー
最近の投稿
自由への道

ページの先頭へ